ECサイトのデータ収集と分析をサポートするサービス「Pafit Analycy」の事前登録受付を開始

Pafit株式会社(本社:東京都新宿区)は、ECサイトのデータ収集と分析をサポートするサービス「Pafit Analycy」の事前登録受付を開始しました。
本サービスの事前登録をしていただくことで、サービス公開時にリリース情報をお送りします。

■ 事前登録フォーム
サービス公開時にリリース情報を受け取りたい方は以下のURLから事前登録をお願いいたします。
また、ベータ版を試したい方も事前登録をお願いいたします。
https://pafit.cc/analycy-lp/#pre_signup

■ Pafit Analycyについて


Pafit Analycyは、ECサイトのデータ収集と分析を簡単にするサービスです。
主に2つの機能を持ちます。
1. データ収集サポート機能
2. データ分析サポート機能


■ データ収集サポート機能について
データレイヤーを使用するためのコードを書くための開発コストを抑えつつ、Googleタグマネージャー(GTM)の設定時間を大幅に短縮できます。
Googleタグマネージャーの設定に詳しい開発者がいらっしゃなくても、データ収集を行うための設定を簡単に行えます。

1. データレイヤーの開発時間の短縮
商品IDや商品名、料金などをData Layerにプッシュすることをサポートします。
各サービスで商品の閲覧・カート追加・購入データなどを記録できるようになり、売上向上のためのデータ分析や広告配信の最適化に役立ちます。

2. ウェブサイトのGoogleタグマネージャーの設定を簡略化
本サービスで一括設定できるタグマネージャーのタグ・トリガー・変数の合計数は100を超え、設定時間を大幅に短縮できます。


■ データ分析サポート機能について
ECサイトでよく利用されているFacebook広告、Google広告などと連携することで広告レポートを自動で作成します。

1. サービス連携のみでレポートを作成
「Google広告」・「Facebook広告」・「LINE広告」・「Yahoo!広告」などとサービス連携を行うことで、Excelやスプレッドシートにまとめていた広告レポートが自動作成されるようになります。

2. レポートの作成・確認時間を短縮
各広告サービスのレポートをPafit Analycy内でまとめて確認できるため、確認時間を短縮できます。


■ サービスの利用想定
データ収集サポート機能
・商品や会社に対して注文・予約・お問い合わせがあるようなEコマース系サービス
・Purchase(購入)などのコンバージョンイベントをGoogleタグマネージャーで記録したいサービス
・Pafit Analycyを活用し、Google広告やFacebook広告などに商品ID(item_id)や商品料金(price)などを記録したいサービス

データ分析サポート機能
・Excelやスプレッドシートで広告レポートをまとめているサービス
・各広告サービスの配信結果を横断的に比較したいサービス


■ 今後について
今後は蓄積されたデータの自動分析や広告配信で簡単に活用するためのサービスを作ってまいります。


■ Pafit株式会社について
会社名:Pafit株式会社
代表者:村馬賢介
所在地:東京都新宿区高田馬場1丁目32番10号
ホームページ:https://pafit.cc/
お問い合わせ:https://pafit.cc/contact/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Pafit株式会社 >
  3. ECサイトのデータ収集と分析をサポートするサービス「Pafit Analycy」の事前登録受付を開始