日本株の自動売買取引を、利用者1500万人超の人気チャートツール「Trading View」と日本の証券口座を連携させることで個人投資家でも簡単に行えるサービス「Trade Stand」を正式リリース

株式会社ナレッジクリエイション(本社:東京都千代田区、代表取締役:貝瀬 航)と、オートマチックトレード株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:松村 博史)は、個人投資家向けソリューションサービスの提供等を目的とする業務提携に合意し、その第1段として、本日2021年11月1日(月)より、世界で1500万人以上のトレーダーが利用する多機能チャートツール「Trading View(トレーディングビュー)」と日本の証券口座との連携を可能とするWebアプリ、「Trade Stand(トレードスタンド)略称:トレスタ」のサービスを開始いたします。Trading Viewと日本の証券口座を連携することで、従来では再現が困難だった日本株の自動売買取引を、一般投資家レベルでも可能にすることに成功しました。このプラットフォームが普及することで、個人投資家のトレード環境が今後、大きく変化していくと考えています。

■概要
「Trade Stand(トレスタ)」は、「auカブコム証券株式会社のAPIサービス」を利用して、「Trading View」と証券口座を連携可能とする、オートマチックトレード社製のソリューションをベースとしたWebアプリです。Trading View上で作成された「ストラテジー」と呼ばれるプログラムによって発した売買サインを基に、ご自身の証券口座で自動取引を行うことができます。


■Trade Stand(トレスタ)の特長
①サービス
Trading Viewと日本の証券口座との連携を可能にし、従来では再現が困難だった日本株の自動売買取引を、一般投資家やトレーダーが簡単に行うことを可能にしたプラットフォーム。
※リリース時点で連携可能な証券会社は「auカブコム証券」

 


②難しいプログラミングは不要
ストラテジーを自作できる方はもちろん、プログラミングに明るくない方でもご利用いただけるよう、サンプルストラテジーのご用意もございますので、テンプレートに沿って進めていくだけで自分だけのオリジナル自動売買ソフトを作成可能になります。より高度な開発が必要な場合、ストラテジーの受託開発も承ります。
※受注開発につきまして、投資判断に関わる売買ロジック・投資手法をご提供する事はございません。

③クラウド型自動売買
従来の自動売買ソフトが利用可能なプラットフォームは、インストール型が主流であり、パソコンの電源を常時付けておく必要がありました。(VPSサーバーを利用する等の手間がありました)しかし、「Trade Stand(トレスタ)」は、Web上で完結する「クラウド型」サービスのため、常に電源を付けておく必要がありません。また、インターネット環境さえあれば利用可能なため、パソコン、スマートフォン、タブレット等のデバイスの縛りがなく、いつでもどこでもご利用いただけます。

その他、法人様向けにOEM契約を前提としたTrade Stand対応型のストラテジーの開発も承っておりますので、お問い合わせください。


▼Trade Stand(トレスタ)のご登録はこちらから
https://www.lp.trade-s.com/


▼お問い合わせはこちらから
https://www.lp.trade-s.com/inquiry


▼法人様向け開発のお問い合わせはこちらから
https://www.kn-cr.com/development/

■会社概要
会社名:株式会社ナレッジクリエイション
本社:東京都千代田区飯田橋2-9-4 サンパークマンション401
HP:https://www.kn-cr.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナレッジクリエイション >
  3. 日本株の自動売買取引を、利用者1500万人超の人気チャートツール「Trading View」と日本の証券口座を連携させることで個人投資家でも簡単に行えるサービス「Trade Stand」を正式リリース