気になる地域を選ぶだけで「地域ならではの食べ物の詰め合わせ」が届く新感覚ECサイト”じのもん”、広島県神石高原町プランを追加

じのもん運営事務局(運営:株式会社D-innovation、本社:東京都渋谷区)は、2020年12月に期間限定で販売を行ったECサイト”じのもん”(https://jinomon.jp/)において、新たなプラン『広島県神石高原町プラン』を追加して販売を再開いたしました。
  • じのもんについて
じのもんは、以下の特徴を持った新感覚の特産品ECサイトです。

1.「地域ならではの食べ物の詰合せ」を販売、詰め合わせ内容は「届くまで内緒」
”じのもん”は、単に商品を販売するのではなく、「商品を通して食文化を知るワクワク」を提供します。
既存の販売形態では、商品ページ上の情報から「ある程度分かった気分」になり、その文化の本質に触れないままスルーされてしまうケースが多く存在すると考えています。
そのため、「実際に手に取る/食べることで地域の食文化に触れる体験」を重視するべく、商品内容は「届くまで内緒」という形式で販売しております。

2.「地域に精通したプランナー」と共同でプラン作成
”じのもん”の詰め合わせに入る商品は、「地域では深く知られているが、地域外ではあまり知られていない商品」です。
各地域ごとに地域に精通したプランナーと共同でプラン作成を行い、購入者様が出会ったことがない商品・食文化との出会いを届けます。

3.詰め合わせには、オリジナルの冊子を同梱
”じのもん”は、商品を通して食文化を伝えることをミッションとしております。
そのため、ただ商品を詰め合わせにして届けるのではなく、生産・製造者や地域プランナーから収集した情報をもとにオリジナル冊子を作成し同梱します。
 
  • 今回のリリースについて

”じのもん”は、2020年12月に数量・期間限定でサービスをリリース、秋田県横手市プランのみのご用意でしたが、大変ご好評をいただき、1か月で予定数に達することができました。

このたびは新たに「広島県神石高原町プラン」を追加し、販売を再開いたします。
本プランは、神石高原町役場・道の駅さんわ182ステーションと協力し作成。
神石高原町ならではの美味しいものを皆さまの元へお届けいたします。

◇神石高原町役場 中野主査
 

 

 


◇さんわ182ステーション 延岡取締役

 
  • 広島県神石郡神石高原町について

 

正式名称は、広島県神石郡神石高原町。
広島県の中東部に位置し、人口は約8600人(令和3年度4月現在)で、高齢化率は約46%(2015年)。
標高約400m~500mと、山間部に位置しているため、空気も水もとてもきれいな地域です。

◇観光名所「帝釈峡」
 


 

  • ご購入について
”じのもん”は、じのもんサービスサイトからご購入いただけます。
プランは随時追加予定。プラン追加をお知らせする通知機能もございます。

◇じのもんサービスサイト
https://jinomon.jp/
 
  • 今後の取り組みについて
じのもん運営事務局は、今後も「埋もれている美味しい食べ物」をきっかけに、地域の魅力を発信してまいります。

取り扱う地域の増加はもちろんのこと、じのもんをご購入いただいた方に「地域のことをもっと知りたい!」「地域に訪れてみたい!」と感じていただけるような仕組みを実装してまいります。

興味がある・一度話を聞いてみたいという方は以下からお問い合わせください。

◇じのもんについてのお問合せ
https://dinnovation.jp/jinomon/
※株式会社D-innovationのホームページに移動します
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社D-innovation >
  3. 気になる地域を選ぶだけで「地域ならではの食べ物の詰め合わせ」が届く新感覚ECサイト”じのもん”、広島県神石高原町プランを追加