京都の人気回転寿司店「寿しのむさし」がTakeEatsを導入し京都市内でデリバリーサービス提供開始

需要の高まるお持ち帰りへの対応強化と、京都市内への配達サービスの本格導入へ

1997年京都で創業した回転寿司店「寿しのむさし」は、京都のベンチャー企業である株式会社ランプ(京都府京都市、代表取締役:河野匠)が開発・提供するテイクアウト予約システム[TakeEats]を導入しました。MKタクシーのタク配サービスと連携し、京都市内全域(一部エリアを除く)一律200円の配達料でむさしの寿司をご自宅でお楽しみいただくことができます。


■TakeEats導入の背景

現在、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大の防止の為、外出を自粛している人が多く、テイクアウトやデリバリーの需要は急増しています。
寿しのむさしでは、電話によるテイクアウトやデリバリーの受け付けを行っていましたが、店内飲食と並行しての対応は難しい状況でした。
そこで、店舗経営の効率化を図るとともに、システムを活用してお客様の利便性を高めることで、より多くのお客様にむさしの寿司をお楽しみいただけるようTakeEatsの導入が決定しました。

 


■寿しのむさしテイクアウト・デリバリーサービス概要
【導入店舗】
三条本店:https://musashi.take-eats.jp/
京都駅八条口店:https://musashi-8.take-eats.jp/
上堀川店:https://musashi-k.take-eats.jp/
※前日の19時までに要予約
※営業時間・お支払い方法は店舗によって異なります

予約は上記の各店舗のTakeEats注文ページより受付。事前にクレジットカードでの決済をすることで、スムーズに商品の受け取りが行うことができます。

また、「MKタク配サービス」をご利用いただくことで、支払い金額に関わらず一律200円(税込)で京都市内全域にお届けします。
※以下のエリアはMKタク配対象外となります。
<北区>中川・小野・杉阪・真弓・大森・雲ヶ畑
<右京区>京北・嵯峨清滝・嵯峨水尾・嵯峨越畑・嵯峨樒原
<左京区>花脊・広河原・久多・大原


■TakeEatsとは

 


「TakeEats」は飲食店向けのテイクアウト予約/決済プラットフォームです。
店舗ごとにオリジナルページの作成を行い、管理画面から商品を登録することで受注を管理できます。
初期導入費・月額利用料は無料で、利用ユーザーから任意の支援金を受け取ることができる「お気持ちオプション」をはじめとしたオプションも利用できます。
(クレジットカード払いでの決済の場合のみ手数料3.6%が発生)

「TakeEats」サービスサイト:https://system.take-eats.jp/
店舗デモページ:https://demo.take-eats.jp/shop
管理画面デモページ:https://demo.take-eats.jp/admin/


【TakeEatsの特長】


特長1:初期費用・月額費用0円
初期導入費・月額利用料はすべて無料でご利用いただけます。
費用はご注文時の決済手数料のみで、固定費はかかりません。

特長2:店舗オリジナルページを作成可能
1つ1つの店舗にURLを発行し、ホームページのように運用いただくことが可能です。
SNS等から直接購入ページに来ていただくことも可能です。

特長3:売上げアップの仕組みを提供
GoogleMapとの連携やTakeEats公式店舗検索サイトへの掲載、SEO対策など、独自サイトならではのプロモーションが可能です。
別途広告費用を掛けることなく、集客を行うことができます。


【会社概要】
会社名:株式会社ランプ
URL:https://lamp.jp
代表者:代表取締役 河野 匠
所在地:京都府京都市中京区下妙覚寺町195 KMGビル4F
設立:2017年2月(創業2011年5月)
事業内容:WEBマーケティング事業、訪日インバウンド事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランプ >
  3. 京都の人気回転寿司店「寿しのむさし」がTakeEatsを導入し京都市内でデリバリーサービス提供開始