脆弱性情報マーケットプレイス『AnonyeX.com』のMVP(アルファ版)を公開

システムの堅牢性に貢献する

株式会社Propagation(本社:東京都渋谷区、代表取締役:栗原啓輔、以下「Propagation」)は、あらゆるシステムの脆弱性情報を購入・販売が可能となるマーケットプレイスのアルファ版を公開したことをお知らせいたします。
■AnonyeXとは:
あらゆるシステムに存在する脆弱性情報を購入または販売できるマーケットプレイスです。
・セキュリティエンジニアやハッカー:発見した脆弱性情報を販売できる
・バイヤー:セキュリティエンジニアやハッカーが出品した脆弱性情報を購入できる
https://anonyex.com/

 

 

 

対象
・発見した脆弱性により収益を得たいセキュリティエンジニアやハッカー
・脆弱性情報に興味がある個人
・システムの脆弱性を発見してほしい企業

仕組み
セキュリティエンジニアやハッカーが出品者となり、脆弱性情報を販売(出品)する。出品された脆弱性情報を、バイヤーは購入できる。
バイヤーは、クレジットカード、PayPal、暗号通貨(BTC,ETH,XMRなど全50通貨)といった決済手段オプションをもつ。出品者の売上は、PayPalまたはStripeを通じて出金が可能。


背景
現状、脆弱性情報は主にダークウェブを通じて取引が行われているため、システムの堅牢性や持続可能性に貢献していない。サーフェイスウェブで取引を行えるようにすることで健全化を図る。
また、世界中で起きておきている仮想通貨取引所のハッキング事件のように大きな経済的損失を被る事件を減らすべきである。
将来的な暗号通貨の普及を考えると、悪意のある人間がシステムの脆弱性をつくことで得られる期待値は大きくなるため、セキュリティエンジニアやハッカー(クラッカーではない)の価値が大きく高まると予想される。


■各立場にあるメリット
・バイヤー

大手セキュリティベンダーに多額の費用を支払っている企業は、AnonyeXを通すことでハッカーから直接脆弱性情報を購入できるためコストを抑えることができる。また、セキュリティ関連の勉強を行っている個人の教材になる。
・セラー
ハッカーやセキュリティエンジニアは、AnonyeXで脆弱性情報を販売することで自身のスキルが収益になるだけでなく、セキュリティ業界での活動がパブリックに公開されるため世界規模でのキャリアアップに繋がる。

取引されるカテゴリー例
  • Apple
  • Backdoors
  • Brute Force Attack
  • CGI
  • Database
  • DNS
  • Firewall
  • FTP
  • Hardware
  • Linux
  • Mail services
  • Proxy
  • RPC
  • TCP/IP
  • Web Application
  • Windows
など、随時追加

構造
現在、AnonyeXはアルファ版としてMVP(Minimum Viable Product:実用最小限の製品)の概念を元に、CMSでシステムを構築しております。
対策として、推測されることが非常に困難なAdmin URL、パスワード、Brute Force attackを受けた際のロック、Firewall、reCaptchaなどの設定を行っております。
CMSを採用した理由は、最小限の時間で、コストをかけず、情報が豊富であったためです。常にバージョンを最新にすることで、個人が作るソフトウェアよりも堅牢であると判断しました。

後、プライベートなソースコードへの移行を行いたいと考えています。

■ 本件に関するお問い合わせ
株式会社Propagation : info@propagation-inc.com

■ 会社概要
会社名:株式会社Propagation
本社:東京都渋谷区
代表者:代表取締役社長 栗原啓輔
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Propagation >
  3. 脆弱性情報マーケットプレイス『AnonyeX.com』のMVP(アルファ版)を公開