1分で、データドリブンな意思決定を実現するestie pro(エスティプロ)正式版リリース

デベロッパーや不動産機関投資家の投資・運用(アセットマネジメント)業務を高度化することを目的とし、事業用不動産市場におけるデータを収集/整理/可視化/分析し、最適なデータ運用プロセスをデザインします。

株式会社estie(本社:東京都文京区、代表取締役:平井瑛)は、1分で、データドリブンな意思決定を実現する、オリジナルの機械学習モデルを搭載した「estie pro(エスティプロ)」を9月3日(火)にリリースしました。
【課題】
不動産投資や運用業務を行う際には周辺物件の情報収集・整理を行い、それをもとに分析や賃料設定等の意思決定を行います。しかし一般的に開示・販売されているデータサービスでは、フォーマット化されていない、アナログな管理がなされている等、スムースな分析業務を阻害する要素がいくつも残っており、自社のデータ運用プロセス全体の最適化まで手が届かない現状があります。
 
【サービス】
1.     独自の非整形データパースシステムにより、都心5区オフィスの約6割、他都市含め8,000件以上(拡充予定)の物件/運用/取引データを独自に収集・整形したデータベース基盤を構築

2.     estie独自のビッグデータを学習したAIアルゴリズムにより、都心における主要オフィスビルの新規成約賃料を誤差率(中央値)3%未満で推定

3.     直感的に使えるマップ型のシンプルなUIに加え、任意の数値・地図情報による多彩なソート機能、データの保存、書き出し機能を実装

【物件を情報プロットした一枚マップUIイメージ】※画像は実際のサービスとは異なる可能性があります

【製品の特徴】
1.     不動産データベース
estie proには都心5区オフィスの約6割、他エリア含め合計8,000件以上(拡充予定)の物件情報が完備されており、不動産投資分析を行うのに十分なデータベースが用意されています。独自の非整形データパースシステムにより、正確性を持った情報を素早くデータベースに反映します。
従来型のデータベース構築では、いわゆるWebスクレイピングや人手での打ち込みが用いられていました。しかし、スクレイピングでは高度な分析に足るデータは取得できず、開示されたリリース資料(非整形のPDF等)といったバラバラのフォーマットに人手で対応せざるを得ません。その手法では開示から反映に時間がかかるため、取得情報に制限がかかるほか、ヒューマンエラーも問題となります。
estie proデータベースでは、データの収集・構造化に加え、不動産のプロフェッショナルによる目視確認のフローを半自動化し、高度な情報の即時性を持った更新が可能です。

2.     適正賃料を推定する機械学習エンジン
estie独自のビッグデータを学習したAIアルゴリズムにより、都心における主要オフィスビルの新規成約賃料推定が可能です。アルゴリズムには2種類の公開情報と49種類の独自特徴量を使用し、2019年8月末時点での誤差率(中央値)は2.79%と高精度を誇ります。今後は、都心を除く地域に賃料アルゴリズムを拡張するほか、物件取引価格の適正水準の推定といった新たな分野にも取り組む事で、不動産機関投資家のデータドリブンな意思決定をさらにサポートしてまいります。

3.     マップ型のシンプルなUI
1枚の地図上に物件情報を配置させ、分析する物件の比較対象を一目で判断することを可能とし、直感的なデータの取得をサポートします。またソート機能により、エリア、保有者、延床面積といった基本的な絞り込みに加え、任意の円や多角形での絞り込みにも対応した情報取得が可能です。契約期間内はCSVやExcelでデータを保存することが出来るので、好みの分析を行うことが出来ます。

4.      企業ごとのテーラーメイドサービス
カスタマイズプランをご希望の企業に対しては、既存のデータ取得、管理、活用フローを一括して整理し、その仕組みを高度化する新たな業務プロセスをデザインすることが可能です。基盤となるestieの情報と企業の保有する情報の一元管理・分析を行う一気通貫のデータマネジメントを実現します。

 

【新規成約賃料の推定値を可視化したイメージ】※画像は実際のサービスとは異なる可能性があります

【実績】
2019年7月にクローズドβ版の提供を開始し、世界最大級の投資ファンドで導入が決定したほか、estie proのデータベース基盤とUIを踏襲しつつデータ運用プロセスを再デザインするテーラーメイドサービスについても、総合不動産デベロッパーや金融機関といった幅広い顧客層で導入検討が進んでいます。 

【将来展望】
将来的には、日本以上に不動産情報が整備されていない新興国マーケットにおけるestie proの展開を検討しています。その端緒として、インド最大級の不動産データ提供・分析会社であるPROPSTACK社(企業情報後述)と協力し、インド主要都市における賃貸成約データの分析、AIアルゴリズム開発を始めとした相互連携の取り組みを開始しました。
また、オフィス探しをシンプルにするための物件探索・提案プラットフォーム「estie」についても、2019年9月下旬に正式版をリリースいたします。株式会社estieは二つのサービスを両軸として、複雑な事業用不動産市場をシンプルにする取り組みを進めてまいります。

【会社概要】

社名:株式会社estie(エスティ)

所在地:東京都文京区本郷7-3-1東京大学アントレプレナーラボ
代表者:平井 瑛
設立:2018年12月
会社URL:https://www.estie.co.jp
サービスURL:https://pro.estie.jp
お問い合わせ:info@estie.co.jp

【代表プロフィール】
株式会社estie 代表取締役CEO 平井 瑛
東京大学経済学部卒業後、三菱地所株式会社に入社。米国・英国・ASEAN・中国における不動産投資運用、賃貸、開発に従事。新事業創造部を兼務後、オフィスビル賃貸営業を経て、2018年12月株式会社estieを創業。

 


【PROPSTACK社】

社名:PROPSTACK Services Private Limited
所在地:Nyay Sagar, Rd Number 13, Kala Nagar, Bandra East,
Mumbai, Maharashtra - 400051
代表者:Raja Seetharaman
設立:2013年
会社URL:https://www.propstack.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社estie >
  3. 1分で、データドリブンな意思決定を実現するestie pro(エスティプロ)正式版リリース