「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」展示会場を360度撮影した、臨場感溢れるVR空間が楽しめる「バーチャルエキシビジョン」を2022年7月15日(金)から公開開始

会場限定のオフィシャルグッズのオンライン販売も決定!※1 ―後期開催チケット7月23日(土)発売開始―

ブルーピリオド展製作委員会は、2022年6月18日(土)~9月27日(火)の期間、東京 天王洲 寺田倉庫G1ビルにて開催中の講談社の人気マンガ『ブルーピリオド』初の展覧会「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」(以下ブルーピリオド展)をパソコンやスマートフォン上でお楽しみいただけるバーチャルエキシビジョンを7月15日(金)に公開し、会場のみでの販売だったオフィシャルグッズのオンライン販売を7月下旬より開始します。※1
また、8月6日(土)以降の後期開催チケットを7月23日(土)より発売開始します。

■「ブルーピリオド展デジタル」にてバーチャルエキシビジョンが公開開始
会場以外でもブルーピリオド展を楽しめる「ブルーピリオド展デジタル」では、この度7月15日(金)より、パソコンやスマートフォン上にて展示内容を鑑賞することができるバーチャルエキシビジョンが公開されます。
バーチャルエキシビジョンは実際の展示会場を360度撮影した、臨場感溢れるVR空間の中、ブルーピリオド展を鑑賞できるデジタル展です。会場と同じく、三面シアターに映写される『青の渋谷シアター』が鑑賞できることはもちろん、個別に詳細を表示するポップアップ機能や拡大表示も対応した高画質VRにより、作品解説や展示作品のディテールまでじっくりと楽しむことができます。また、通常のチケット同様、音声ガイドを聞きながら鑑賞いただくことも可能です。いつでもどこでもブルーピリオド展を鑑賞できるバーチャルエキシビジョンで、心ゆくまでブルーピリオド展をお楽しみください。

※1:「ブルーピリオド展デジタル」のチケットをお持ちの方のみ、販売ページにアクセスできます。
        7月15日(金)より、公式図録と複製原画のみ購入可能です。


■『ブルーピリオド展』オリジナルグッズがオンラインにて販売開始 
※各商品には購入制限が設けられる場合もございます。

『ブルーピリオド』の世界が何倍も楽しくなる、ブルーピリオド展の公式図録『ブルーピリオド 公式ビジュアルブック ~アートって、才能か?~』や、作者の山口つばさの描き下ろしイラストを使用したグッズ、マンガート ビームスとのコラボグッズなどの、会場のみでの販売だったオリジナルグッズが7月下旬より「ブルーピリオド展デジタル」でも販売開始されます。会場でも人気のアクリルスタンドやリングノートなど、オフィシャルグッズを手もとに「ブルーピリオド展デジタル」をお楽しみください。

●リングノート 全2種 各550円

●イーゼル付きアクリルキーホルダー 825円

■「ブルーピリオド展デジタル」コンテンツ
ブルーピリオド展デジタルのチケットを購入された方は、バーチャルエキシビジョンだけではなく、会場では観ることができないスペシャル動画を視聴することができます。遠方にお住まいの方や学校や仕事で忙しい方、または実際の会場にご来場後、余韻に浸りたい方などすべての人が、いつでもどこでもブルーピリオドの世界、アート・美術の世界を楽しんでいただけるようなデジタルコンテンツをご用意しています。※2

・川島明の「ブルーピリオドが好きすぎて」

大のブルーピリオド好きである出演者たちが、あのシーン、あのセリフについてアツく語りあう激論バラエティ。吉本興業で働きながらも藝大に一発合格した”リアルブルーピリオド’’こと、川島さんの元マネージャーも特別出演します。
出演者:麒麟 川島明、パンサー 向井慧、おかずクラブ ゆいP、ほか。

・私も八虎になりたい!美術予備校体験

三人の出演者が新宿美術学院講師から基礎を学び、最終的に油絵で自画像を描くストーリー。そもそも自画像について考えることから始め、最終日に上手に仕上げることができるのか?
出演者:大家志津香、五十嵐亮太、リンダカラー∞ Den

