Azmee Inc. は、Embedded AI を搭載した特殊車両用の「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】を発売します。

〈Safety2.0 レベル1〉コンポーネント認証(※1)を取得し協調安全領域に展開する特殊車両に簡単に装着できます。

Azmee Inc.(名古屋市 代表取締役 堀内 雄一)は、Embedded AI 技術を搭載し、2020年3月2日に〈Safety2.0 レベル1〉コンポーネント認証を取得した「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】を2020年5月19日に正式に発売いたします。【ACUC-0002】は、協調安全領域を規定する〈Safety2.0 レベル1〉認証エリアに展開できない未認証の特殊車両であっても後付けで簡単に装着することで、認証エリアへの展開をすることが可能(※2)になります。

 


Azmee Inc. は、主力事業である Embedded AI システムの社会実装を進めるため研究開発を行っております。このたび、Embedded AI を特殊車両に向けて応用した新製品、「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】を2020年5月19日より発売し受注開始いたします。すでに2020年3月2日の認証の取得以降よりお問い合せをいただいており、約2000台/年の販売を見込んでおります。
 

●「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】の概要

安全AIカメラシステム安全AIカメラシステム

特殊車両が活躍する現場などクラウド型やエッジ型の「AI」システムでは実現困難であった建築・建設現場や災害復旧現場、工場・倉庫内などの非常に過酷な環境で使用される特殊車両においても、ディープラーニングの「認知・判断」能力を持たせて接触災害の低減や協調安全の実現を行うシステムです。

Embedded AIEmbedded AI

「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】は、学習モデルを専用開発したSoCに焼き込み、ネットワーク不要かつ低電力動作を実現し、小型のハードウェアに実装できる Embedded AI 技術だけが持つ特徴を生かし、耐環境・安全性能、そして「AI」に求められる検知能力を高度な水準で同時に満たしております。そして、ネットワークに依存しないことにより導入にかかるコストやランニングコストも他方式の「AI」システムよりも安価となります。

●​〈Safety2.0 レベル1〉コンポーネント認証を取得

Seafty2.0 認証マークSeafty2.0 認証マーク

「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】を既存車両に装着いただくことで、多くの特殊車両を保有するレンタル事業者様などが独自に〈Safety2.0 レベル1〉認証現場向け車両に対してアップグレードが可能となり、既存車両の価値を向上させることができます。導入事例として、「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】は清水建設株式会社様の「重機接触災害リスク低減システム(※3)」のシステムに組み込まれて災害低減の効果を認められております。

●今までのセンサーシステムではなしえなかった人間の「認知・判断」能力
特殊車両はオペレーターが多くの機械動作をコントロールしなければならず、どうしても車両周囲の状況を把握することは困難になります。特に、側方や後方はオペレーターが振り向いて確認するか、カメラ映像などの限定された視覚に頼ることになり、確認もれや見落としだけでなく確認したオペレーターの記憶に頼っており、正しく確認動作をしたあとに接近してしまった人や車両に衝突する事故が絶えない現実があります。

既存センサーシステムとの比較既存センサーシステムとの比較

「AI」はこれまでのセンサーシステムとは違い、検知エリアすべての対象物に対して警告を行いません。「AI」は人間と同じように検知エリアの「人・車両」に対して距離や接近速度などを「認知・判断」し、「危険性」を瞬時に見分けて警告を行います。これにより、既存センサーシステムシステムでは実現できなかった高度な警告動作が可能となりました。まるでカメラに専門の監視員が内蔵されているようなものとお考え下さい。

●Embedded AI によってキャリブレーションレス・装着が簡単

幅広い特殊車両に適合幅広い特殊車両に適合

これまでのセンサーやアルゴリズムによる安全システムは非常に複雑なシステムが多く、専門業者によって専門の機材を必要としたり、装着後にキャリブレーション(システムの複雑な初期設定)を必ず行わねばならないなど、多くの手間とコストが発生していました。Embedded AIでは特徴点を認知するというディープラーニングの特徴を生かし、最低限の装着基準を満たせば所定の検知能力を発揮できます。これにより多くの形状の特殊車両でも必要に合わせて簡単に装着が可能です。

ACUC-0002 の3眼カメラACUC-0002 の3眼カメラ

「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】は、3眼(左側方・右側方・後方)のAIカメラとそれぞれの警告ブザー(3か所)をセットとしております。また、それぞれのAIカメラを特殊車両の形態に合わせて単品(左側方・右側方・後方)で組み合わせて導入することも可能です。詳しい仕様などはお問い合わせください。
 

 

●側方用(左・右)

側方用カメラの動作側方用カメラの動作

側方用のカメラユニット(左:ACSL-00002, 右:ACSR-0002)は車両の前後方向に長いエリアを危険領域として認知します。オペレーターの死角となる後方からの人や車両の接近に対して警告動作を行います。対して、オペレーターの死角ではない前方からの接近は視認できており安全なため、警告動作を止め過剰な検知を防ぎます。

●後方用(前方にも転用可能)

後方用カメラの動作後方用カメラの動作

後方用のカメラユニット(ACRC-0002)は検知領域全般において危険を認知します。検知範囲へ近づく人や車両の接近と検知内の動きに対して警告動作を行います。対して、検知範囲から遠ざかる場合は安全なため警告動作を止め、過剰な検知を防ぎます。

