ビフォーアフターSNS「ビフォパ」リリース目前の穴熊、DMM VENTURES他複数の個人投資家より総額1,000万円強の資金調達を実施

ビフォーアフターSNSアプリ「ビフォーパープルアフターピンク(略称:ビフォパ)」のリリースを目前に控えた株式会社穴熊(本社:東京都千代田区、代表取締役:西村 成城)は、DMM VENTURES、飯島靖成、他個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額1,000万円強の資金調達を実施しました。

今回の資金調達により開発体制の強化及びサービス品質の向上を図ってまいります。
ビフォーアフターSNSアプリ「ビフォーパープルアフターピンク(略称:ビフォパ)」のリリースを目前に控えた株式会社穴熊(本社:東京都千代田区、代表取締役:西村 成城)は、DMM VENTURES、飯島靖成、他個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額1,000万円強の資金調達を実施しました。併せて飯島 靖成氏、小嶋 佳那恵氏、福島 星哉氏の三名が取締役に就任致しました。今回の資金調達により開発体制の強化及びサービス品質の向上を図ってまいります。



■ビフォーアフターSNS「ビフォーパープルアフターピンク(略称:ビフォパ)」について

ビフォパ」は、ビフォーアフターを参考にすることで不安なく化粧品の購入や美容院の予約ができることを目的としたビフォーアフターSNSです。

個人が新しい「じぶん」を見つけられる新時代のSNSを目指します。リリースを目前に控えており、リリースの際にはサプライズを用意しております。



■株式会社穴熊について

株式会社穴熊(https://www.anaguma.co.jp)は「人助け」を理念として掲げ、一方的な寄付やボランティアではなく、持続可能な仕組みを構築するというアプローチでの人助けを目指しています。助けが必要な人が生じる仕組み自体を再構築することで、寄付やボランティアに依存しない形での人助けを目指しております。
進化し変わり続ける世界において生じる困難を、私たちは仕組み構築というアプローチで解消していきます。



■コメント
株式会社穴熊 代表取締役CEO 西村 成城 氏


『ビフォーアフターSNSであるビフォパは購入・予約時の不安をビフォーアフターを参考にすることで低減させる新しいアプローチのサービスです。従来化粧品を購入する際や美容院を予約する際にはランキング、口コミサイトを参考にすることが主な方法でした。しかし時代は変わり、今や若い人を中心にSNSを参考にするようになってきています。この背景には、「お金を出せば上位表示される」等のランキングへの不信感や、口コミサイトをみてもモデルの画像や文章のみしか出てこないので参考にならないといったものがあります。
ビフォーアフターSNSによって「どんなものを、どんな人が使って、どうなったのか」が明らかになり、変化を生じさせる商品・サービスの購入・予約時において変革を起こすものと考えております。』

<代表取締役CEO 西村 成城氏 プロフィール>
小学1年生から3年生までシンガポール、 小学4年生から中学2年生までタイに居住。 プログラミングを学び1ヶ月で200万インストール超のアプリを開発。 これまで個人事業主として、 4つのプラットフォームサービスの構築及び運営、 20以上のスマートフォンアプリの企画立案、 開発、 運営を実施。 2018年1月に株式会社穴熊の設立を行う。

■会社概要
社名(英文社名):株式会社穴熊(Anaguma Inc.)
所在地:〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル12階
代表者:西村成城
事業内容:ビフォーアフターSNS「ビフォーパープルアフターピンク」、 家政婦の個人契約マッチング「家政婦のセルサポ」、 インフルエンサーマーケティングサービス「YAGURA」
設立年月日:2018年1月26日
URL: https://www.anaguma.co.jp/
メールアドレス:mail@anaguma.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社穴熊 >
  3. ビフォーアフターSNS「ビフォパ」リリース目前の穴熊、DMM VENTURES他複数の個人投資家より総額1,000万円強の資金調達を実施