ドローン目視外運用を見越した、次世代リアルタイム気象観測システムの運用開始について

従来の天気予報とは異なるリアルタイムの気象情報を全国に先がけ瀬戸内海エリアで提供開始

株式会社かもめや(代表取締役CEO / 小野 正人・香川県高松市)は、リアルタイム性重視の次世代気象観測システム(開発コードネーム:KAZAMIDORI:カザミドリ)を、全国に先がけ、瀬戸内海エリアで運用開始いたしました。
これは、離島や山間部における無人航空機(ドローン)運用の規制緩和を見越して、目視外飛行を行う際に必要となる、飛行ルート上の気象状況の把握に利用するものです。

2018年9月以降、法人ユーザさま向けに、月額 3000円~5000円/月・局(※)で、レンタル・リースを予定しております。レンタル・リースされた気象観測装置で取得したデータは、法人ユーザさまが専用アプリで個別に閲覧する事ができます。

(※)料金は リース・レンタル、最低利用年数、タイプ により変動いたします。

取得したデータはクラウドシステム上に蓄積され、今後、当社で開発中の統合型運行管理システムへの連携や、API接続サービスでの提供も予定しております。

○想定される活用シーン(例)

・屋外ドローン練習場・ラジコン飛行場における安全管理。
・工事・作業現場、イベント会場における安全管理。
・旅客・運送事業における安全管理。
・自然災害等に備えた、防災・安全管理。
 

 

【専用アプリ:KAZAMIDORI】
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/kazamidori/id1401822202?mt=8

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=cloud.kazamidori

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社かもめや(広報担当):pr@kamomeya-inc.com

【かもめやについて】
株式会社かもめや(代表取締役CEO/小野 正人)は、陸・海・空の無人物流機を組み合わせた、本土と離島間の無人物流プラットフォームの開発を目的に香川県高松市で設立されました。これまでKamomeAirプロジェクトとして、2015年1月18日に日本初の長距離(8km)海上貨物輸送実証実験に成功し、また2015年9月15日には物資輸送・遠隔医療及び医薬品輸送・危機管理の3分野複合実証実験に参加し、無人機による海上物資輸送の国内最長記録(片道10km:往復20km)を達成しています。これらの実験費用は、READYFOR? クラウドファンディング等を通じて支援をいただき、1,116,000円の資金調達に成功するとともに、READY FOR OF THE YEAR 2015「READY FOR Local CHALLENGE」や、香川大学主催の香川ビジネス&パブリックコンペ2015「地域公共部門 グランプリ」を受賞しています。

株式会社かもめや公式Webサイト
http://www.kamomeya-inc.com/

KamomeAirプロジェクト公式Webサイト
http://www.kamome-air.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KAMOMEYA >
  3. ドローン目視外運用を見越した、次世代リアルタイム気象観測システムの運用開始について