Enjin公式アダプターが全世界で拡大中!Dvision NetworkがEnjin技術を採用、メタバース展開へ

NFT特化型ブロックチェーンプラットフォームを開発するEnjinは、ブロックチェーン・メタバース「Dvision Network」が、Enjinのエコシステムに参加したことを発表します。

2021年7月29日発表(東京)— この度、NFT(ノンファンジブルトークン)に特化したブロックチェーンプラットフォームを開発するEnjin Pte. Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、イーサリアムとバイナンス・スマートチェーンで構築された、韓国を拠点とするブロックチェーン・メタバース「Dvision Network」が、Enjinのエコシステムに参加したことを発表します。マルチチェーンプラットフォームに拡大するDvisionは、5つのブロックチェーンで動作する最初のメタバースとなることを目指しており、Polkadotや、Enjinが開発するEfinityと、カーボンネガティブ(炭素排出量より相殺量が上回る仕組み)なブロックチェーンであるJumpNetを統合する予定です。

Dvisionは、EnjinのプラットフォームとAPIを利用して、アバターや不動産、装飾品をNFTとして発行し、メタバースのキャラクターやワールドクリエイターに統合します。これにより、ユーザーはDvisionのキャラクタークリエイターを通じてユニークなアバターNFTをデザインし、好みのブロックチェーンで発行することが可能になります。その後、Enjinのブリッジネットワークを利用して、異なるブロックチェーン間でNFTをシームレスに移動させることができます。

また、不動産NFTを取得することで、Dvisionのメタバース内に自分の世界を作り、Dvisionのクロスチェーンの発行プラットフォームを使って家具や装飾品を作成し、設置することも可能です。

「私たちは、NFTの利便性を向上させる必要があると認識しています。イーサリアムベースのNFTでは、アイテムの作成や所持に大きなコストがかかり、ゲーム内の単純な取引に莫大な金額を支払わなければならないという問題がありました。Enjinの協力を得て、ユーザーが無料でNFTを作成できるようにし、負担となるガス代をかけずに、マーケットに価格を決めてもらうことができます。」
- Jung Hyun Eom / Dvision Network CEO

Dvisionはまた、NFTクリエイターやコレクターが自分の選んだブロックチェーン上で独自のNFT作品を発行・取引できるマルチチェーン・マーケットプレイスを構築し、ブロックチェーン・エコシステムの相互運用性をさらに促進します。

Dvision Networkに興味のあるユーザーは、7月29日~30日に開催されるLuniverse Partners Dayイベントで見学することができます。このイベントの後、チームは2021年第3四半期にクロスチェーンのメタバースを公開する予定です。

2021年6月以降にEnjin技術を採用した「Enjin公式アダプター」となる企業やゲーム開発会社は、「Dvision Network」を含め計6社となりました。また、「Pandemic Multiverse」は、旧「Tron Game Center」からブランドを変更し、TronからEnjinのエコシステムに移行しています。「Pandemic Multiverse」が開発する2つのゲーム、「Pandemic Shooter」と「Pandemic Space Combat」は、Enjinのガス代を無料化するブロックチェーン、JumpNetを導入します。

Enjinは、Microsoft、Samsung、エイベックス・テクノロジーズなどのパートナーを含め、55以上のプロジェクトと連携し、全世界でEnjin技術導入の拡大を続けています。直近では、Product Hunt、Microsoft、CoinMarketCap、SwissBorgなどのパートナーと協力してNFTに関連するキャンペーンやプロジェクトを実施しています。

Enjinが開発するPolkadotを用いた次世代型NFTブロックチェーン、Efinityの2021年内ローンチに向け、Uniqly、Dvision、Unbound Finance、DropsなどのEnjinのパートナーがEfinityを導入予定であることを発表しています。

以上

Enjinについて
Enjinは、誰もが簡単にブロックチェーンとNFTを活用できる、スケーラブルで相互運用可能なブロックチェーン・エコシステムの開発を進めています。エコシステムには、Enjin Platform・Enjin Marketplace・Enjin Wallet・Beamが含まれ、これらの製品は、ブロックチェーンゲーム、アプリケーション、企業プログラム、革新的なマーケティングキャンペーンなどに幅広く活用されています。詳細に関しては、弊社ホームページ(https://enjin.io)をご覧ください。

Dvision Networkについて
Dvision Networkは、ユーザーがイベントやゲームなどのメタバースコンテンツを簡単に体験できるよう、ウェブベースのリアルタイムストリーミングによる3D VRメタバースサービスを提供しています。ディビジョンのプラットフォームでは、開発の専門知識がなくても、誰でも簡単にNFTアイテムを作ることができます。ディビジョンのNFT取引システムは、クリエイターと消費者を仲介者なしに直接結びつけることで、マネタイズを可能にし、仮想世界と現実をつなぐ役割を果たします。これらの製品はすべて、Uniswap、Bittrex、Indodax、Bithumb、Coinone、PancakeSwapなどの複数の取引所に上場されているDvision Networkユーティリティー・トークンDVIを使用しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Enjin >
  3. Enjin公式アダプターが全世界で拡大中!Dvision NetworkがEnjin技術を採用、メタバース展開へ