【元Google出身者が開発】人工知能を活用した集客法"MEO対策"が大注目!

設立1年半で取引実績7500社!?最先端マーケター集団Lim

【おばあちゃんができるマーケティング】をコンセプトに、人工知能を活用したインスタグラム集客システムを開発・提供するLimはすでにSNS集客ではアジアトップのクライアント数を持ち、大手や行政をはじめ個人店などにも幅広く利用されている。そのインスタグラム集客に加えさらにシンプルさを実現したMEOサービスを遂に正式リリース。


【会社紹介】
元Google出身者である竹花貴騎によって設立。23歳で東証一部上場グループ海外拠点の最年少COOとして東南アジアを中心に世界で活躍した後、リクルートホールディングス戦略室にて勤務。2017年にSNS分析及びSNSマーケティング会社Limを設立し完全独立。設立1年半ですでにライザップやソフトバンクなどの大手を始め7500社の集客実績を叩き出す。マーケティングが主事業の同社は自社集客ノウハウの強みを活かし国内国外合わせ数十店舗を展開。現在5社をホールディングス化し幅広い事業拡大を国内で行いつつ、2018中旬にアジア展開のため本社機能を香港に移転。
 

 

【店舗集客には欠かせないMEOとは】
MEOとはGoogle検索結果でマップ上にお店やサービスの情報を記載するための対策です。あなたも今までに街中でお腹が減ったりすると「エリア×業種」、例えば「原宿 カフェ」などGoogleマップ検索やGoogle検索をした経験があるかと思います。この際に普段のSEO検索結果ではなく下の写真のようなGoogleMap検索結果が表示されますね。このマップ検索での上位表示や、正しい表示を行う対策をMEO対策と言います。

実はこのように「エリア×業種」でGoogle検索を行なった人のうち74%の方が、SEO結果表示ではなく、マップ結果表示(MEO)を見る傾向にあります。これは飲食店に限らず、美容院、エステ、コンビニ、歯医者、不動産など様々な業種が検索されます。そして「エリア×業種」で検索する人たちは目的意識がはっきりしているため、このMEO対策を行なっている店舗は莫大な集客効果につながります。また店舗が行う従来の広告は費用対効果が明確でない媒体であることに対し、MEOはGoogleが公式に提供するGoogleマイビジネスのアプリ、またはサイト上で店舗オーナーがシンプルに予約数や来客数などの把握ができるため、費用対効果の測定が素人でも把握が可能になります。


【人工知能を活用したLim-MEO】
MEO対策を行う際に、3つ分析を行う必要があります。

❶エリア分析
対象エリアでどのようなKW(キーワード)を利用し、どれくらいの人が毎月お店を探しているかなどを分析します。

❷競合分析
競合となるお店が各KWで、どれくらいMEOにて評価されているのか、そしてその掲載順位を狙えることができるのかを分析します。

❸キーワード分析
最終的に上記❶・❷を踏まえてどのKWを狙ってMEO対策をするべきなのかを分析します。

Googleからの評価の分析は様々な要素によって行われているため一概に「何回検索されているからこのキーワードでのMEO対策を行うべき」と検索回数をを基に算出することはできません。大事なのは最終的に「このキーワードであれば上位表示する確率が一番高い」という分析が必要であり、それは時にビッグワード(エリア×業種)でない場合もあります。このような莫大なビッグデータの分析をLimの人工知能に任せることが可能となります。(サービス動画をご覧ください)
 

 

上記動画にて、なぜLim-MEO対策がダントツ効果的であるかご理解いただけたかと思います。しかしこれだけではありません。Limの主軸にしているインスタグラム集客システムとこのMEOの組み合わせることにより、インスタグラムでも集客ができるのに加え、その効果がMEO集客にも反映しMEO経由での来客も増加する傾向にあります。

【インスタとMEOの相性抜群!】
MEOの上位表示化には「サイテーション」と呼ばれる施策が重要となります。ものすごく簡単にいうと、Googleマイビジネス に登録した自社のホームページが【多くの人に紹介され(❶被リンク)、多くのアクセスを獲得し(❷流入数)、且つホームページに訪問した方が長く多くのページに滞在する(❸滞在時間)(❹ページ閲覧数)】ことが重要指標となります。

ほとんどの店舗オーナーはホームページを作るものの、結局は誰からもみられていないことがほとんどです。しかしこれは競合も同様の状況のため、逆を言えば自社のホームページを多くの人に長く複数のページの閲覧をさせればMEOでは上位表示化する確率が上がります。

自社ホームページへのアクセスを増やすためには、流入元媒体であるインスタグラムが最適なのです。インスタグラムではFacebookやツイッターとは異なり、「コミュニティ」ができる特徴があります。これは同じ趣味、興味、また近くにいる方々と繋がるということを指します。例えば渋谷によく遊びにきているAさんが「#渋谷カフェ」と検索したら、Bさんの経営しているインスタグラムアカウントを見つけフォローした。それの繰り返しでBさんのインスタグラムにはAさんのような「渋谷のカフェ」に興味があるフォロワーが集まるコミュニティができます。これがインスタグラム特有のハッシュタグ検索の仕組みです。

そしてBさんがサイトに誘導するような投稿をすると、そのフォロワーが一斉にプロフィール欄のURLや、ストーリーのリンク部分からサイトに飛んでくれます。例えば「HPで平日限定のクーポン貼ったよ!ぜひご来店お待ちしております!」などの文をつけて投稿をすると毎回サイトにアクセスし、長く滞在し、そして多くのページを閲覧する傾向にあるのです。これがおとり広告やクリック誘導的なアクセスを獲得すると滞在時間は短く、そして逆評価につながる傾向にあります。

インスタグラムでフォローしてくれている人は少なからず自身のお店に興味を持ってくれたり、近くに住むなど何かしら共通点がある人が多いため、自然とサイトへの流入をし、長く遊覧してくれるのです。そのような人が多いとGoogle評価が上がる傾向にあります。SNSでのシェアや掲載での直接的な被リンクの効果はありませんが、このように認知を与えて間接的な効果が期待できます。

【インスタ流入を増やすコツ】
ではインスタグラムにてまずはフォロワーを増やすことも重要だということですが、ここで勘違いをしてはいけないのは「がむしゃらにフォロワーを集める」のではなく「しっかりと興味を持つフォロワー」を自身のSNSに集めることが重要です。そのためにはエリアや地域、興味などを分析し、そのフォロワーとつながるための施策を行う必要があります。これにLimの人工知能インスタ集客が大きな効果をもたらします。

 

この人工知能を利用することで、何もせずとも自然に自分のお店の周りにいる人や、興味を持ちそうな年齢、性別、興味を分析し、対象のフォロワーを増やしてくれるので、その集まったフォロワーに対し定期的に情報を発信することで効率的かつ永続的な集客が可能となります。

Lim-MEOサービス【実例ダウンロード可能】
https://www.lim-japan.com/meo

Lim-FUS【インスタグラム自動集客ツール】
https://www.lim-japan.com/follower-up

Limグループ
https://www.lim-japan.com/legal

インスタ自動いいねツールの比較【フォロワー増やすツールとは】簡単まとめ
https://www.lim-japan.com/single-post/comapre
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Lim >
  3. 【元Google出身者が開発】人工知能を活用した集客法"MEO対策"が大注目!