【知ってる?電力の地産地消】鳥取県鳥取市「再生可能エネルギーの宝庫」鳥取県の資源を最大限生かす 「株式会社とっとり市民電力」の取り組みとは

 2019年11月より、10年間とされていた住宅用太陽光発電の固定価格による買取が順次満了します。
満了を迎える(卒FIT)方の満了後の余剰電力の活用の選択肢として、地域で発電した電力を地域で消費する「電力の地産地消」という一つの選択肢が注目されています。
 今回、「電力の地産地消」に力を入れている鳥取県鳥取市にある、「株式会社とっとり市民電力(以下、とっとり市民電力)」の取り組みを紹介いたします。

  • 「とっとり市民電力」の設立
 雄大な土地を生かした日本最大級のメガソーラーや風力発電、豪雪地方ならではの雪氷熱利用など、「再生可能エネルギーの宝庫」である鳥取県では、土地が生み出す資源を最大限に生かすべく、再生可能エネルギーを積極的に導入しています。こうした取り組みの先陣を切るべく、2015年に鳥取市と地元企業である鳥取ガス株式会社(以下、鳥取ガス)の共同出資のもと、とっとり市民電力は設立されました。
 
  • 「地域のため」に共鳴
 「鳥取ガスはこれまでエネルギーやサービスを提供することで地域の方々のニーズに応えてきました。ところが人口減少にともない撤退する企業が増え、このままでは地域が衰退してしまうと危機感を抱くようになったのです」と、とっとり市民電力の武田氏は語り、鳥取市の保木本氏も、同じ課題を感じていました。
 しかし、3.11の震災以降、電気料金を維持している中国電力管内に単独で立ち向かうのは極めて厳しく、そこで、地元民間企業と自治体が力を合わせることで、地域の活性化を現実のものにできるのではないかと、鳥取市に声をかけ、とっとり市民電力は設立されました。
 
  • 再生可能エネルギーを視覚的にとらえる取り組み

 とっとり市民電力の事業は、電気の小売だけではありません。「電力の地産地消」の実現に向けて鳥取ガスと共に自社の電源開発にも取り組んでいます。2016年には「東郷太陽光発電所」を、2017年には「秋里下水処理場バイオマス発電所」を設立し、このプロジェクトは今後も継続的に推進する予定です。そんなとっとり市民電力が、現在最も力を入れているのが「電源の見える化」システムの構築です。
 とっとり市民電力は「電源の見える化」を2020年度以降、
市内にある6校の小学校に試験的に導入してもらうことを第一目標にしています。
 本事業は産学官連携(鳥取大学工学部や民間企業など5団体)によるコンソーシアム「Re:visible」(アールイー・ビジブル)を結成し、取り組みを行っています。企業にも導入してもらい、将来的には一般家庭でスマホやパソコンから「いつ」、「誰でも」アクセスして確認できることを目指しています。
 さらに、将来的には、卒FIT家庭は自宅で発電した電気がどこで消費されているかを見ることも可能にし、今後は、子どもたちに興味を持ってもらえるようエネルギーに関する出前授業を教育機関で開催することも検討しています。
 
  • 鳥取の未来に向かって
 鳥取は多くの地域と同様に、高齢化と若年層を中心とした県外流出による人口減少を課題としており、とっとり市民電力の「電源の見える化」がこの現状を変えるためのきっかけになる、と保木本氏は語りました。
つづけて、「子どもたちは、鳥取の未来を担う大切な存在です。人口がどんどん減ってしまう理由は『鳥取は何もなくてつまらない』と思われているから。しかし、実際は何もないわけではなく、地球環境を考えた先進的な取り組みに力を入れています。『自分たちの町ではエネルギーを地産地消しているんだ』、『次世代を担う魅力的な事業に挑戦しているんだ』という誇りが生まれれば、もっと鳥取を好きになってもらえるのではないかと思っています」と鳥取の未来に若年層の存在は必要不可欠であると強調しました。
 
  • 電力の地産地消とは
 電力の地産地消とは、農産物の地域生産・地域消費とおなじく、地域で生産された電気をその地域で消費することです。
 電力の地産地消では、地元で作った電気を使用するため送電距離が短く、送電ロスは大幅に軽減することが可能です。また、地元の企業が電気の小売り事業を行うので、地域経済の活性化に期待できるのも大きく期待されています。
 
  • 卒FITとは

 卒FITとは、太陽光発電で自家発電をしていた際に、残った余剰電力の固定価格買取制度(FIT)を利用して売電していた家庭が、2019年より固定価格での買取期間が順次満了することです。
 これまでは電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束しておりましたが、その期間は10年間と定められており、2019年11月より固定価格での買取期間が満了となる家庭が2019年時点で53万件ともいわれ、卒FITの今後の展開が注目されています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 知ってる?電力の地産地消 PR事務局 >
  3. 【知ってる?電力の地産地消】鳥取県鳥取市「再生可能エネルギーの宝庫」鳥取県の資源を最大限生かす 「株式会社とっとり市民電力」の取り組みとは