ALDOCK、ディープテック人材とスタートアップを結ぶ副業・転職プラットフォーム『Infomics Career』をβローンチ

株式会社ALDOCK(本社:東京都港区、代表取締役:馬渕晋吾、以下ALDOCK)は、ディープテック人材とスタートアップを結ぶ副業・転職プラットフォーム「Infomics Career」のβ版を9月16日にリリースしました。

Infomics Career:https://career.infomics.jp/
 

Infomics Careerは、バイオ、創薬、再生医療、化学、エネルギー、ロボティクス、航空宇宙、自動運転など、ディープテックと言われる領域で高い専門性を持つエンジニア・研究者とスタートアップを結ぶ副業・転職のマッチングサービスです。両者はそれぞれ履歴書と求人を掲載、気になる企業に面談を申し込めたり、魅力的な人にスカウトメッセージを送ることができます。

■背景
近年、上記のようなディープテックと言われる領域でのスタートアップが数多く誕生しています。こうした領域では、民間企業のエンジニア・研究者に加え、博士やポスドクといったアカデミア人材など、高い専門性を持った人材の採用ニーズが高いという特徴があります。一方で、既存のスタートアップ向けの求人サイト、転職サービスではこうしたディープテック人材をカバーしたサービスは必ずしも充実しているとは言えないのが現状です。
そこでInfomics Careerでは、ディープテック・スタートアップが求める高い専門スキル・知識を持った人材をターゲットに、副業・転職・インターンでのマッチングを支援します。転職だけでなく副業案件も扱っており、週末にスタートアップをお手伝いする、といった接点づくりも提供します。
そのほかにも、合同採用イベントの開催や求人・人材の積極的な紹介、採用後の定着支援を通じて、ディープテック・スタートアップの人材採用を支援してゆく予定です。

■ALDOCKの想い
もともとALDOCK自身も、血液検査からがんを早期発見するリキッドバイオプシーを手がけるスタートアップとして2016年に創業しましたが、複数の要因から実用化を断念。その中で感じた困難の一つが、今回の事業を始めるきっかけとなった高度専門人材の獲得でした。当時はステルスモードでの研究開発であったため、ダイレクトスカウティングを中心に分子生物学の研究者やバイオインフォマティシャンの採用を開拓していましたが、なかなか適当なプラットフォームがなく、苦労した経験があります。そのためInfomics Careerでは、人材採用にとどまらず、ディープテック・スタートアップを支援したいという想いが強くあります。高い専門性を持つエンジニアやアカデミア人材とスタートアップ間の人材流動性を高め、日本からグローバルなディープテック・スタートアップが誕生することを支援したいと考えています。

■Infomics Career
個人の方:https://career.infomics.jp/
企業の方:https://business.infomics.jp/
ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

■株式会社ALDOCK
設立:2016年12月1日
代表者:代表取締役 馬渕晋吾
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
資本金:1億円(資本準備金を含む)
お問い合わせ先:service@aldock.co.jp 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ALDOCK >
  3. ALDOCK、ディープテック人材とスタートアップを結ぶ副業・転職プラットフォーム『Infomics Career』をβローンチ