法律実務家向けドラフトアシストツール「COMMONS PAL」正式版が11月1日にリリース。

契約書の作成管理、情報共有においてこれまでにないスピードとクリエイティビティを実現。

■COMMONS PAL(コモンズパル)は、契約書を条項単位で保存して管理出来るパズル式契約書作成WEBサービスです。
弁護士、法律事務所、インハウス弁護士を中心に、士業や企業法務部、個人事業者等の契約書作成時間を大幅に短縮いたします。

サービス開始:2018年11月1日
料 金:月額3,500円(税別)/1アカウント(無料期間:14日間)
年額:38,500円(税別)/1アカウント
※事務所や法人単位のお申込みは別途相談。

申込専用サイト:https://j-legal-system.com/commons_pal/
 


(JLSI)株式会社日本法務システム研究所(本社:東京都文京区本郷、代表取締役CEO:堀口 圭、以下JLSI)は、契約書をクラウド上で作成し、カスタマイズ保存できるWEBサービス「COMMONS PAL」正式版を11月1日よりリリースいたします。

JLSIは、弁護士、エンジニア、マーケターからなる法務業界のSIer(システムインテグレーター)として、複数の法律事務所とタイアップした新システムの開発をおこなっています。
これまで目が向けられてこなかった法律業務の作業部分を、ITを活用して改善していき、法務をもっとクリエイティブに進化させていくことを企業理念としています。(http://j-legal-system.com/

今回発表のCOMMONS PALは、契約書ドラフト業務を改善するためのツールとして開発されたため、契約書の作成・保存・検索に特化した構造になっています。
多くの方が活用しやすくなるようにリーズナブルな値段設定ですが、デザイン性はもちろんワードの入出力やデータのタグ検索の仕組みなど、シンプルかつ実用性の高いシステムを搭載しています。
COMMONS PALの機能面での最大の価値は契約書のパーツをライブラリー化して保存できるところにあります。
従来契約書のノウハウは各弁護士に属人的に帰属していましたが、COMMONS PALのパーツライブラリー共有により、法律事務所内のノウハウ共有も容易となります。


【サービス概要】

[機能1]Wordを一括取り込み

ドラック&ドロップでWordを簡単に取り込み可能。 今まで蓄積してきた契約書ノウハウを自動的に整理して保存します。 取り込みした契約書データは自動的に条項単位で自動的に切り分けて保存されるため、条項ライブラリが充実し、オリジナルのデータベースとなっていきます。*対象:docxファイル


[機能2]条項ごとに保存し、検索&呼び出し

条項パーツを保存してライブラリ化できます。さらに保存された契約書データと条項データは“タグ”によっていつでも瞬時に呼び出しが可能です。“タグ”は異なる種類の契約書をまたいで呼び出すことも可能です。この機能により"あの契約書のあの条項"をすぐに見つけることが可能になります。
 

  
[機能3]作成した契約書はWordにも出力可能

クライアントへの提出のためにWordとして保存する必要がある場合でも心配ありません。使用したい時にWordファイルとしてワンタッチで簡単に出力できます。
 



【会社情報】
会社名:株式会社日本法務システム研究所
URL :http://j-legal-system.com/
所在地 :東京都文京区本郷 4-2-2 北信ビル4F
代表者 : 代表取締役CEO 堀口 圭
事業内容: 契約書作成WEBサービスの開発、販売
E-mail:commons-info@j-legalsystem.com


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本法務システム研究所 >
  3. 法律実務家向けドラフトアシストツール「COMMONS PAL」正式版が11月1日にリリース。