「NDP BOOK Lab. Workshop vol.2作品展示 ―本のパッケージについて考えてみる―」開催のお知らせ

2018年11月1日(木)~11月21日(水) 株式会社竹尾 青山見本帖

 日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社(以下、日本写真印刷コミュニケーションズ)は、紙の専門商社である株式会社竹尾(以下、竹尾)が運営するショールーム、青山見本帖において2018年11月1日から21日まで開催される「NDP BOOK Lab. Workshop vol.2作品展示 ―本のパッケージについて考えてみるー 」の展示作品および広告宣伝物の印刷に協力しています。

 本展の展示作品は、日本写真印刷コミュニケーションズ、竹尾、株式会社泰清紙器製作所(以下、泰清紙器製作所)の3社によるワークショップ「NDP BOOK Lab. Workshop vol.2 ―本のパッケージについて考えてみるー 」で生まれました。このワークショップは、参加者であるグラフィックデザイナーが、自分のお気に入りの本を包むパッケージ(箱)を制作することを目的としています。
 ワークショップでは、パッケージデザイナーの三原美奈子さんと、泰清紙器製作所 代表取締役の大木啓稔さんを講師として迎え、パッケージデザインをはじめパッケージづくりの基礎を学ぶ講義が行われました。その後、参加者は個別レクチャーを受けながら、約2ヶ月をかけてオリジナルのパッケージ制作に取り組みました。そして日本写真印刷コミュニケーションズでの印刷工場見学、泰清紙器製作所でのパッケージづくり実習を経験し、出来上がった作品を講評しあうというプロセスを経て、ワークショップは終了しました。
 日本写真印刷コミュニケーションズは本ワークショップのサポーターとして、高品質カラーデジタル印刷システム「NDP(Nissha Digital Printing)」を用いて、パッケージ印刷に協力しました。NDPで印刷された高品質で個性あふれるパッケージを、ぜひ展示会場でご覧ください。

【NDP(Nissha Digital Printing)の特長】
・小ロットで、かつオフセット印刷と同等の色調をフルカラーで再現
・さまざまな用紙の使用が可能で、美術本などに最適な風合いを表現
・大量・極小を問わず同品質の印刷物作成が可能

【展覧会 開催概要】
タイトル:「NDP BOOK Lab. Workshop vol.2作品展示 ―本のパッケージについて考えてみる―」
会期:2018年11月1日(木)〜2018年11月21日(水)
休館日:土日祝
開催時間:11:00~19:00
会場:株式会社竹尾 青山見本帖

東京都渋谷区渋谷4-2-5 プレイス青山1F

TEL 03-3409-8931
入場料:無料

【展示作品】
高橋 順 | KUZE VILLAGE 1984-85
山田 知子 | 文庫ばこ
藤吉 匡 | ねずみBOX
長澤 昌彦 | 時のドッグイア
相馬 敬徳 | Boîte de la plante
佐々木 響子 | 「ブルーノ・ムナーリ かたちの不思議」シリーズのための箱


【ワークショップ サポーター各社について】
日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社
代表者:代表取締役 村瀬 俊司
所在地:〒604-8551 京都市中京区壬生花井町3
創業:1929年
URL:https://www.nissha-comms.co.jp/

株式会社竹尾
代表者:代表取締役社長 竹尾 稠
所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-12-6
創業:1899年
URL:http://www.takeo.co.jp/

株式会社泰清紙器製作所
代表者:代表取締役 大木 啓稔
所在地:〒335-0033 埼玉県戸田市笹目北町14-6
創業:1965年
URL:http://www.taiseishiki.co.jp/index.html
  1. プレスリリース >
  2. 日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社 >
  3. 「NDP BOOK Lab. Workshop vol.2作品展示 ―本のパッケージについて考えてみる―」開催のお知らせ