空家を通した(空家再生リノベーション)神戸市郊外の地域活性化を望むリノベーション会社が提供する神戸市郊外特化型・多目的レンタルスペース(用途∞)第一弾、『フラット化する世界』@明舞戸建が完成した。

レンタルスペース予約サイト(3月末より予約受付予定) https://coubic.com/hirock_kobe/697683

神戸リノベ屋ヒロック×書家アーティストRie
パートナーシップ プレオープン記念イベント開催中!
3/13まで。

※4枚目チラシ参照

 

 


一人でこもって仕事や趣味に没頭しても良い。
仲間・友達・家族・恋人とワーケーションやパーティーをしても良い。
レンタルギャラリーとして、アートを飾ったイベントをしても良い。
フォトグラファーさんが、フォトスタジオとしてご利用頂いても良い。
POP UPの物販会場にして頂いても良い。

使い方は、自由。

リノベーション会社だからできる、カフェや宿泊施設とも違う非日常な空間で、家・職場(学校)の次の『第三の居場所』として楽しいひと時をお過ごし頂ければ幸いです。

周辺には、明石海峡大橋の眺望やレトロな団地群、海側まで行けば、個性的な神社や古墳など、魅力的な地域資源がたくさんございます。

※本施設は、当社リノベーションのモデルルームとしても機能しております。気に入って頂いた方は、不動産のご紹介からリノベーションの設計・施工までご提供可能です。

【『フラット化する世界』に関して】

ここは明石と舞子の間の「境界」。
だから私は一階では境界を建築で表現した。

世の中には、人種・宗教・ジェンダー・領土など、様々な「境界」が存在する。
そしてそれが、優越や利益を求めて差別や争いを引き起こしている。
だから、私は境界に釘を刺したり、ライティングで、境界を曖昧にした。

SDGsやサスティナブルを意識し、様々な廃材を使ったリノベーションにし、廃材と資材の境界も無くした。

そして地下階は、「学校」をテーマにした。
学び直しの為の授業(セミナー)や遊び直しの為の給食(パーティー)が出来るように。

そして和室は「多様性」をテーマにした。
多様な方々にくつろいで欲しいから。

思うに、「境界」と「多様性」は少し似ている。


多分、共生するか排除するか。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒロック >
  3. 空家を通した(空家再生リノベーション)神戸市郊外の地域活性化を望むリノベーション会社が提供する神戸市郊外特化型・多目的レンタルスペース(用途∞)第一弾、『フラット化する世界』@明舞戸建が完成した。