日本初の飲食特化型クラウドファンディング「キッチンスターター」、本サービス開始〜日本の食を もっと豊かに もっと自由に〜

 

株式会社キッチンスターター(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡辺浩志、以下:キッチンスターター)は、2015年7月7日7時から、日本初となる飲食特化型クラウドファンディングサービス「キッチンスターター」のサービスを開始しました。

 

〜日本の食を もっと豊かに もっと自由に〜
「キッチンスターター」は店舗・生産者(スターター)と支援者(サポーター)を、「応援」し、「一緒に育てる」と言う価値観でつなげる事で日本の飲食産業をより良いものにするお手伝いをしてまいります。

【飲食特化型クラウドファンディング】
「キッチンスターター」は飲食に特化した事により、クラウドファンディングが持つ、資金調達の機能はもちろんの事、以下の点に特に強みを有しております。
・  プロジェクトを開始するスターターと、それを応援するサポーターのニーズが“食”をキーワードとして完全に一致します。
・  飲食業経営に不可欠となる、自身のアイデアのリサーチが、極めて広範囲かつ多数のユーザーに対して実施可能です
・  アイデアに対する反応が好評であれば、そのままプロジェクトへの支援とつながり、特に初期固定客の獲得が可能です。

 

【新しいカタチの飲食メディア】
お店や生産者を「応援」し、「一緒に育てる」という価値観はクラウドファンディングならではのものです。
「キッチンスターター」は従来の飲食メディアにはなかった、利用者側と店舗・生産者側が相互に、対等に交流できる場として、“日本の飲食をもっと豊かに、もっと自由に”することを目指して行きます。

 


【ストーリーのあるお店作りに】
これからの飲食店は、背景になんらかのストーリー性があることが重要だと言われております。「キッチンスターター」をご利用いただくことで、お店のポリシーや思いがサポーターにダイレクトに届き、「応援」し、「一緒に育てる」と言う価値観と相乗効果を生むことで、飲食店の成功をお手伝いしてゆきます。
 

 


【六次型産業の支援ツールとして】
地域に存在する数々の農産物や畜産物、海産物などの産業を活性化したい、素材を活かして新たに製品化したい、インターネットを利用して流通経路を確保したい。「キッチンスターター」はその思いを可能にするツールです。現在、各生産地に存在する問題点、その改善案をプロジェクト化する事で、「応援」し、「一緒に育てる」と言う価値観の元、各地のサポーターに製品を届ける事ができます。
 

 


【飲食業のトータルサポーターを目指して】
飲食店や生産者が経営や新規商品の制作に必要となる、様々な要素、「キッチンスターター」は様々なパートナー企業様との連携により、柔軟かつ多彩に、飲食経営をバックアップしてまいります。

・  WEBサポート(HP・動画制作、Webマーケティング、飲食メディア連携等)
・  製品開発支援(コンセプト立案、メニュー提案、オペレーションの改善等)
・  店舗開店支援(長期、超短期まで含む店舗物件、空きスペースの紹介、什器や各種設備の紹介等)
・  コンサルティング(店舗デザイン、オペレーションの改善等)
・  食材、飲料などの提案機能(各種メーカーの紹介、スターター間による相互流通等)
・  人材紹介(飲食業に従事する方々の紹介)

 

 
【株式会社キッチンスターターの概要】
本社                     :東京都港区北青山
代表者                 :渡辺 浩志
設立                  :2015年3月
ウェブサイト        :http://kitchenstarter.jp
 

【リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社キッチンスターター 広報担当(渡辺、菅原)
TEL                        :03−4588−6358
Mail                       :info@kitchenstarter.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キッチンスターター >
  3. 日本初の飲食特化型クラウドファンディング「キッチンスターター」、本サービス開始〜日本の食を もっと豊かに もっと自由に〜