32年の歴史を持つ「しながわジャズフェスティバル(旧「なかのぶジャズフェスティバル」)」がコロナ禍で継続困難となり、江戸時代縁の文化とタッグを組みクラウドファンディングを開始

~東海道五十三次第一宿「品川宿」より文化創生の取り組みを実施~

しながわジャズフェスティバル実行委員会(所在地:東京都品川区、実行委員長:佐久間 高広)は品川区 荏原中延地域において親しまれてきた32年間の歴史を持つ「なかのぶジャズフェスティバル」を今年度より「しながわジャズフェスティバル」と名称変更し、来年度以降ライブ開催対象エリアを品川区全域に拡大する。

しながわジャズフェスティバルしながわジャズフェスティバル

品川区 荏原中延地域において親しまれてきた32年間の歴史を持つ「なかのぶジャズフェスティバル」はコロナ禍においても音楽の灯を灯し続けることを目的とし昨年度も自己資金で公演を実施。


今年度の開催は「しながわジャズフェスティバル」を持続可能なイベントとするため実行委員会のメンバーも新体制で若返りをはかり、名誉プロデューサーに平野 學、プロジェクトマネジャー/実行委員長に佐久間 高広、企画プロデュースに中山 拓海を中心としたメンバー構成で、”しながわ文化プログラム推進事業助成”を受け開催することとなった。

しかし、来年度以降の助成の目処が立っていない状況から、長きに渡って地域に親しまれてきたこのフェスティバルが継続困難な状況に立たされている。
こうした背景から、今後、品川区が推進している”江戸時代の文化発掘” ×ジャズ のコラボレーションにより「ジャズ×品川職人組×品川海苔×品川縣ビール×宿場JAPAN」における地域振興、文化創成を目的としたクラウドファンディングをCAMPFIREにて開始。

https://camp-fire.jp/projects/view/487027

また、Youtubeにて ”伝え合い、業種を超え、世代を超え、手をつなぐ” をキャッチコピーとした「ジャズ×品川職人組×品川海苔×品川縣ビール×宿場JAPAN」とコラボレーションした番組『品川の粋』を配信している。 
https://www.youtube.com/channel/UCm7TQv-ri0jQ2b8Zq2m76jQ






来年度以降は、メインコンサート、アマチュアジャズコンテストの継続のほか、

<しながわジャズフェスティバル来年度以降の追加ミッション>
・老若男女が集い楽しめる無料ストリートイベントを品川区内に拡充

→ご高齢者さま、子育て世代、学生も気軽に分け隔てなくライブや文化芸術を楽しめる仕組みづくり
・小中学校の音楽サークルとプロミュージシャンの交流機会を拡充
→プロミュージシャンの指導の元、プロと共にステージに立てる機会を創出
・高齢者福祉施設での音楽提供を拡充
→文化芸術を特権的なものではなくより開かれたものとしていくため、笑顔の場を増やすことを目的に高齢者福祉施設での音楽提供の場を拡充

を計画しており、品川区全体を様々な音楽や江戸文化交流の場とし、温故知新をテーマとした本フェスティバルを通じ、文化創生していくことを予定している。

しながわジャズフェスティバルしながわジャズフェスティバル


■「しながわジャズフェスティバル」CAMPFIREクラウドファンディング URL
https://camp-fire.jp/projects/view/487027

------

■「しながわジャズフェスティバル」クラウドファンディング開催の背景

50年以上の歴史を誇る日本のジャズの殿堂 東京・新宿PIT INN設立メンバーの一人であった平野 學の発案により、ジャズを地域に広げて行きたいという想いから、山下 洋輔、中村 誠一、富樫 雅彦、相倉 久人と共に1989年東京都品川区において「荏原中延ジャズフェスティバル」を発企。以降30年以上に渡って日野 皓正、鈴木 勲、森山 威男、市川 秀男らベテランプレイヤーのほか、石若 駿、ユッコ・ミラー、市原 ひかりなどの若手プレイヤーを交え、「なかのぶジャズフェスティバル」として中延商店街連合などと共催し、地域振興に貢献してまいりました。

