クリエイターのクレジットデータベースBAUS、新たにWORKSフィード&フォロー機能を追加。

気になるクリエイティブワークスとの出会いをサポートする新機能が登場

株式会社モーフィング(東京都渋谷区・代表取締役 加藤晃央)は、本日2019年10月29日、クリエイターと制作クレジット情報を掲載するデータベース「BAUS」(https://baus.jp)の新機能をリリース致しました。今回はユーザーがお気に入りのクリエイティブに出会うための機能を追加。さらに便利で探しやすいサービスへと進化しました。「フルクレジット主義」を掲げ、すべてのクリエイターがオープンに繋がり、ベストなチームを組み、良いクリエイションを生み出せる世界を目指すBAUSは、今後もクリエイターのためのさまざまな新機能やサービスを提供して参ります。


クレジットは
載せるものから、使うものへ。


本データベースには、現在約20,000件のクリエイティブプロジェクトと、30,000人以上のクリエイター情報が登録されており、プロジェクト名やクライアント名、ジャンルなどで制作者情報を検索することができます。

今回新たに登場した機能は、気になるユーザーやジャンルの最新情報を受け取れる「フォロー&フィード」、自分だけのネタ帳的アーカイブを作ることができる「クリップ」。これらの機能により、検索以外の様々な方法でもお気に入りのワークスに出会うことができるようになりました。

他にも、クレジットを登録し、実績を貯める「プロフィール」やユーザーと直接やりとりできる「コンタクト」など使い方次第で広がる様々な機能を取り揃えています。クリエイターはもちろん、クリエイティブに携わるすべての人へ。BAUSはクレジットを載せるものから、使うものへとその価値を拡張させていきます。

BAUSの3つの新機能
  1. 一人一人に最適化された WORKSフィード
  2. 気になる情報を登録 フォロー
  3. 好きな作品を保存 クリップ

一人一人に最適化された WORKSフィード

最新のワークスやフォローしているお気に入りのクリエイターの作品が次々と画面上に流れてきます。一人一人のユーザーにカスタマイズされたフィードの登場で、膨大なクリエイティブワークスの中からお気に入りの作品を見つけやすくなりました。




気になる情報を登録 フォロー

「MusicVideo」や「Website」など気になるジャンルや好きなクリエイターをフォローできるようになりました。気になる情報をフォローしてワークスフィールドで最新情報を受け取ることができます。




好きな作品を保存 クリップ

CMやMV、ポスターなど気になるクリエイティブを見つけたら、クリップ機能でワークスをお気に入り登録できるようになりました。自分だけのネタ帳的アーカイブをつくって、お気に入りのクリエイティブをいつでも簡単に見返すことができます。




クレジットは制作活動の証明。実績と実力を可視化しクリエイターの「信用」をつくる

クリエイターにとって、クレジットは自分の制作活動の証明であり、責任を持って担当した役割の証明です。すべてのクリエイティブクレジットがオープンになり、蓄積されることで、今までどんな仕事をしてきたのか、誰と一緒に仕事をしてきたのか、その実績と実力が一目で理解することができるようになります。あらゆるクリエイティブに関わったすべての人がクレジットされる世の中へ。「フルクレジット主義」を掲げるBAUSは、ユーザーのみなさまと共にあらゆるクリエイティブのクレジットを集約し、オープンにしていきます。


▶︎クレジットにまつわるストーリーを著名人に聞く「ブレイクスルー・クレジットストーリー」
BAUS MAGAZINEで公開中。(https://baus.jp/magazine/story/8306


クレジットデータベースBAUS
https://baus.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モーフィング >
  3. クリエイターのクレジットデータベースBAUS、新たにWORKSフィード&フォロー機能を追加。