海の自由研究フェス2020 -海と日本PROJECT- オンライン初開催!

2020年8月15日・16日

「未来を担う子供たちが、海の環境問題に向き合い、アクションを起こすきっかけを作る。」
全国各地で街のごみ拾いボランティアをおこなうNPO法人green bird(グリーンバード)は、8月15日・16日の2日間、「海の自由研究フェス2020」を初のオンラインで開催します。(このイベントは、“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。)
SDGsやレジ袋有料化など海の環境問題への関心も高まる中、未来を担う子供たちが海を身近に感じ、海を守るためのアクションを起こすきっかけづくりの場として、2018年よりスタートした「海の自由研究フェス」を今年は初のオンラインで開催。
 


おうちで過ごす日々が続く中、本イベントでは、おうちで海の生き物の生態や、その生き物に関わる環境問題を楽しみながら学び、体験できる様々なワークショップをご用意しています。オンライン開催により、全国各地の子供たちが参加可能となりました。

■イベント詳細
<ワークショップ>
(1)百年杉の端材で、輪ゴム鉄砲を作ろう!
(2)天然ウニも殻で、ランプを作ろう!
(3)新聞紙に色を塗り、ウミガメを作ろう!
(4)海の漂着ごみを調査し、海の生き物への影響を学ぼう!
(5)みつろうシートで、サンゴ礁の生き物を作ろう!
(6)カット材の材料で、海の立体カードを作ろう!

その他、温暖化や海洋プラスチックごみなど様々な環境問題を解説する動画や自宅で簡単にできるワークショップの動画をWEBサイト内で公開。

■イベント概要
イベント名:海の自由研究フェス2020
開催日:2020年8月15日(土)・16日(日) 
参加費:1講座500円
事前申し込み:有り
対象者:小学校1年生~6年生
URL:http://jiyukenkyu-fes.com
問い合わせ先:海の自由研究フェス運営事務局(株式会社グリーンアップル内)
TEL:03-6427-1085  Mail:event@greenapple.jp

■「green bird」とは
2002年に東京・原宿でスタートした街のごみ拾いボランティアをおこなう団体。
いつでも誰もが自由に参加できるスタイルが特徴で、
現在、国内外80チームを拠点に活動中。
合言葉は「キレイな街は、人の心もキレイにする」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人 グリーンバード >
  3. 海の自由研究フェス2020 -海と日本PROJECT- オンライン初開催!