“推し”からの「おはよう」で迎える究極の⽬覚め︕モーニングコールアプリ「moneep」のiOS版が本⽇リリース

⽬覚めを繋ぎ、新しい価値体験を創出する朝専⽤⾳声SNSプラットフォーム

株式会社moneep(本社:東京都千代⽥区、代表取締役CEO:堀⼝ 凌佑)は、ユーザーがアプリ上で「起こして欲しい⼈」を選択し、クリエイターと依頼者が“実際に会話ができる”、次世代型朝専⽤SNSアプリケーション【moneep(モニープ)】のiOS版を本⽇より配信開始致しましたので、お知らせ致します。本アプリは、“世界⼀気持ちの良い⽬覚めの提供”をモットーに、世界中の⼈々の⽬覚めを繋ぎ、新しい価値体験を創出して参ります。尚、Android版は5⽉中の提供を予定しております。

iOS版DLリンク︓https://apps.apple.com/jp/app/id1553251576
基本料⾦︓無料(アプリ内課⾦有)
 

 

  • サービスの特徴
■moneepは、モーニングコールをかけて欲しい⼈(ユーザー)と、かける⼈(クリエイター)を繋ぎます
「投げ銭(ギフト)」機能付きで、クリエイターに感謝や応援を伝えることができます
■ユーザーとクリエイターが1分間、アプリを通して実際に会話をすることができます
■ユーザーは「かけて欲しい⼈」を⾃由に選択ができます
■クリエイターは「1⼈約1分」という短時間でファンとのコミュニケーションや報酬を獲得できます
■クリエイターはアプリのシステムを通して、モーニングコールの依頼者へ「ランダム※」に繋がります
■「1分間」という制限付きのため、忙しい朝の時間でも気軽に参加できます

※基本全てのユーザーが⼀定の確率となりますが、 「投げ銭(ギフト)」に応じて当選率が変動します
 
  • moneep(モニープ)について 

moneepは、朝の起床に⾟さを感じている⽅々と、ファンとの密なコミュニケーションを取りたいと考える様々なジャンルのクリエイターを繋ぐ次世代の⾳声SNSプラットフォームです。ユーザーは⾃分の “推しメン”からのモーニングコールにより、ちょっと憂鬱な朝の時間を幸せなひとときに変えることができます。

 

moneepの由来

「morning + sleep + sheep」
moneepという名前には、朝を生きるすべて人々の「朝(morning)」と「眠り(sleep)」を繋ぎ、モーニングコールによって今までにない心地いい目覚めを提供するという思いが込められています。

ロゴは眠りを連想させる「ヒツジ(sheep)」に、夜と朝の中間の「目覚め」をイメージした紫とピンクのグラデーションを使っています。これは起こす人の「朝」と、寝ている人の「夜」の2つの時間が混ざり合うというSNSの側面を表現しています。また、ただのグラデーションでなく、柔らかな水彩画調にしているのも「寝起き」の曖昧さや暖かさ、心地よさをイメージしています。
 

  • サービス誕⽣の背景 
■社会⼈の約90%が「朝が⾟い」と回答
「社会⼈の朝」について調査した結果によると、朝起きることが「全く⾟くない」と回答した⼈はたっ たの3%であり、なんと約90%の⼈が「とても⾟い・少し⾟い」と回答しています。
(引⽤︓ベースメントアップス株式会社プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000045126.html)

このように、⼤半の現代⼈にとって⾟いと感じる朝の時間を「世界⼀幸せな時間」に変えることをミッションと捉え、moneepは誕⽣致しました。

■“朝活”ブームから⾒える「朝」というスキマ時間の有効活⽤
そんな課題が背景となり、近年では朝活ブームが巻き起こっています。
ヨガ・読書・勉強・交流・運動…など、様々な朝活のバリエーションが拡がっている中で、 moneepは「最も短時間でリフレッシュができる」アプリケーションです。

