IQ(論理的思考)とEQ(情緒的感性)には明確な男女差が

43万人の個性診断結果をビッグデータ解析して見えてきた、男女の思考性の違い

COLOR INSIDE YOURSELF( https://ciy-totem.com/ )は43万人以上が利用する、自己診断サービスです。
43万人以上の診断結果をビッグデータ解析した結果みえてきた、個性や性格に関する興味深い統計データをお届けします。
  • IQ(論理的思考)とEQ(情緒的感性)には明確な男女差が
COLOR INSIDE YOURSELF(以下「CIY」)の診断結果では、個人の様々な特性が明らかになりますが、その中でも特に、「論理的に思考するタイプ」「情緒的、感覚的に思考するタイプ」では、男女間で明確に差がでました。
 

論理的に思考するタイプ(年齢別/男女)論理的に思考するタイプ(年齢別/男女)

情緒的、感覚的に思考するタイプ(年齢別/男女)情緒的、感覚的に思考するタイプ(年齢別/男女)

年齢別の診断結果の割合を多項式近似曲線で表すと、「論理的に思考するタイプ」は全年齢層で男性の割合が高く、逆に「情緒的、感覚的に思考するタイプ」では、全年齢層で女性の割合が高くなっています。

ステレオタイプに言われているような「男性は論理的に考えるのが得意、女性は共感力が高い」というイメージに近い結果となりました。
 
  • 男女によって、求められる思考性が異なる?
さらに、ライフスタイル別の統計結果を見ると、男性では新社会人(23歳~29歳)から40代にかけて「論理的に思考するタイプ」が増加しています。

女性では、高校から大学、社会人になるに従って「情緒的、感覚的に思考するタイプ」が増えており、30代からは緩やかに減っていきます。
 

論理的に思考するタイプ(ライフスタイル/男女)論理的に思考するタイプ(ライフスタイル/男女)

情緒的、感覚的に思考するタイプ(ライフスタイル/男女)情緒的、感覚的に思考するタイプ(ライフスタイル/男女)

年齢とともに性格が変化する要因は、何でしょうか?

A:組織の中で、「男性は論理的であること、女性は情緒的で共感し合うこと」を求められた結果、年齢とともにそれぞれの思考性が変化していく

B:そもそも男女で年齢とともに思考性が変化していく傾向があり、結果的に「男性は論理的、女性は情緒的で共感力が高い」という集団ができていく

いずれの要因かまでは分析結果からはわかりませんでしたが、ここまで明らかになると、さらに興味深い洞察が得られそうです。
 

  • 年齢とともに性格は変わるのか?
世代別の結果では、男性では「ゆとり第一世代~団塊ジュニア世代」までが、やや「論理的に思考するタイプ」が高くなっているようです。(女性では、世代別の変化は、あまり見られません。)
 

論理的に思考するタイプ(世代/男女)論理的に思考するタイプ(世代/男女)

情緒的、感覚的に思考するタイプ(世代/男女)情緒的、感覚的に思考するタイプ(世代/男女)

上述の通り、年齢や社会的なポジションに伴って性格が変わっていくのか、特定の世代に限って「論理的に思考するタイプ」がそもそも多いのかについても、興味深いポイントです。

個性や性格の半分は遺伝で決まり、残りの半分はその他の要因によって決まると言われています。
そのため加齢による性格の変化はそこまでないはずですが、男性で30−40代が「論理的に思考するタイプ」が多く、50代をすぎると「情緒的、感覚的に思考するタイプ」が増えていくという傾向を見ると、年齢とともに性格が変化しているとも感じられます。

今後も継続的に結果を分析することで、年齢による変化なのか、特定の世代による傾向なのかを明らかにしていきたいと思います。

----------------------------------------------------------

【COLOR INSIDE YOURSELF 公式サイト】
https://ciy-totem.com/

【SNSアカウント】
Twitter:https://twitter.com/ciy_info
Instagram:https://www.instagram.com/ciy_info/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グレート・ビーンズ >
  3. IQ(論理的思考)とEQ(情緒的感性)には明確な男女差が