女性のワンナイトラブ、実態調査 実は衝動的・刹那的ではなかった一夜限りの恋 恋愛結婚学研究所による調査結果

2016年10月30日
株式会社BLUEBIRD
 


株式会社BLUEBIRD(本社︓東京都港区、代表取締役CEO・⼤⽊隆太郎)がコンサルティングを務める、20〜30 代⼥性向け、婚活/恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』を訪問するユーザーを対象に、恋愛結婚学研究所と共同で、一夜の恋(ワンナイトラブ)に関する調査をしましたので、結果をご報告します。

【調査結果】


最初に<【女性限定】ワンナイトラブについて ①今まで経験した回数は?>という設問で、ワンナイトラブの経験について確認しました。「0回(経験したことがない)」が464人で最多、回答者全体の38%を占めました。次に多かったのが「5回以上」で439人(36%)となりました。

このように、経験したことがない人と経験が多い人(5回以上の人)、の両端に分かれる結果となりました。経験したことがない人は、ずっと経験をすることはなく、一方で経験をしたことのある人は、何回でも経験する。つまり、ワンナイトラブは一度してしまうと心理的な抵抗がなくなり、何度でもしてしまう傾向があることが推測されます。

※2016年10月5日より2016年10月30日までの26日間の調査、1208人が回答
 


<【女性限定】ワイナイトラブについて ②相手はどういう人?>の問いについては、「婚活パーティで知り合った人」が231人(42%)で最多となりました。他はあまり差が見られませんでしたが、男友達が57人(10%)、SNS/出会い系サイトで出会った人が54人(9%)、同僚(上司・部下)が53人(9%)と続きます。

婚活パーティで出会った人が圧倒的に多いことについては、回答した愛カツユーザーにとって、出会いの場としては、婚活パーティの機会が多いと読み取れます。参加者が結婚を意識していて、婚活パーティ等で出会った相手と、親密さを深めようとして性交渉を持ったが、結局相手とはうまく合わず、交際には至らなかった、というシナリオが想像できます。

※2016年10月13日より2016年10月30日までの18日間の調査、545人が回答
 


<【女性限定】ワンナイトラブについて③ 初めてしたときの年齢>という設問では、最多の回答は41歳以上で271人(59%)、次いで18歳以下が59人(12%)と、これも両極に分かれる結果となりました。

41歳以上が圧倒的に多いのは、いくつかの要因が考えられます。一つは昨今、メディアの報道でも報じられる中高年層の恋愛の活性化が影響していると想定されます。もう一つは、前の設問で、婚活パーティで出会った人が相手として圧倒的に多かった事実から、真剣に婚活を検討する40代以上の女性が、相手と1回性交渉を持ったものの交際には至らなかった、ということが想定されます。

※2016年10月20日より2016年10月30日までの11日間の調査、459人が回答
 

 
最後に、<【女性限定】ワンナイトラブについて ④なぜしたの?いたったきっかけ>で、動機を確認したところ、最多を占めたのは、「相手と付き合いたかったから」で、53人(34%)でした。この結果から、明確に相手への好意があり、交際を希望している女性でも、結果的にワンナイトラブに終わってしまうケースが多いことが読み取れます。

ワンナイトラブという言葉は、衝動的・刹那的というイメージを抱かせますが、予想に反して、明確な相手との交際意志が存在するうえで発生するケースが多いことが分かりました。

※2016年10月24日より2016年10月30日までの7日間の調査、155人が回答

【愛カツについて】
愛カツはこれまで多くの恋愛の専門家たちによる「婚活・恋愛」に関する情報やコラムを掲載しており、現在、『Yahoo! BEAUTY』『TRILL』『ネタりか』『LINEニュース』『女子SPA!』『マイナビウーマン』『モデルプレス』『Google』『Gunosy』等、多くのメディアへの記事提供を行っています。

さらに専門家による「恋愛相談」、結婚相談所への資料請求ができる「愛カツ結婚相談」などのコンテンツも併設、加えて東京・赤坂に企画店舗として「リアル恋愛相談BAR」をプロデュース(※現在は企画終了)、著名人をゲストに迎えた「実践婚活セミナー」の開催などWEB&リアルの総合的なクロスメディア展開を行い、婚活/恋愛業界において常に新しい試みにチャレンジしています。
 



 写真:「愛カツ」ロゴ

【「愛カツ」サイト 概要】
名称:愛カツ(あいかつ)
URL:https://aikatu.jp
運営会社:株式会社TOBE

【恋愛結婚学研究所 概要】
機関名称:恋愛結婚学研究所(Love and Marriage Research Institution)
研究所長:新上 幸二
URL:http://lmri.jp
活動内容:
・各分野の専門家による恋愛・結婚に関する学術的研究
・各種団体/企業との共同研究
・研究成果の定期的な発表
 


 
写真:「恋愛結婚学研究所」ロゴ

【問い合わせ先】
株式会社TOBE(愛カツ運営会社)
TEL:03-6721-6526(代表)
Mail: info@tobe.tokyo
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BLUEBIRD >
  3. 女性のワンナイトラブ、実態調査 実は衝動的・刹那的ではなかった一夜限りの恋 恋愛結婚学研究所による調査結果