忙しい朝、なかなか時間の確保が難しい⽅であっても、たった「1分間」で、世界⼀気持ちの良い⽬覚めを体験することができます。

■2つの “こ” の時代
ITの発達や、コロナという未曾有の危機により、⼤きな時代の変⾰期を迎えています。

【2つの “こ” の時代】
”個” ⼈の時代
Youtube、Instagram、ライブ配信、Tiktokや、最近話題のClubhouseのような新しいプラットフォー ムの躍進により、職業や⾃⼰表現の⽅法が昔よりも遥かに多様化し、クリエイターは⾃らの⽣活様式や⽣き⽅を選択できるようになり、とてつもなく多くの⼈が”⾃分らしさ”を武器に⾃⼰実現ができる時代にシフトしていっています。

”孤” ⽴の時代
世界中を未曾有の危機に陥れた新型コロナウイルスの影響で、⼈々の繋がりは分断され、その急激な変化に多くの⼈が痛みを抱えています。特に⽇本⼈の9割の⼈が苦痛を感じてしまっている”朝の⽬覚め ” は、コロナウイルスによる孤⽴化による影響と、SNS等の発展による⽇常的な繋がりによる相対的な 【孤独化】によって、より強く痛みを感じるにようになり、急速に⼈々の朝を蝕んでいます。

moneepはそんな【個⼈の時代】に⽣きるすべてのクリエイターと、【孤⽴の時代】を⽣きるすべての⼈達の朝をモーニングコールによって繋げ、いままで分断されていた”⽬覚め”の共有による⼼地いい朝を実現すると共に、ほとんどのクリエイターが休眠資産だった「おはよう」 を活⽤することによって 【新しい価値】を創出し、クリエイターの⾃⼰表現の選択肢を増やすことを⽬的として誕⽣した、【” こ”の時代】の朝の⾳声SNSです。

 

 
  • 機能紹介
moneepは、非常に簡単でシンプルな操作を実現しています。

(ユーザー)モニープをお願いする



(クリエイター)モニープをしてあげる

 

  • 現在事前登録をしていただいているクリエイター 
moneepは、今年の2⽉より、アプリ公開に先駆けクリエイター(モニーパー)の事前登録を開始しております。現在までに事前登録を希望された⽅を⼀部ご紹介致します。
※使⽤検討者も含みます。

・コロナ禍でファンとの交流を増やしたいアイドル、タレントの⽅
・普段はSNSのリプライでコミュニケーションを図っているインフルエンサーの⽅
・⾃分の声を活⽤し、ファンの獲得やスキルアップを⽬指したい声優の⽅
・なかなかリアルでのコミュニケーションが取れないYouTuberの⽅
・ライブ配信アプリの時間帯とは被らずに、より時間を有効に使いたいライブ配信者の⽅
・朝の時間で有意義な発信をしたいと考える占い師の⽅
・憂鬱な朝の時間を誰かと共有することによりお互いに元気な朝を迎えたいOL・学⽣の⽅
・⾃⾝が培ったスキルで⾊々な⼈を元気にしたいと考えるサラリーマンの⽅
 
  • アプリダウンロード 
◆iOS:https://apps.apple.com/jp/app/id1553251576
◆Android:5月中リリース ※予定 

◆オフィシャルサイト:https://moneep.com
 
  • 運営会社及び認定エージェント

【運営会社】
会社名:株式会社moneep
代表者:堀⼝ 凌佑
設⽴:2021年1⽉5⽇
URL: https://moneep.com
事業内容: 朝の⾳声SNS「moneep」の開発、運営
moneepは【すべての可能性に、⽬覚めを】をミッションに、すべての朝を繋げ、世界中の朝の“始まりの1分”だけをハックするスタートアップ企業です。

 

【認定エージェント】
moneepでは、パートナー企業と共同でクリエイターの育成・発掘を⾏っております。
※エージェントを名乗る悪質なスカウトや勧誘にご注意下さい

会社名︓株式会社4(4Inc.)
URL︓https://4inc.co.jp
代表者︓⼩⽯川 泰弘
ほか、複数のパートナー企業と提携を予定しております。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社moneep >
  3. “推し”からの「おはよう」で迎える究極の⽬覚め︕モーニングコールアプリ「moneep」のiOS版が本⽇リリース