Time InnovationがBeacon技術を用いたポイント事業におけるビジネスモデルの特許を出願致しました。 〜特許出願日:2019年3月13日〜

Time Innovation Pte.Ltd.(本社:シンガポール 代表取締役CEO:佐和田悠葵)は『世界中に存在する時間を共通の通貨に変える』という【時間革命】をコンセプトに、飲食店で過ごす時間やショッピングモールなどの商業施設で過ごす滞在時間等を『ポイント』として可視化するサービスを展開。
海外だけではなく、日本国内にも幅広く展開されるTime Innovationのポイント事業における革新的なビジネスモデルの特許を日本有数の特許事務所である「山本特許法律事務所」より特許庁へ特許の出願を行ったことを発表致します。
 

  • Time Innovationのビジネスモデルについて
本システムはBeacon技術を用いて、専用のアプリケーションからユーザの位置情報を特定し、店舗での滞在時間によってポイントを付与することができるサービスです。
ユーザはそのポイントを使用し、商品との交換や優待サービスを受けることができます。
また滞在時間によるポイント付与率を変動させることにより、ユーザの店舗滞在時間をコントロールすることが可能となります。(特許出願中)
※2019年3月12日よりTimeCoin・TimePointからChronoCoin・ChronoPointへ名称を変更。
 
  • Time Innovation Pte.Ltd.について
【シンガポール法人】
商号:タイムイノベーション株式会社 シンガポール法人 Time Innovation Pte. Ltd.
設立:2018年7月
従業員数:52名 ※役員も含む
住所:6 Eu Tong Sen Street, #11-20, The Central, Shingapore
事業内容:ChronoCoin(クロノコイン)の発行、アプリケーション・ブロックチェーンの開発
役員:CEO 佐和田 悠葵

【カンボジア法人】
商号:タイムイノベーション株式会社 カンボジア法人 Time Innovation Co.,Ltd.
設立:2018年6月
住所:No: #55,Street456,Sangkat Toul Tumpuong 1,Khan Chamkaemom, phnompenh.
事業内容:ICO販売に関する業務
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Time Innovation Pte. Ltd. >
  3. Time InnovationがBeacon技術を用いたポイント事業におけるビジネスモデルの特許を出願致しました。 〜特許出願日:2019年3月13日〜