若年層のマーケティング担当者必見!Twitter広告は認知、クリックされやすい!若年層はSNS広告に反応しているのか?若年層リサーチ2020年下半期版第二弾発表!

若年層(Z世代・ミレニアル世代)のSNS広告に対する行動

株式会社Quark tokyo(クォーク トーキョー、本社:東京都品川区、代表取締役社長:楽々朝光)は、クリエイティブブティックであるQT by quark tokyo(キュー ティ バイ クォーク トーキョー)で運営するSORENA -若年層マーケティングアーカイブメディア-にて若年層(Z世代・ミレニアル世代)のYouTubeやTwitter等のSNSに関する利用調査、購買行動の意識調査を実施しました。

【URL】https://sorena.media/
 
■目的・背景

QT by quark tokyoはミレニアルズを中心とした、新しいマーケティングコミュニケーションが必要なターゲットに対して、最適化されたマーケティング戦略の立案とクリエイティブディレクション、そして制作プロデュースを行うクリエイティブチームです。様々なプロジェクトをサポートする際、若年層をターゲットにした施策を考えているクライアントに対し、リアルタイムで若年層の行動や興味関心を踏まえた提案をすることが重要になるため、本調査を行いました。

現在、SNS広告は媒体ごとに多くのプラットフォームの種類があり、それぞれのSNSのユーザー構成や特性から判断して、広告を出す媒体を決めるという状況になっています。

実際にユーザーは各SNS広告に対してどんな印象を抱き、どんな行動を取るのかを明らかにすることで、その広告の目的にあったSNS広告を選択できるはずです。

本リリースでは、若年層のSNS広告に対してのリアルな行動を調査し、明らかにしました。

■調査結果

今回主な調査対象としたメディアは「YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、LINE」。それぞれのSNSを利用している人を対象に、各SNS広告について以下の選択肢から回答を選んでもらいました。

・表示されている認識はあるが、きちんと見たことはない(インプレッション)
・画像/動画を見た(視聴)
・いいね/コメント/シェアをした(エンゲージメント)
・広告をクリックした(クリック)
・サイトやアプリストアを訪れた(コンバージョン)
・購入した(購入)
・見たことがない

表示されている認識はあるが、きちんと見たことはない(インプレッション


インプレッションはTikTok広告を除くほとんどの媒体で、50%強という結果になりました。
言い換えると、50%近くの人は広告が実際に表示されているにも関わらず、その存在を認識していないということになります。
媒体ごとの数値を見ると、僅差ではありますがTwitter広告が”54.4%”と最も認識されているということが分かりました。

広告をクリックしたことがある


LINE広告を除いて、6~8%の人が広告をクリックしたことがあるという結果になりました。
媒体ごとに見ると、Twitter広告が8.2%と一番クリックされており、次いでYouTube広告が7.6%という結果になりました。 

広告を見て購入したことがある


購入まで至る人は非常に少なく、Instagram広告を除いて2%以下という結果になりました。
媒体ごとに見ると、コンバージョンと同じくInstagram広告が2.4%と最も割合が高くなっていました。

本調査の詳細記事は下記をご覧ください。
https://sorena.media/article/757

まとめ

 各項目について、YouTube/Twitter/Facebook/Instagram/TikTok/LINEをそれぞれの順に並べると下記のような結果になりました。


各項目について、どのSNSが効果的であるかはそれぞれ結果が異なっており、各SNSの特性によって違いが表れていると考えられます。
全体を通して見ると、特にTwitter広告が人に見られやすく反応されやすいということがわかりました。

その他の調査結果に関しては、SORENAにて紹介しています。
https://sorena.media/

また最新記事の情報発信は、Twitterアカウントにて実施しています。
https://twitter.com/sorena_qt

■調査概要
調査名:2020年夏季実施 若年層のSNS広告への行動に関する定量調査
調査方法:オンライン調査(ネットリサーチ)
調査期間:2020年夏季実施
調査対象:15歳~24歳の男女800人
職業別に、高校生・大学生・社会人(公務員・自営業を含む)・その他/フリーター(主夫/主婦・パート/アルバイト・無職を含む)と分類し、それぞれ男女100人ずつに調査を実施しました。

《SORENA》について
SORENAは、2019年11月に株式会社Quark tokyoのクリエイティブブティックであるQT by quark tokyoが国内における若年層の最新トレンドの紹介、若年層をターゲットにしたプロモーション事例の紹介、そして各業界の若年層マーケティングにおける有識者へのインタビューなど、刻々と変わる若年層に関する最新のナレッジを集約した「若年層マーケティング総合情報サイト」です。

【会社概要】
■Quark tokyo 概要
名称:株式会社Quark tokyo
代表者:代表取締役社長 楽々朝光
所在地:東京都品川区西五反田7-7-7 SGスクエア7F
設立:2011年8月1日
資本金:3億円

事業内容:デジタルマーケティング戦略企画立案・コンサルティング/デジタルメディアの最適利用等に関するコンサルティング/Webサイト・デジタルコンテンツの企画、制作、配信・運営管理/動画広告その他すべての広告の企画、制作、配信・設計、運用管理/Webシステムおよびコンピュータを利用した情報処理および情報提供サービス/インターネットを利用した情報処理および情報提供サービス

URL:https://www.quark.tokyo/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
担当者:守屋、山越
メールアドレス:info@sorena.media
  1. プレスリリース >
  2. STROBOWRITES >
  3. 若年層のマーケティング担当者必見!Twitter広告は認知、クリックされやすい!若年層はSNS広告に反応しているのか?若年層リサーチ2020年下半期版第二弾発表!