卓球男子日本代表 丹羽孝希選手モデル超攻撃卓球を可能にするラケット新発売

2017年2月下旬より全国のVICTAS製品取扱店にて順次発売開始

ヤマト卓球株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:松下浩二)は、卓球男子日本代表の丹羽孝希(にわ こうき)選手モデル卓球ラケットを2017年2月下旬より、全国のVICTAS製品取扱店にて発売いたします。
2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪卓球男子団体で銀メダルを獲得した丹羽孝希選手。大会後、さらなるパワーアップを図るため新たに開発されたのが『Koki Niwa』ラケットです。
新たなギアを手に入れた丹羽選手は、5月下旬から始まる2017世界卓球選手権デュッセルドルフ大会(個人戦)にも日本代表選手として出場する予定です。

≪商品特徴≫
丹羽孝希選手の代名詞とも言われている、超攻撃卓球を可能にした『Koki Niwa』ラケット。
ラリー戦での速さはもちろんのこと、台上での攻撃でも力を発揮するこのラケットは、中芯を厚くし威力が増した、木材構成となっております。丹羽孝希選手と共に「世界で戦うラケット」として今後の活躍を支えていきます。

≪商品概要≫



■ヤマト卓球株式会社について
1931年にセルロイドボール製造から始まり、84年以降は卓球用品の総合メーカー(TSPブランド)として展開。
2011年、高品質でプロ仕様をコンセプトにした新ブランド「VICTAS」を立ち上げ、明日の勝利へ選手を導く高級ブランドとして、高品質・高仕様を目指した製品開発をしている。
2017年4月より、公益財団法人 日本卓球協会とオフィシャルサプライヤー契約を締結し、『VICTAS』が公式ウェアに決定。2017年5月より始まる世界卓球2017の日本代表選手には、当社がスポンサー契約を結ぶ丹羽孝希選手、村松雄斗選手、前田美優選手の3名が出場予定。


■丹羽 孝希(にわ こうき)選手のプロフィール

 

卓球選手だった父の影響で7歳から卓球を始め、青森山田中学時代の2009年横浜市で開催された世界卓球選手権個人戦に日本男子史上最年少で代表に選出され、予選を勝ち上がり本戦でも1勝あげた。2011年にバーレーンで開催された第9回世界ジュニア選手権大会の男子シングルスで優勝し、2012年世界卓球選手権団体戦で代表に選ばれ、日本の銅メダル獲得に貢献。2013年の全日本卓球選手権でシングルス、ダブルスの両部門で初優勝。2013年4月からは明治大学に入学し、2014年5月に東京で開催された世界卓球選手権・団体戦で銅メダルを獲得し、翌2015年の世界卓球選手権・男子個人戦ダブルスでも銅メダルを獲得した。昨年、2016年日本代表としてリオデジャネイロ五輪に出場、男子シングルスベスト8入賞、男子団体銀メダル獲得。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマト卓球株式会社 >
  3. 卓球男子日本代表 丹羽孝希選手モデル超攻撃卓球を可能にするラケット新発売