「IT(情報技術)を駆使して市民のために『新しい』物語を」、タウンストーリー株式会社が新しいコーポレート・スローガンを制定

「地方議員向けタウン情報企画」を運営し、全国で100人を超える地方議員との契約数を誇るタウンストーリー株式会社が、新しいコーポレート・スローガンを制定し、発表いたしました。

地方議員と市民がコミュニケーションできることを目的とした地域密着型SNS「TownStory」(ベータ版)、「地方議員向けタウン情報企画」などを運営するタウンストーリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 日高光治)は、新しいコーポレートスローガンとして「IT(情報技術)を駆使して市民のために『新しい』物語を」を制定し、発表いたしました。

弊社の企画する「タウン情報誌」のイメージ図弊社の企画する「タウン情報誌」のイメージ図

「議員と市民がもっと良いコミュニケーションができる!」を合言葉とした地域密着型SNS「TownStory」、及び「地方議員向けタウン情報企画」を運営するタウンストーリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 日高光治)は、2016年7月7日の設立から、1年のあいだでに、100名を超える地方議員とのコラボによる「地方議員向けタウン情報企画」の立ち上げを開始するなど、急速な勢いで、地域社会に浸透しています。

これを踏まえ、弊社は、第2期にふさわしい、新しい「コーポレートスローガン」として、「IT(情報技術)を駆使して市民のために「新しい」物語を」を制定いたしましたので、お知らせいたします。

地方議員との契約数の急増に伴い、「モバイルシビックテックベンチャー」として、市場で独自の地位を築きつつあります。弊社は、会社設立以来、「議員と市民がもっと良いコミュニケーションができる!」を合言葉として、地方議員と商店街に店舗を持つ、多数の業種に携わる方々や、店舗を利用する市民とを結ぶプラットフォームが、日本中に出来上がることを目標に運営しており、すでに、商店街・中小企業向けには、社会保険労務士事務所とのコラボによる労務相談・補助金申請コンサルティングなどの事業を試験的に開始しているほか、地方議員と商店街がよりよりコミュニケーションをできるような、リアルとネットが融合したプラットフォームを開発しています。
 




■タウンストーリー株式会社
2016年7月7日に設立され、地方議員(注:一部、元職の地方議員、国会議員等の場合もあり)とコラボした「地方議員向けタウン情報企画」や、地域密着型SNS「TownStory」(ベータ版)などのメディア事業を運営しているモバイルシビックテックベンチャー企業です。主に地方議員とのコラボによる「タウン情報誌」の現在までの企画総数は、東京・千葉・埼玉・神奈川などの首都圏だけではく、栃木、茨城、群馬、大阪、兵庫、岡山、名古屋、静岡、新潟などにも展開し、ついに、累計地方議員契約者数が、100件を超えました。
設立 2016年7月7日
本店所在地 〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-14-4 バイファルビルディング日本橋3F
代表取締役 日高 光治
ホームページURL: http://town-story.com
「議員と市民がもっと良いコミュニケーションができる!」地域密着型SNS モバイルアプリTownStoryの登録方法ページ : http://town-story.com/registration.html
議員向けタウン情報企画の紹介ページ: http://www.town-info.net
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タウンストーリー株式会社 >
  3. 「IT(情報技術)を駆使して市民のために『新しい』物語を」、タウンストーリー株式会社が新しいコーポレート・スローガンを制定