「Yano Ring」を装着してゴルフをプレーした方の87%がフォームやアドレスの変化を実感、飛距離は平均8.06ヤードアップ!

つけるだけで足の横アーチを保持・修正・鍛えることができる実用新案保有の健康器具

 株式会社チャウティチャウカ(所在地:東京都品川区、代表:福岡尚人)が展開している、足につけるだけで”無痛”でゆがみをリセットするYano Ringでは、アマチュアゴルファーに装着してもらった結果、87%の方が装着するだけでフォームやアドレスの変化を実感したというデータが算出されました。またドライバーのティーショットでは、装着するだけで飛距離が平均8.06ヤードアップすることもわかりました。


 2018年7月、ゴルフ練習場にて、20代から50代の男女30名にYano Ring(http://www.yano-ring.com)を装着しての検証プレイに関して、以下の調査をおこないました。

調査1. Yano Ringをつけてのバランスチェック:つけた瞬間 84% の人が効果を実感!
 Yano Ringの装着前後にそれぞれ、体を捻転させたり、その場で足踏みをして体の左右のバランスをチェックしてみると、84%の方が可動域の広がりや、重心の安定感をすぐに体感しました。


調査2. Yano Ringをつけてのスインググチェック:87%の人がフォームやアドレスの変化を実感、飛距離は平均8.06ヤードUP!
 Yano Ringの装着前後にそれぞれ、スイングのチェックと、実際にドライバーでティーショットの飛距離を測定しました。スイングチェックでは、フォームやアドレスの変化をすぐに感じた人が84%となりました。
ドライバーでのティーショットでは、計測機器にGPRO社の「SKY Trak」を使用して、Yano Ringの装着前後でそれぞれ3球打った平均値を測定し比較したところ、装着後は平均して8.06ヤード飛距離が伸びるという驚きの結果となりました。

 


 Yano Ringは、足の横アーチを正しい形に保持することで 人間本来の「理想的な重心位置」に近づけることができる健康器具です。今回の調査では、横アーチを正しい形に保持することがゴルフのプレーにおいて「体幹が安定ししっかりと地に足がついた状態でアドレスを早く決めることができる」「ヘッドアップの原因となる体重移動を、バランス・軸が無意識的に補正されることにより、スムーズに行うことができる」「筋肉・筋膜の緊張が取れ可動域が広がり、飛距離のUPに大きく貢献できる」ことがわかりました。
 今回の調査で実際にYano Ringを装着してプレーした方からは、「下半身がしっかりするので、スイングの際の重心移動にすごくいいと思います。」(43歳男性、ゴルフ歴:6年、最高スコア:76 、飛距離:9.6ヤードUP)、「テイクバックからインパクト、そしてフィニッシュまでの体重移動がしっかりわかって一気に回転しやすくなりました。」(41歳男性、ゴルフ歴:10年、最高スコア:72、飛距離:28.5ヤードアップ)など、体重移動のしやすさと、スイングバランスや回転のスムーズさについて実感していただきました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社チャウティチャウカ >
  3. 「Yano Ring」を装着してゴルフをプレーした方の87%がフォームやアドレスの変化を実感、飛距離は平均8.06ヤードアップ!