お散歩前に地面の熱さをチェック!たった5秒で火傷のリスクを減らせる新習慣

厳しい残暑に向けて、docdog(ドックドッグ)※が推進する「#わんタッチ」プロジェクトのパートナー店舗として活動を普及

 犬の飼い主のためのスクールを運営する犬塾株式会社(東京都世田谷区、代表取締役社長:澤地弘平)は、 夏のアスファルト等で犬の肉球の火傷を防止するための、散歩前の新習慣として、犬の靴・靴下専門店 docdog(ドックドッグ)※(株式会社ディライトクリエイション)が推進 する「#わんタッチ」プロジェクトの取組に賛同し、パートナー店舗として活動を開始いたします。
 docdogが推進する「#わんタッチ」とは、夏のお出かけ前に、飼い主が手の甲(手の平より温度を感じやすい)で地面を5秒間タッチして、地表面の熱さを確認するアクションです。犬塾はこの活動のパートナー店舗になることで、犬の肉球を火傷から守る活動をdocdogと共に普及してまいります。

 


 気象庁から発表された1ヶ月予報(対象期間:8月18日~9月17日)によると、8月末は気温が上昇し残暑が厳しくなるようです。夏のアスファルトの表面温度は約65℃以上になると言われておりますが、アスファルトを歩く犬は、地面からの照り返しもあるため、人間の何倍もの暑さを感じています。そして、アスファルトを直接歩くことで、知らぬ間に肉球を火傷してしまう可能性があります。

 犬塾では、犬の火傷などのリスクを避けるためにdocdogが推進する「#わんタッチ」活動を通じて、夏は散歩の時間帯を工夫し、涼しくなった夕方の散歩時でもアスファルトやマンホールの上の散歩を避け、公園などの草・土の上を歩くよう呼びかけてまいります。

 また、油断しがちな残暑に向けて、犬用の服を水で濡らして着せたり、水のスプレーを持ち歩き、腹部や足元を濡らしてあげるなど、夏を快適に過ごすための工夫をお伝えしていきます。

※ 『 docdog(ドックドッグ) 』は、株式会社ディライトクリエイションが
展開する、獣医師監修の犬の靴、および靴下の専門店です。
HP:https://www.docdog.jp/

【犬塾について】
『犬塾』は2017年に設立し、長年培った青山ケンネルスクールのプロトリマーとしての技術や知識をもとに、飼い主と愛犬のための塾としてスタートしました。シャンプー・カット・しつけなど、犬にしてあげたいことがコースごとに学べるほか、犬とのコミュニケーションのノウハウを広くお伝えしています。現在は、東京・田園調布の旗艦店を含む4店舗を展開しており、今後は全国に犬塾を展開していく予定です。

【第1種動物取扱業】犬塾 田園調布 保管 17東京都保第005819号 訓練 17東京都訓第005819号
HP:http://inujuku.jp/

<本件に関するお客様からのお問い合わせ>
犬塾 株式会社
TEL:03-5755-5650  MAIL:info@inujuku.jp 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 犬塾株式会社 >
  3. お散歩前に地面の熱さをチェック!たった5秒で火傷のリスクを減らせる新習慣