【未来の先生展】ホリエモンこと堀江貴文主宰ゼロ高等学院 学院長も登壇!プログラム数160以上、登壇関係者300人以上が集結!

昨年度のべ3000名が来場した日本最大級の教育イベント「未来の先生展2018」が9月15,16日に聖心女子大学にて開催

未来の先生展2018実行委員会(東京都港区、実行委員長:宮田 純也、以下「実行委員会」)は、9月15日 (土)・9月16日(日)に開催する、国内最大級の教育イベント「未来の先生展2018」(会場:聖心女子大学、東京都渋谷区)は開催一週間前を迎え、登壇関係者が300人以上、プログラム数が160以上(9月7日現在)となったことをお知らせします。
 
 「未来の先生展2018」( http://www.mirai-sensei.org/ )は、多領域・他分野横断型の学びの実現を目的としており、2017年に初開催されました。今年は、「再構築(リストラクチャリング)」をテーマに、教科教育・芸術・ICT・オルタナティブ教育など幅広い領域をカバーし、教室での講演やワークショップのほか、ポスターセッション、ブース展示、合計160以上のプログラムを実施する予定です。

 登壇者はホリエモンこと堀江貴文主宰ゼロ高等学院学院長 内藤賢司氏やN高等学校副校長 上木原孝伸氏、KIT虎ノ門大学院教授 三谷宏治氏、『教えない授業』で有名な山本崇雄 氏、ICT CONNECT 21(みらいの学び共創会議)会長 赤堀 侃司氏、NPO法人東京シューレ理事長 奥地 圭子氏をはじめ、日本全国から先進的な教育実践者が300人以上集います。

 プログラムは『広告会社発! コトバとデザインとプレゼンの授業〜あらゆるモノ・コトを言葉で描く「言葉の絵画教室」』、『国際バカロレアは日本の教育を変えるのか?』、『漫画や小説などに登場する数学を分析しよう 「マスメディアの中の数学」著者が贈るエンタメ数学』、『フリースクールで学んでいること、学んだこと ~フリースクールの子ども・卒業生から聞く』、『「高校生起業部」による事業企画プレゼンテーション』、『新学習指導要領とアクティブ・ラーニング』、『SDGs for School -SDGsを通じて教室と社会と未来をつなぐ』など多岐にわたる160以上のプログラムが展開されます。登壇者やプログラムの詳細は未来の先生展HP( http://www.mirai-sensei.org/ )をご確認ください。

【チケット詳細】※高校生以下無料
(前売券)
一般 3,000円 │ 学生 1,500円
(当日券)
一般 4,000円 │ 学生 2,000円 
(「振り返りセッション」や「交流会付き」のチケットも販売中)
チケット購入オンラインサイト:https://eventregist.com/e/mirai_sensei


【イベント概要】  HP:http://www.mirai-sensei.org/
  • イベント名: 未来の先生展 2018
  • 会期: 2018年9月15日(土)・16日(日) 10:00-21:30 (開場9:30)
  • アクセス:聖心女子大学  〒150 -0012 東京都渋谷区広尾4丁目3 −1
  • 主催: 未来の先生展2018実行委員会
  • 共催: 一般社団法人 Teacher’s Lab.
  • 後援: 文部科学省、総務省、聖心女子大学、公益社団法人全国学習塾協会、東京都教育委員会、渋谷区教育委員会、一般社団法人グローバルビジネス学会
  • 特別協力: 教育新聞社 、私塾界、不登校新聞社、朝日学生新聞社、リセマム
  • 協賛: 株式会社NTTドコモ、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社電通 アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所、 学校法人角川ドワンゴ学園、株式会社東京リーガルマインド、株式会社Find!アクティブラーナー、株式会社LITALICO、株式会社スプリックス、 株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン、株式会社デジタル・ナレッジ、ジョイズ株式会社、キューコジャパン株式会社
  • 協力: cokowill、DEI-Democratic Education Initiative、EDUPEDIA、ESN英語教育総合研究会、FutureEdu TOKYO、NPO法人 未来をつかむスタディーズ、NPO法人いきはぐ、NPO法人フリースクール全国ネットワーク、NPO法人箕面こどもの森学園、アイゼ演技ワークショップ、一般社団法人 PMI日本支部、一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 、一般社団法人 日本ポジティブ教育協会、一般社団法人 日本ゆめ教育協会、一般社団法人 八ヶ岳サドベリースクール、一般社団法人(非営利) 新興事業創出機構、一般社団法人アショカ・ジャパン、一般社団法人ICT CONNECT 21、一般社団法人子供教育創造機構、一般社団法人ジュニアマナーズ協会、一般社団法人シンク・ジ・アース、一般社団法人ティーチャーズ・イニシアティブ、一般社団法人日本アクティブラーニング協会、一般社団法人日本イエナプラン教育協会、オフィスウィズトライアングル、学校法人シュタイナー学園、株式会社井之上パブリックリレーションズ、株式会社ウェイビー、株式会社コードタクト、株式会社 Sapiens Sapiens、株式会社たまみずき、株式会社tyotto、株式会社東洋経済新報社、株式会社ネリーズ、株式会社 POTETO Media、キリロム工科大学、博報財団こども研究所、香里ヌヴェール学院中学校・高等学校、コトバ表現研究所、こども国連環境会議推進協会、授業づくりネットワーク、自由の森学園中学校・高等学校、小学館 教育技術、小金井市立前原小学校、数学コミュニケーショングループmath channel、多様な教育を推進するためのネットワーク、探究学習コンソーシアム、筑波大学附属小学校 道徳教育研究部、デッド・ティーチャーズ・ソサエティ、田園調布雙葉学園、東京賢治シュタイナー学校、東京電機大学、特定非営利活動法人 キーパーソン21、特定非営利活動法人 東京シューレ、特定非営利活動法人 横浜シュタイナー学園、日本アクティブ・ラーニング学会、日本お笑い数学協会、日本テセレーションデザイン協会、毎日がワールド・カフェ、まなそびてらこ、港屋株式会社、ミネルバ大学日本事務所、未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)、未来教育デザインConfeito、明蓬館高等学校、ラーンネット・グローバルスクール、和から株式会社


【未来の先生展 2018
HP:http://www.mirai-sensei.org/

【「未来の先生展」とは】
未来の先生展は、社会の動向を理解し、自ら学び、専門性を向上させたいと願う先生たちをはじめ、教育業界の関係者が来場し、相互に学び合う日本最大級の教育イベントです。2017年に初めて開催し、2日間でのべ3,000人以上が参加した、国内最大級の教育イベントです。本イベントでは、学校教育から生涯教育まで多彩な領域の教育について学べます。
2日間のイベントは、「つながる・ひろがる・うまれる」というキャッチフレーズを据えています。本イベントを通して、来場者同士が、“つながり”、その”つながり”から知識や視点が“広がり”、新たな取り組みや知識が“生まれる”場、教育のイノベーションの場でありたいという願いが込められています。
以 上

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 未来の先生展2018 実行委員会 >
  3. 【未来の先生展】ホリエモンこと堀江貴文主宰ゼロ高等学院 学院長も登壇!プログラム数160以上、登壇関係者300人以上が集結!