その後「なかのぶジャズフェスティバル」の功績は東京都品川区に認められ、大変光栄なことに品川区誌にも掲載頂き、「なかのぶジャズフェスティバル」は今年度より名誉プロデューサー 平野 學の意思を受け継ぎ「しながわジャズフェスティバル」と名称も新たに次世代へ引き継がれる運びとなりました。「なかのぶジャズフェスティバル」はこれまで東京都品川区中延地域を中心に開催してきたところから発展し「しながわジャズフェスティバル」として品川区全域へ開催場所を拡大していく予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、未来へ紡ぐ品川区内各学校へのワークショップ開催も自粛せざるを得ない状況となり、まずは全国各地にオンラインを通じて「ジャズ」の楽しみをお届けしてまいります。

日本全国、様々な個人商店、文化芸術がこの新型コロナウイルスにより大打撃を受け悲鳴をあげる中、私たち「しながわジャズフェスティバル」は江戸時代の文化発掘とジャズのコラボレーションを念頭に「品川職人組×品川海苔×品川縣ビール×宿場JAPAN」とのお取り組みにより、“東海道五十三次 第一宿 品川宿” であった東京都品川区より、江戸から続く “日本の伝統と技と心” をお伝えし、また、様々なジャンルと共創し今もなお進化を続ける多様性に富んだ「ジャズ」という音楽を配信により日本全国へ発信していくことで、みなさまに笑顔をお届けし明日への活力にしていただきたい、地域振興と文化創生の灯をともし続けていきたいという強い想いを持って、本クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

-------

■どうして江戸時代×ジャズなのか?

全国から人々が集まり、各地の情報が集結する江戸には、人々が身分を越えて交友を結ぶことを容易にする、都市独特の自由な雰囲気があったといいます。そこでは大名、諸藩の武士、さまざまな職種の町人、地方の文人たちが、自らの興味と関心のおもむくままに同好同学の士として集い、互いに文学・芸術・学問の成果を競い高め合ったとか。そうした人々の自由な交流によって、多様な文化が生み出されていったそうです。(参考文献:江戸東京博物館 案内板「江戸の文化交流」より)

ジャズにも江戸文化と似たようなところがあり、音楽大学や音楽専門学校を卒業するなど学問として専門的に学んできた人たちだけがプロとして活躍している訳ではありません。

実際にジャズという音楽に携わり、プロとして活動をする方々の経歴を見てみると、文学部、生物学部、工学部、薬学部、芸術学部などで学んできた方もいれば、中学卒業後すぐプロになった方もいたり、一般企業就職後に退職してプロになった方もいたり、そのバックグラウンドは実に多様で、バンドやセッションという単位になった時には参加者全員が同年代ということばかりではなく、10代から70代までが同じバンドやセッションの機会を共にすることもあります。それは例えば海外のジャズシーンにおいても同様で、人種を問わずバンドやセッションの場を共にすることがあり、定義の曖昧な「ジャズ」に集まる人々は実に多彩です。多様性が享受され、個性が輝く音楽とも言えるかも知れません。

こうした江戸とジャズの思わぬ共通項を見出したこと、また海に近く交易の拠点となった品川宿は、現在品川区として羽田空港・成田空港へ向かう拠点ともなっており、ジャズの発祥・発展の地、ニューオリンズやニューヨークのようにジャズを醸成するのに適した土地のひとつであると気がついたことも大きなヒントとなりました。


-------

■Youtubeチャンネルの開設
しながわジャズフェスティバルYoutubeチャンネルでは、無料イベントの音楽配信のほか、出演者のプレイリスト発信に加えて、”伝え合い、業種を超え、世代を超え、手をつなぐ” をキャッチコピーとした「ジャズ×品川職人組×品川海苔×品川縣ビール×宿場JAPAN」とコラボレーションした番組『品川の粋』を制作・公開しております。


