クラウドファンディングを含めた日本初上陸キャンペーンを通じて、売り上げが2200万を突破しました。

令和を代表する商社として、世界各国の良き伝統工芸・文化・体験を日本へ今後もお届け!

ゲルジャパン(運営会社:合同会社Eifer)が実施しているクラウドファンディング「暮らすように使える“ゲルテント“」が10月22日を以て終了。日本初上陸キャンペーンを通じて、売り上げが2200万を突破しました。
今後は、令和を代表する商社として、皆様にケニア、メキシコ、フランスなどなど世界各国の魅力的な伝統工芸・文化・体験を日本へオフラインにて届けていきます。
その拠点となる世界初の“オフィスとしてのゲル“も神奈川県葉山町にて10月オープン予定です。

合同会社Eifer(本社:東京都多摩市、代表取締役:野尻 悠貴)が8月11日から実施しておりました、クラウドファンディング「暮らすように使える“ゲルテント“」(https://bit.ly/3gMhKLm)が10月22日を以て終了しました。
当初の目標を大きく超える2000%を超えるご支援をいただきまして、日本初上陸キャンペーンを通じて、
2200万円もの売上を突破することができました。


ゲルテントは年内をめどに、順次発送を予定しております。
先んじてキャンペーンを通じてご購入いただいたお客様には、
カシミア製の靴下をプレゼントさせていただきました。
冬でも暖かいゲルテントでご利用いただけるように
カシミア製の商品展開を増やしていく予定です。


合同会社Eiferは”世界中の「体温を感じる」プロダクトを届けるD2Cブランド企業”として、今後もケニア、メキシコ、フランスなどなど世界各国の魅力的な伝統工芸・文化・体験を日本へお届けします。
通常は注目されにくい商品を日本の皆様向けに高い製品基準に引き上げ、世界で勝負できる産業を共創していきます。


今後の活動拠点となる世界初の“オフィスとしてのゲル“も神奈川県葉山町にて近日中にオープンする予定です。
ゲルテント並びに別荘型ゲルを日本の皆様に直接触れていただける場所になるので、足を運んで見てください

◆法人・自治体のお客様向けに
合同会社Eiferは、下記事業を実施しております。キャンプ施設の拡充、地方創生などにお困りの法人・自治体様がいらっしゃれば、お気軽にご連絡ください。
- ゲルおよびゲルテントの開発・販売
- 地域プロモーション事業
導入地域:北海道苫小牧市、千葉県富浦市忍者村、徳島県上勝村、熊本県阿蘇村など

◆記事リンク
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社EIfer >
  3. クラウドファンディングを含めた日本初上陸キャンペーンを通じて、売り上げが2200万を突破しました。