VRソフトウェア開発のディヴァース、ゼンハイザーと共同でVR空間での立体音響シミュレーションの実証実験を開始

ビジネス向けVRツール『SYMMETRY』と立体音響技術『Ambisonics』を利用して、よりリアルな空間を再現

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (米国デラウェア州、 CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)と、世界的な音響機器メーカーであるゼンハイザージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保省三、以下「ゼンハイザー」)は共同で、VR空間の中の建築デザインデータに対し、その場にいるようなリアルな立体音響を再現することを可能にする立体音響シミュレーション及びコンテンツへの臨場感・没入感を高めエンタテインメント性を向上させる実証実験『PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト オムニヴァース)』を開始しました。

【PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト オムニヴァース)について】
VR空間において臨場感・没入感を高める要素として「視覚」の次に重要なもの、それは「聴覚」「触覚」です。ディヴァースとゼンハイザーは「聴覚」にフォーカスして、VR空間の中での立体音響シミュレーションの可能性を広げる実証実験を開始しました。それが『PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト オムニヴァース』です。

ディヴァースが開発・提供する、VR空間の中で「アイデア」「イメージ」「デザイン」のより正確な共有と確認を行い、円滑なコミュニケーションと意思決定を促進するVRツール『SYMMETRY(シンメトリー)』と、ゼンハイザーが開発・提供する前後左右上下を含んだ全周360°の空間全体の音場を再現する音響技術Ambisonics(アンビソニックス)を用いた『Ambeo VR Mic』、建物や構造物の反響の再現を可能にする残響特性信号『IR(Impulse Response インパルス・レスポンス)』及び収録された環境音を忠実に再現するだけではなく、新たな音源の追加・加工によるコンテンツへの没入感を高めエンタテインメント性を向上させるサウンドメイキングを組み合わせることにより、VR空間に最適化された立体音響の開発を行います。

将来的な利用として、ビジネス分野では不動産におけるマンション・戸建て住宅の室内環境、コンサートホールのデザイン・演出、店舗・オフィスデザインにおける室内音響の再現、エンタテインメント分野ではコンテンツ開発におけるハイエンドな音響演出、効果などを想定しています。


【ゼンハイザージャパン マーケティングマネージャー大澤広輔氏のコメント】
「ゼンハイザーは立体音響の分野におきまして、現在さまざまな展開を進めています。中でもVRにおける立体音響には大きな可能性があると考えています。たとえば、360°映像の音声収録・編集においては、原音を忠実に切り取ることだけでなく、製作者の意図によって拡大・縮小解釈を施したり、音源を付加したりすることで、より深いメッセージ伝達が可能になり、製作そのものの幅が広がることにつながります。PROJECT OMNIVERSEにおいて、立体音響の新しいあり方を提案していければと思います。」


【SYMMETRY(シンメトリー)について】
SYMMETRY(シンメトリー)は、VR空間の中で「アイデア」「イメージ」「デザイン」のより正確な共有と確認を行い、円滑なコミュニケーションと意思決定を促進するソフトウェアです。3DCAD(SketchUp)に対応しており、VR空間内での直観的な操作が可能です。ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野です。
SYMMETRYオフィシャルサイト:http://www.symmetryvr.com/

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。
 

【ゼンハイザーについて】
ゼンハイザーはドイツのオーディオ機器メーカーです。ヘッドフォンでは、世界トップクラスのブランドとして、音にこだわる一般愛好家の方々に高い支持を頂いております。一方、マイクロフォンでは、スタジオのレコーディングマイクやライブハウスやコンサートホールにおけるワイヤレスマイクなど、音のプロフェッショナルな方々にとって無くてはならない存在として認知され、利用されています。
 
【ディヴァースについて】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。ディヴァースは、VR/AR/MRと呼ばれる「xR領域」におけるイノベーションを加速していきます。


【会社概要】
会社名:ゼンハイザージャパン株式会社
所在地:東京都港区青山1-1-1(新青山ビル)
設立:2007年11月1日
代表者:代表取締役社長 久保省三
URL:http://www.sennheiser.co.jp/

会社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)
所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)
:〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-45-2 西参道Kハウス 4F(日本オフィス)
設立:2014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL:http://dverse.me/

※ 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
※ 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ディヴァース >
  3. VRソフトウェア開発のディヴァース、ゼンハイザーと共同でVR空間での立体音響シミュレーションの実証実験を開始