・マル秘公開!山口つばさ&インタビュー

山口つばさ先生の部屋に潜入し、ブルーピリオドの制作現場に密着。制作過程がわかるタイムラプス動画やスペシャルインタビューなどを公開!必見です。※会場内にて上映中

※2:会期中に、随時コンテンツは追加されます。詳細は公式HP・SNS等でご確認ください。
        デジタルコンテンツは、1回のご購入で10月27日まで何度でもお楽しみいただけます。

■開催概要
展示会名:「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」
会期  :2022年6月18日(土)~9月27日(火)
(前期:6月18日(土)~8月5日(金) 後期:8月6日(土)~9月27日(火))
時間  :10:00~20:00 ※最終入場は閉館時間の30分前まで
会場  :東京 天王洲 寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川2丁目6−4)
主催  :ブルーピリオド展製作委員会
(講談社、電通、TBS、凸版印刷、チケットぴあ、サニーサイドアップ、BS-TBS、電通LIVE)
協賛  :TikTok、寺田倉庫株式会社
後援  :品川区
協力  :ArtSticker、新宿美術学院、SCRAP
オフィシャルホームページ:https://blueperiod-ten.jp/
ご掲載の際のお問合せ先 :050-5541-8600(受付時間 9:00~20:00)
             customer@blueperiodten.com
コピーライト:本展示における関連画像を使用する際は必ず下記のクレジットをご記載ください。
       ©山口つばさ/講談社/ブルーピリオド展製作委員会

■チケット情報
オフィシャルホームページ(https://blueperiod-ten.jp/)よりチケット購入ページを案内。会場で楽しみたい方、オンラインで楽しみたい方、両方で楽しみたい方それぞれに向けたチケットをご用意しています。

〈会場で楽しみたい方〉
・ブルーピリオド展入場券
寺田倉庫G1ビルで開催される「ブルーピリオド展」の入場チケットです。
一般 2,000円/高校生・大学生 1,400円/小学生・中学生 900円

・音声ガイド付き入場券
一般 2,700円/高校生・大学生 2,100円/小学生・中学生 1,600円
※音声ガイド単品での追加購入 800円

〈オンラインで楽しみたい方〉
・ブルーピリオド展デジタル
会場へ行けなくても、バーチャルエキシビジョンやスペシャル動画など、複数のデジタルコンテンツが楽しめます。
会期中に、随時コンテンツは追加されます。詳細は公式HP・SNS等でご確認ください。
デジタルコンテンツは、1回のご購入で10月27日まで何度でもお楽しみいただけます。
共通 1,500円
※音声ガイドを含みます。

〈会場とオンライン両方で楽しみたい方〉
・特別チケット
「ブルーピリオド展」と「デジタルコンテンツ」の両方がセットで楽しめる、お得なチケットです。
一般 3,300円/高校生・大学生 2,700円/小学生・中学生 2,200円
※音声ガイドを含みます。
※表記はすべて税込です。

■ブルーピリオドとは
山口つばさによる漫画。「月刊アフタヌーン」(講談社)にて連載中(コミックスは最新12巻が好評発売中!)。2020年にはマンガ大賞を受賞し、2021年にはMBS・TBS系列にてTVアニメ化。2022年3月に天王洲 銀河劇場にて舞台化を果たした。

■物語のあらすじ
成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎は、ある日一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す。

■ステートメント
ブルーピリオド展 〜アートって、才能か?〜

絵が上手いことは、才能か。
藝大に行くひとは、天才か。
いや、毎日必死で、手と頭を動かし続けた結果だ。
評価される絵には、法則がある。
受かる絵にも、基準がある。
でも、法則だけが、基準だけが、美術の全てではない。

漫画『ブルーピリオド』は、
そんな答えのない美術の世界にのめり込んだ
高校生の八虎とその仲間たちの物語。

作中絵画や没入型シアターなど、
藝大を目指す道のりを追体験する展示から、
名画解説などのアートを
身近に感じることができる展示まで、
さまざまな企画を通して
ブルーピリオドの世界に迫っていく。
新しいブルーピリオドとの出会い、
そして、新しいアートとの出会いが、今はじまる。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブルーピリオド展製作委員会 >
  3. 「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」展示会場を360度撮影した、臨場感溢れるVR空間が楽しめる「バーチャルエキシビジョン」を2022年7月15日(金)から公開開始