ディヴァース、IoT連携の最先端手術室「SCOT」をVR空間で体験出来るデモを出展

7月12~14日開催「国際モダンホスピタルショウ2017」にて点群データ&3D4K360度動画によるVRデモ展示

 

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)は、2017年7月12(水)~2015年7月14日(金)に開催される、日本病院会/日本経営協会主催「国際モダンホスピタルショウ2017(開催地:東京ビッグサイト、開催日:2017年7月12日〜14日)」内、主催者企画展示「VR (Virtual reality)で広がる医療の未来」ブースにて、日本医療研究開発機構(AMED)と東京女子医科大学によるIoTと連携した最新のスマート治療室「SCOT(Smart Cyber Operating Theater)」の点群データ及び3D/4K/360度映像を、VRソフトウェア『SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)』を利用したVR空間でご体験いただけるデモを展示いたします。


【開催情報】
<国際モダンホスピタルショウ2017>
会場: 東京ビッグサイト(東京・有明)東展示棟、会議棟
日時: 平成29年7月12日~7月14日 10:00~17:00
主催: 一般社団法人 日本病院会/一般社団法人 日本経営協会
詳細: http://noma-hs.jp/hs/2017/

【SYMMETRY(シンメトリー)について】
SYMMETRY(シンメトリー)は、VR空間の中で「イメージ」「デザイン」の正確な確認を行い、円滑なコミュニケーションを可能にするソフトウェアです。3DCAD(SketchUp)・点群データに対応しており、VR空間内での直観的な操作が可能です。ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野です。
※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。

【DVERSE Inc.について】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。HMD/VR、による新たなクリエイティブ環境開発で、世界に新しい価値を創出して行きます。

【会社概要】
会社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)
所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)
設立:20014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL:http://dverse.me/

※ 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. ディヴァース >
  3. ディヴァース、IoT連携の最先端手術室「SCOT」をVR空間で体験出来るデモを出展