LPWA通信を利用したIoT車両管理サービス「ヴィークルマップ」を発表

〜車両情報を地図上に可視化し、IoTで業務を効率化〜

IoTクラウドの提供で企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下IoTBASE)は、LPWA(Low Power Wide Area)通信を利用した車両管理サービス「ヴィークルマップ」を開発し、2019年9月より提供を開始することを発表いたします。

 
  • ヴィークルマップとは
ヴィークルマップは、車両の位置情報をリアルタイムに可視化できる車両管理サービスです。営業車や配送車などの位置情報をリアルタイムに表示できるほか、目的地登録やルート設定により配送ステータスを管理することができます。

https://iotbase.jp/application/vehicle-map/

マップ上での車両管理イメージ(※開発中)マップ上での車両管理イメージ(※開発中)

 
  • 開発の背景
企業のデジタル変革への注目が集まるなか、車両情報の可視化やデータ活用による業務効率化ニーズが増えています。これまで当社は、地図上に様々なIoT情報を表示する「スマートマップ」を提供してまいりましたが、お客様から頂く車両管理への高いニーズにお応えするため、「ヴィークルマップ」を提供することと致しました。ヴィークルマップは、既存のIoT地図サービスを拡張開発しているため、既存製品と比べリーズナブルな価格で、品質の高いサービスをご提供することができます。

 

 
  • ヴィークルマップの機能
(1)リアルタイム位置情報
 車両現在地を地図上に表示。
 移動履歴の確認も可能。

(2)目的地登録とルート設定
 目的地や拠点などの地点登録が可能。
 登録された目的地からルート設定も可能。

(3)配送ステータス管理
 ジオフェンス機能によるエリアIN/OUTによるステータス変更に加え、
 ドライバーアプリからのステータス変更も可能。

ダッシュボードと登録画面イメージ(※開発中)ダッシュボードと登録画面イメージ(※開発中)

 
  • ヴィークルマップの特徴
(1)IoTサービス実績を生かしたUI/UX
地図に特化したシンプルなUIで、ITに不慣れな方でも直感的に操作可能。
端末の数が増えても一括管理できる管理画面も搭載。

(2)マルチセンサー対応
GPS位置情報の他に温湿度など様々なセンサー情報も表示可能

(3)リーズナブルな価格設定
LPWA通信を利用し回線価格を抑えて低価格でご提供。

 
  • 今後の展開
IoTBASEはこれまで、企業のデジタル変革を支援するために、IoT特化のクラウドサービスを中心に様々なIoTサービスを提供してきました。今後も本領域における知見を生かし、端末メーカーや通信会社と連携し、IoTを通じた企業のデジタル変革を支援してまいります。


IoTBASE株式会社概要
会社名:IoTBASE株式会社
URL:https://iotbase.co.jp/
代表者:代表取締役  澤和 寛昌
所在地:東京都豊島区南池袋2-35-10 レインボービル5F
主な事業内容:IoTシステムの企画・開発・提供及びコンサルティング

【プレスのお問い合わせ先】
IoTBASE株式会社 担当:山崎
TEL:03-4405-4928 E-mail:contact@iotbase.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. IoTBASE株式会社 >
  3. LPWA通信を利用したIoT車両管理サービス「ヴィークルマップ」を発表