ディヴァース、NTT 東日本「スマートイノベーションラボ」と共同で AI × VR による実証実験を開始

建築デザイン業務の最適化、インフラ点検の自動化など社会課題の解決へ

ビジネス向け VR ソフトウェア「SYMMETRY (シンメトリー)」の開発を行う DVERSE Inc. (米国デラウェア州、 CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)は、東日本電信電話株式会社(以下「NTT 東日本」)が提供する施設「スマートイノベーションラボ」にて、AI (人工知能 以下「AI」)と VR による建築デザイン業務の最適化や、コンクリート等のひび割れ検出・予測・ビジュアライズ化によるインフラ点検の自動化を図る実証実験を開始しました。
【AI と VR による誰もが簡単に使える建築デザインソフトウェアの実現】
従来の深層学習を用いた 2D 画像認識とは異なり、3D モデルに対して深層学習を用いた認識を行います。これを VR に適用することで、 AI は VR 内に表示される物体の識別に加え、認識した物体の操作が可能になります。更に自然言語処理(注1)と組み合わせることで、「椅子の色を赤に変えて」「玄関のライトをもっと明るくして」「天井の高さを3センチ低くして」等、音声指示によって誰もが簡単に VR 内で見ている 3D モデルや建築デザインの確認・修正・提案を行えるシステムの実用化に取り組みます。

 

【AI と VR によるインフラ点検の自動化の実現】

ドローンなどで取得した画像をもとに高解像度の 2D 画像及び 3D モデルの生成を行います。それらのデータを学習させることで、コンクリートのひび割れ等の自動検出・予測を行います。従来では損傷箇所ごとにバラバラに記録されている写真や損傷状況を VR にマッピングすることで分かりやすく確認できます。これにより、将来的なインフラの自動点検と、作業工数の大幅な削減化の実現を目指します。

また、将来的にディヴァースは NTT 東日本通信ビル又はデータセンター内のサーバへ、 3D モデル・点群データ・店舗 POS データ・顧客行動データを深層学習を用いた認識処理を行い、これを格納し、エッジコンピューティングと VR の連携を図ることで、お客様にとってより価値の高いサービスの提供を目指します。

(注1) 人間が日常的に使用する言語をコンピュータを用いて処理させること。例としてスマートスピーカー等の音声認識があります。


【スマートイノベーションラボについて】
詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20180628_01.html

【SYMMETRY (シンメトリー) について】
SYMMETRY (シンメトリー) は、VR 空間の中で「アイデア」「イメージ」「デザイン」を鏡のように正確に相手に伝え、円滑なコミュニケーションと意思決定を促進するソフトウェアです。3D CAD (SketchUp) に対応しており、VR 空間の中での直観的な操作が可能です。ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野です。

SYMMETRY オフィシャルサイト: http://www.symmetryvr.com/

【DVERSE Inc. について】
2014 年 10 月 20 日に米国デラウェア州にて設立。VR/AR/MR と呼ばれる xR 領域と AI を活用した「AI-integrated xR」を加速していきます。

【会社概要】
会社名:東日本電信電話株式会社
所在地:東京都新宿区新宿3丁目19番2号
設立:1999 年 7 月 1 日
代表者:井上 福造
URL:https://www.ntt-east.co.jp/

会社名:DVERSE Inc. (ディヴァース・インク)
本社所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA
日本支社所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木 3-45-2 西参道 Kハウス 4 F
設立:2014 年 10 月 20 日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL:http://dverse.me/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ディヴァース >
  3. ディヴァース、NTT 東日本「スマートイノベーションラボ」と共同で AI × VR による実証実験を開始