PRS Guitars が HX アンプを発表

正真正銘のジミー・ヘンドリックスのツアー仕様回路を再現

(メリーランド州スティーブンスヴィル)2021年6月22日– PRS Guitarsは、PRS HXアンプの発表で既存アンプのラインナップに新しいトーンファミリーを追加しました。厳密な再現ではありませんが、PRS HXアンプは、回路と、60年代後半の英国風のジミー・ヘンドリックスのトーンの柔軟性とパワーをシンプルなデザインで捉えています。

PRSの人気のあるHXDAアンプの後継者であるPRS HXアンプは、洗練された制御レイアウトと新たに文書化されたHendrix Touring Circuitを備えています。この回路は、ウッドストックで使用されたとされているヘンドリックス自信のアンプに大きく影響を受けています。ポール・リード・スミスとPRSアンプデザイナーのダグ・スーウェルは、ポール・アレンとシアトルのポップカルチャー博物館と伝説的なギタリストの妹、Experience Hendrix LLCの社長兼CEO 及びAuthentic Hendrix LLC、さらに Jimi Hendrix Park Foundationの創設者であるジェイニー・ヘンドリックスの許可を得て、2018年に研究することができました。 

「HXDAが最初に発売されたとき、「Live at the Fillmore」でオールマンブラザーズが使用したアンプのひとつを研究することができました。今回はヘンドリックスのツーリングアンプのひとつを研究する機会があり、回路だけでなく、ヘンドリックス自信がアンプに施した変更や部品の選択を理解することができました」とポールリードスミスは述べています。 「これらのHXアンプは、ヘンドリックスのツーリング・リグとまったく同じように聞こえることを目的としており、まったく同じようには見えることではありません。しかし、私たちはこれが神聖な領域であることを理解しています。歴史に立ち返り、現在の音楽界に特別な何かをもたらすことができて光栄です。」

ポップカルチャー博物館のアンプは、ウェストコーストオルガンアンドアンプ社の「アンプ・ドクター」と呼ばれるデイブ・ウェイアーによって大幅に変更されました。アンプは1960年代のアメリカのパワーとツアーの厳しさを乗り越えて機能しなければならなかったのですが、ヘンドリックスとウェイアーはヘンドリックスのサウンドを忠実に再現しようとしていました。それでも、ダグが説明するように、元祖の正確なクローンを作成することは不可能であり、望まれていませんでした。

「これは、ヘンドリックスが使用したアンプの厳密な再現ではなく、ツアーやスタジオで使用するようになった一連の変更されたアンプの開発の一瞬間のスナップショットです。信頼性、彼のエフェクトとギターとの互換性、彼が達成したトーン、そしてアンプの感触とレスポンス、全てを考慮しました。私たちは、ヘンドリックスとアンプ技術者が探求した当初の目的を実行するすべての重要な部分を徹底的に検索しました。パーツの選択プロセスを歴史的研究およびポップカルチャー博物館のアンプと組み合わせ、同じ優れたトーン、感触、信頼性を備えたアンプ作成に成功しました。」

PRS HXアンプは、100ワットと50ワットの両方のフォーマットでパワーとバランスをもたらします。ハイエンドをプッシュするように設計されているため、非常にクリアですが、過酷ではありません。PRSHXは、ギラギラせずに輝き、攻撃性を抑えて滑らかで甘いトーンを実現します。 PRS HXアンプは、個別のボリュームコントロールを備えた内部チャンネルを使用して設計されています。これにより、ジャンパーケーブルが不要になり、リードチャンネルとベースチャンネルをブレンドすることで、プレーヤーが歪みレベルとトーンをより簡単にダイヤルできるようになり、最新の利便性がもたらされます。 PRSは、HXAmpファミリ用に一致する2x12および4x12キャビネットも設計しました。変更されたCelestionG12H-75クリームバックスピーカーを搭載したこれらのキャビネットは完璧なパッケージを完成させます。

PRS HXの設計は、過剰なエンジニアリングの演習ではありませんでした。適切な部品と回路を備えた非常に簡単なビルドです。歴史的な仕様を適切な場所に保持し、可用性、安全性、および経験に基づいて代替を行いました。結局、私たちは並外れたビルド品質と、演奏時にジーパンの裾をなびかせるだけではなく、吹き飛ばすほどのパワーを備えた素晴らしいサウンドのアンプを作ったと思います」とポールは述べています。

PRS Guitars Stevensville、Maryland、USAの工場で製造された、PRS HX 100および50アンペアは、トーンの徹底的な再現、歴史の祭典、そして現代技術の記念碑です。これらのアンプとマッチングキャビネットは2021年6月に出荷を開始します。HXの詳細は、www.prsguitars.comにアクセスし、ソーシャルメディアで@prsguitarsをフォローしてください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポール・リード・スミス・ギターズ・ジャパン合同会社 >
  3. PRS Guitars が HX アンプを発表