株式会社クオンタムソリューションズは、株式会社FOMMと合弁契約を締結し、合弁会社を設立することが決定


株式会社クオンタムソリューションズは、2021年7月12日付で開示した「株式会社FOMMとの資本・業務提携に関するお知らせ」において、株式会社FOMM(以下「FOMM社」という。)と資本・業務提携(以下「本資本・業務提携」という。)契約を締結したことはお知らせいたしましたが、それに加えて、2021年8月24日付で、FOMM社と合弁契約を締結し、合弁会社を設立することを決定いたしましたのでお知らせいたします。

1. 合弁会社設立の目的

本資本・業務提携では、当社グループがFOMM社に対して出資する予定ですが、FOMM社との協議等の結果、それに加えて中国におけるEV(電気自動車)の生産体制及び販売体制の構築・整備をより迅速に行うため、当社グループとFOMM社との間で、香港に合弁会社を設立(商号:Quantum FOMM Limited、以下「新会社」という。)することで合意し、新会社を中心として、中国国内での、EV生産体制及び販売体制の構築・整備を行っていくことといたしました。新会社への出資は、当社グループとしては、当社の100%子会社であるAsia TeleTech Investment Limited(以下「ATT」という。)から直接行う予定であり、FOMM社側からは、FOMM社本体から行う予定です。

2. 本資本・業務提携の目的・戦略等

(1) 短期的(12カ月)施策
FOMM社で現在生産している既存の「FOMM ONEモデル」を小幅に改良したFOMMの車両をできるだけ早く中国で量産することを検討します。その際、中国の効率的なサプライチェーンを活用して生産コストを可能な限り削減することを実現します。

生産コスト削減により販売価格の引き下げを行う予定であり、それにより、新会社及びFOMM社の売上及び利益は比較的短期間(目標期間12カ月以内)で大幅に向上すると考えられます。

(2) 中期的(12~24カ月)施策
インターネットを使ったよりプレミアムで、人と車のインタラクションを備えた新型EVの発売を目指し、まずは、人口の多い中国の小規模都市や農村部の町を中心として中国市場に新型EVを投入します。

「人と車のインタラクションを備える」とは、人と人との対話、言語、しぐさ(ジェスチャー)、視線のやりとりと同様の作用を、同時にかつ相互的に組み合わせて、車との相互作用に利用するものを意味します。ドライバーは状況や背景に応じて望ましい操作モードを直感的に選択することができ、車両側が(ドライバーの)音声による指示、しぐさ、視線の方向を確実に検知し、これらを組み合わせることでそれらが意味するものを自動的に判断します。

FOMM社は、小型EVを生産しており(新型EVも小型EVの予定)、小型EVは、人口の多い中国の小規模都市や農村部の町の適しています。小規模都市や農村部の町の道路は狭く、通行が困難で普通の車では通過できない、車の扱いが難しいなどの問題があり、小型EVの大きな需要が見込まれます。

以上(1)及び(2)に関する当社意向を元に、現在FOMM社との間で鋭意協議中です。

3. 合弁会社の概要

 

 

4. 合弁会社の業績の見通し
新会社は、今後、中国本土(上海の予定)に子会社を設立し、EV生産体制及び販売体制の構築・整備を行っていく予定ですが、業績の見通しについては、現在精査中であり、見通しがつき次第、開示させていただきます。

5. 業務提携の相手先の概要

 


6. ATTの概要

 


7. 日程

 

 

 

※合弁契約締結前にATT持分比率100%にて新会社を設立し、契約締結後、FOMM社から新会社に出資をすることにより合弁会社とする予定です。

8. 今後の見通し
本件に関する業績への影響は、現在精査中です。精査完了後、開示が必要であれば、速やかに開示させていただきます。

【株式会社クオンタムソリューションズ 会社概要】
商号           :株式会社クオンタムソリューションズ(東証第二部 コード番号2338)
所在地        :東京都千代田区九段北1-10-9
代表者        :代表取締役 邵 贇
資本金        :2,559百万円
事業内容     :コンテンツ開発および配信
                    ソフトウェア受託開発
会社URL      :https://www.quantum-s.co.jp/

 

   
 Quantum Solutions Co., Ltd. Establishes Joint Venture with FOMM Company Limited

(23 August 2021) According to the announcement dated 12 July 2021 in respect of “Notice of Capital and Business Alliance with FOMM Limited”, Quantum Solutions (hereinafter referred to as the "Company") has agreed to form a capital and business alliance (hereinafter referred to as the “Capital and Business Alliance”) with FOMM Limited (hereinafter referred to as “FOMM”) and a joint venture agreement was signed today.

1.  Purpose of setting up the joint venture
Pursuant to the Capital and Business Alliance, the Group has agreed to invest in FOMM. After discussion, the two parties agreed to set up a joint venture in Hong Kong, namely Quantum FOMM Limited (hereinafter referred to as the “New Company ”), to manufacture and distribute electric vehicles in China, in other words to serve the two companies as a vehicle to tap the China market. Asia TeleTech Investment Limited (hereinafter referred to as “ATT”), a wholly-owned subsidiary of the Company, will contribute capital direct to the New Company whereas FOMM will contribute capital as well.

2.  Purpose and strategy of the Capital and Business Alliance

(1) Short term plan (12 months)
The New Company plans to start mass production in China as soon as possible after making minor adjustments to the FOMM’s existing vehicle model – “FOMM ONE”. The two parties expect production costs to be significantly reduced by leveraging the highly efficient supply chain in China.

With production cost lowered, selling price will follow, and correspondingly significant increase in sales volume is projected. Therefore, FOMM and the New Company can expect to see sales volume climb markedly within a short period of time (within 12 months).

(2) Medium-term plan (12-24 months)
To launch a new type of EV that allows people-vehicle interaction via the Internet, it will first be launched in the China market, mainly in small cities and rural areas with large populations in the country.

As an independent Japanese mini-electric vehicle brand, FOMM is going to target small towns and rural areas of China with an aggregate population of approximately 900 million. The major product of FOMM is mini electric vehicle, which is suitable for use in small towns and rural areas of China, where the population is large while the roads are narrow for conventional vehicles to navigate. Therefore, mini electric vehicles should have huge demand in those towns and areas.

3.  Joint Venture Companies Information

 

 

 

 

4. The financial results of joint venture
The New Company will set up a subsidiary in China (tentatively in Shanghai) to produce and distribute electric vehicles. Related financial results will be disclosed once they are available.

5. ​Overview of business partners

 


6. Overview of ATT

 


7. Schedule

 

 It is expected that the New Company will be established with 100% of ATT's shares. After signing a joint venture contract, FOMM will contribute capital to the new company after which the joint venture will be deemed set up.

8. Future valuation
The impact of this performance is being evaluated and all information will be disclosed as soon as possible after the detailed assessment.

【Quantum Solutions Co.,Ltd. Company Summary】
Company name   :Quantum Solutions Co.,Ltd.
(Second section of the Tokyo Stock Exchange Stock code:2338)
Address              :1-10-9 Kudan Kita, Chiyoda-ku, Tokyo Japan
Representative    :Chairman of the board SHAO YUN
Capital                :2,559 million yen
Businesses          :Content development and distribution
                             Software development
Company URL     :https://www.quantum-s.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クオンタムソリューションズ株式会社 >
  3. 株式会社クオンタムソリューションズは、株式会社FOMMと合弁契約を締結し、合弁会社を設立することが決定