投資銀行・コンサルティング業界内のエクセル業務を効率化するModelmapが、正式に法人プランを受付開始。難解なエクセルファイル内の視覚化と安全なデータ共有に挑む

財務モデルや事業計画などといった「複雑なエクセルの内部の見える化」を推進するソフトウェアをリリース

財務モデルや事業計画に特化したエクセル上における計算過程の描画ソフトウェア「Modelmap Analyzer」を開発するModelmap株式会社(本社:中央区銀座七丁目15番8号、代表取締役 川井文哉)は、2019年9月に法人向けプランを正式にリリースし、申込の受付を開始いたしました。
【Modelmap Analyzer の画面イメージ】

 

【Modelmap Analyzerについて】
当社が開発する「Modelmap Analyzer」は米 Microsoft 社の表計算ソフト Excel 上で動作するソフトウェアです。数式や文字列を始めとする、エクセル内部の構造を自動的に解析した上で、特定のセルからの計算過程をわかりやすく描画し簡単に共有することができます。金融業界、コンサルティング業界のみならず、事業会社内の経理・財務の現場などでも行われている煩雑なエクセルの確認作業を、極めて短時間で終えることが可能となります。

将来的には「エクセル内の見える化」を応用し、様々な業界のあらゆる計算をパッケージとしてダウンロードすることができる、財務モデル版 SPEEDA の開発を目指します。

【創業メンバーについて】
創業メンバーである川井文哉(代表取締役)は、大学を卒業後に証券会社にて金融エンジニアとしての経験を積んだ後、財務コンサルタントで働いていました。しかしながら、数百億円、時には一千億円を超えるような大きな取引の計算が、数百時間に及ぶ膨大な手作業で行われて現実を目の当たりにし、また同様の作業が世界中で行われているという事実に、大きな衝撃を受けました。自身の金融エンジニアとしての経験とコンサルタントとしての知見を組み合わせることで「自分ならこの課題を解決できる」という信念をのもと、ソフトウェア開発者の長瀨敦史とModelmapを設立しました。金融業界・コンサルティング業界の現場のユーザーとの直接的な対話を通じて、複雑なエクセル内部の「見える化」を推進する「Modelmap Analyzer」の開発を進めています。

【Modelmap について】
当社は、金融系スタートアップです。2017年9月に創業し、財務モデルに特化したエクセル内の数式解析ソフトウェア「Modelmap Analyzer」を開発。ベンチャーキャピタルである IF Lifetime Ventures(本社:東京都港区、代表パートナー 木村亮介)及び日本政策金融公庫から資金調達を経て、2018年4月からクローズドβ版のリリース、2019年4月より正規個人向けプランをリリースしています。

【会社概要】
会社名: Modelmap株式会社
所在地: 東京都中央区銀座七丁目15番8号タウンハイツ銀座406
代表者: 川井 文哉(かわい ふみや)
設立 : 2017年9月
資本金: 200万円
株主 : 創業メンバー、IF Lifetime Ventures
URL: https://modelmap.co/ja
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Modelmap株式会社 >
  3. 投資銀行・コンサルティング業界内のエクセル業務を効率化するModelmapが、正式に法人プランを受付開始。難解なエクセルファイル内の視覚化と安全なデータ共有に挑む