VRソフトウェア開発のディヴァース、SYMMETRY alpha のバージョン1.2をリリース

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)は、「アイデア、イメージをVR空間で共有しコミュニケーションを可能にする」ビジネス向けソフトウェア『SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)』のバージョン1.2をリリースいたしました。
SYMMETRYオフィシャルサイト: http://www.symmetryvr.com/

このバージョン1.2では、全世界ユーザー数3,000万人を超える、建築、デザイン、教育分野等で幅広く利用される米国Trimble社の3DモデリングソフトSketchUp ( http://www.sketchup.com/ja ) のScenesとShadowsをサポートし、シーンに設定したレイヤーや日時を反映させることができるようになりました。主な追加機能は以下の通りです。

・Sketchup設定のScenes、Shadowsのサポート
・Daylight simulation機能による、日付、時刻の変更、太陽の光と影のシミュレーションに対応
・User Preferences機能による、音声認識の言語選択、Twitter連携設定等に対応

詳しくはSteam上のリリースノートもご参考下さい。
Support Sketch Up Scenes, Shadows function!

http://steamcommunity.com/games/585340/announcements/detail/1432559763636548482
 

 

Daylight simulation機能の様子

【SYMMETRY(シンメトリー)について】

SYMMETRY(シンメトリー)は、VR空間の中で「イメージ」「デザイン」の正確な確認を行い、円滑なコミュニケーションを可能にするソフトウェアです。3DCAD(SketchUp)に対応しており、VR空間内での直観的な操作が可能です。ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野です。

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。

【DVERSE Inc.について】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。ディヴァースは、VR/AR/MRと呼ばれる「xR領域」におけるイノベーションを加速していきます。

【会社概要】
会社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)
所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)
設立:20014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL:http://dverse.me/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンメトリー >
  3. VRソフトウェア開発のディヴァース、SYMMETRY alpha のバージョン1.2をリリース