●警告機器連携機能

警告機器連動機能警告機器連動機能

全てのカメラユニットはそれぞれ、危険を検知した場合に付属のブザーユニットからの警告音だけではなく様々な警告用の機器との連携も可能です。警告ライトやビームライトの点灯・点滅と連携することで、オペレーターだけではなく危険範囲に入った作業者へも退避警告を行うなどの運用も可能です。もちろん、オペレーターのモニター画面にも警告動作がわかりやすく表示されます。

●発進抑止機能

発進抑止機能発進抑止機能

後方用のカメラユニット(ACRC-0002)が危険を検知した場合、車両の発進抑止に利用することも可能です。検知範囲から危険が排除されるまで車両の発進を抑止することで発進前の安全確認忘れや見落とし、不意の近づきなどにも安全側へ対応させることが可能です。

●2次災害事故防止

2次災害事故防止2次災害事故防止

安全AIカメラシステムは走行・動作中に検知動作を停止します。これはオペレーターだけが「安全行動」をしなければならないという安全管理上の間違いを防ぐ目的の仕様です。例えば走行・動作中に検知があった場合に緊急停止するというルールを考慮なく現場導入し、荷役品が落下災害をおこしたり、登坂中に動力が無くなり滑落するなど、他の危険からの回避ができなくなる事例が多数報告されております。安全AIカメラシステムはこのようなより深刻な2次災害事故を防止するため、走行・動作に至った場合はオペレーターの判断を優先するように設計しております。「AI」は人間のように万能ではありません。必ず安全管理の原理原則に立ち戻り機械が走行・動作中の場合は、回避行動を取りやすい作業員側が機械の周囲に近づかない「安全行動」を行ってください。


●「AI」は広い検知範囲が期待でき、複雑な設定が不要で取付作業も簡単に行えます

検知範囲検知範囲

 

検知対象検知対象

ディープラーニング技術の学習によって得られた推論(アルゴリズム)である「AI」は、「人・車両」などの対象物の特徴を見分けるため、従来のセンサーシステムのように「キャリブレーション」など、面倒な作業が不要です。社内整備士やお付き合いのある整備業者様にて簡単に取付作業が可能で、また小型車両から大型車両既存車両まで現場の運用に合わせて柔軟に認知・判断能力を持ったシステムを構築できます。また、既存センサーシステムのアルゴリズムの弱点であった検知条件から外れてしまった場合、ただちに検知不能となる状況でも、認知可能な限り検知しつづけることができることも特徴です。

●警告音と警告画面

警告について警告について


●仕様(1台あたり)
電源:DC 12V もしくは DC 24V(10.8V〜28.8V 使用可能)
アース方式:マイナスアース方式
最大消費電流:250mA 以下
出力映像:正像(側方用)/鏡像(後方用)
撮像素子:1/3インチ カラーCMOSイメージセンサー
画素数:約31万画素(センサー部約130万画素)
画角:水平約180°/垂直約135°
IRカット:有り
最低照度:約0.1lx以上
S/N:約130dB(標準照度にて)
同期方式:内部同期
映像出力:NTSC方式準拠 1Vp-p(75Ω)
解像度:約350TV本
音量:約60〜75dB
音色:2.2kHz
検知照度範囲:60lx以上
検知対象物速度:対人 約8km以下
        対車両 約25km以下
動作温度範囲:-30〜70℃
保存温度範囲:-40〜85℃
防水構造:IP68(カメラ本体),IP67(ケーブルコネクタ)
外形寸法:41(W)mm×29(H)mm×38(D)mm(カメラ本体)
     61(W)mm×23(H)mm×43(D)mm(ブザー)
質量:600g(延長ケーブルなど含む)
ケーブル長:2.2m(カメラ本体)
      5.5m(延長ケーブル)
      1m(ブザーケーブル)
ヒューズ:1A(ミニブレード型)

●価格
全機種オープンプライスです。詳しくはAzmee Inc.もしくはお近くの整備業者様へお問い合わせください。
ACUC-0002 安全AIカメラシステムセット JAN:4580059640069
 単品:ACSL-0002:左側用安全AIカメラ:JAN:4580059640076
    ACSR-0002:右側用安全AIカメラ:JAN:4580059640083
    ACRC-0002:後方用安全AIカメラ:JAN:4580059640090

●Azmee Inc.(アズミー株式会社)

2017年6月に創業した名古屋市のハードウェアベンチャーです。Azmee Inc.はエッジ型「AI」システムの先にある、組み込み型「AI」である Embedded AI システムの先見性をとらえ、いち早い社会実装を実現することを目的としています。「全てのデバイスを知能化する」ことを実現するため、「AI」が持つ「認知・判断」能力をセンサーやアクチュエーターなどの小さなデバイスでも実行できるように研究開発だけでなく、販売までを一貫した体制で行っています。


※1 一般社団法人セーフティグローバル推進機構(IGSAP)が審査、認証を行います。
      2020年3月13日プレスリリースをご覧ください。
  (https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000031970.html
※2 装着後の車両を現場で展開し認証を行う場合は、必ず現場を管理監督する施工会社などとの連携を行ってください。
※3 清水建設株式会社様ニュースリリースをご参照ください。
  ・重機接触災害リスク低減システムが技術認証「Safety2.0」を取得
  (https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2020/2019048.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Azmee Inc. >
  3. Azmee Inc. は、Embedded AI を搭載した特殊車両用の「安全AIカメラシステム」【ACUC-0002】を発売します。