しながわジャズフェスティバルYoutubeチャンネルURL

https://www.youtube.com/channel/UCm7TQv-ri0jQ2b8Zq2m76jQ

 


-------

 

■「しながわジャズフェスティバル」CAMPFIREクラウドファンディング内容詳細

<品川職人組>リターン品
・引退された金網職人さんによる貴重な「豆腐すくい」
・江戸切子職人さん、桐箪笥職人さんによる「江戸切子+桐のコースター」
・漆職人さんによる「漆の取り分け箸」
・陶芸家さんによる「特製ジャズオーバルプレート」

品川職人組3点品川職人組3点

特製ジャズオーバルプレート特製ジャズオーバルプレート


<品川の食>リターン品
・品川海苔の伝統を受け継ぐ藤森海苔店の「品川物語」
・日本最古の酵母”エド酵母”を使用した「品川縣ビール」
・昭和10年創業豆のさがみやの「特製詰め合わせセット」
・宿場JAPANの「品川宿ブレンドコーヒー&北品川 La capi 焼き菓子セット」

 

藤森海苔店 品川物語藤森海苔店 品川物語

 

品川縣ビール品川縣ビール

豆のさがみや 詰め合わせ豆のさがみや 詰め合わせ

宿場JAPAN 品川宿オリジナルブレンドコーヒー宿場JAPAN 品川宿オリジナルブレンドコーヒー


上記を「しながわジャズフェスティバル 配信チケット」と共にお届け予定。

また、<JAZZ SUMMIT TOKYO>より本クラウドファンディング数量限定で、「なかのぶジャズフェスティバル」の歴代アーカイブ、日本のジャズの醍醐味を楽しめる月額定額制動画配信サービスを通常6ヶ月6,000円のところ、1ヶ月分無料5,000円でリターンとして提供する。

JAZZ SUMMIT TOKYOJAZZ SUMMIT TOKYO


-------

■第16回しながわジャズフェスティバル メインコンサート 開催概要
 

しながわジャズフェスティバルしながわジャズフェスティバル


開催日時: 2022年3月20日(日) 15時30分開演

​出演者:森山 威男(ドラム)市川 秀男(ピアノ)中村 誠一(サックス)鈴木 良雄(ベース)今福 健司(パーカッション)小山 太郎(ドラム)川嶋 哲郎(サックス)中路英明(トロンボーン)コモブチキイチロウ(ベース)市原 ひかり(トランペット)小沼 ようすけ(ギター)ユッコ・ミラー(サックス)スガ ダイロー(ピアノ)類家 心平(トランペット)西村 知恵(ヴォーカル)
司会:紗理/勝元聡子

会場: 荏原文化センター 大ホール
東京都品川区中延1-9-15

チケット:全席指定 前売: ¥6,000/当日:¥7,000
Under 21限定チケット(要身分証明)前売:¥3,000/当日:¥3,500

公式サイト: https://www.shinagawajazz.com/

■第16回しながわジャズフェスティバル メインコンサート チケット情報
発売日:2021年12月1日(水) 12:00~
販売場所 :チケットぴあ、Yahoo!Japan PassMarket、チケットセンターCURIA
スクエア荏原、ジャズスナックまつ

-------

■会社概要
商号: 有限会社品川音楽企画(しながわジャズフェスティバル実行委員会)
所在地: 東京都品川区東中延 1丁目11番17号
代表者: 取締役 平野學
設立: 平成16年2月
事業内容: コンサート・イベント企画、構成、運営など
資本金: 300万円
URL: https://www.shinagawajazz.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. しながわジャズフェスティバル実行委員会 >
  3. 32年の歴史を持つ「しながわジャズフェスティバル(旧「なかのぶジャズフェスティバル」)」がコロナ禍で継続困難となり、江戸時代縁の文化とタッグを組みクラウドファンディングを開始