太陽生命、「入院一時金保険」がさらに進化し、「手術保障保険」を新発売!

 T&D保険グループの太陽生命保険株式会社(社長 副島直樹)は、2021年9月1日より「入院一時金保険」のリニューアルに加え、「手術保障保険」を新発売しますので、お知らせいたします。

 医療技術の進歩により、入院日数は短期化傾向にあるとともに、従来は入院を伴っていた手術に関しても外来で行えるようになるなど、医療環境の変化にともない、医療保障に対するニーズは多様化しています。

 当社では、2019年11月に「保険組曲Best」の「入院一時金保険」の加入限度額を5万円から20万円に拡大するとともに、他の保障と組み合わせずに「入院一時金保険」のみでご加入いただけるようになりました。また、2020年9月からは、新型コロナウイルス感染症等にフォーカスした保険「感染症プラス入院一時金保険」を販売するなど、多様化するお客様ニーズにお応えしてきました。
 今般、「入院一時金保険」をさらに進化させ、加入限度額を20万円から30万円に拡大しました。これにより、当社で販売している保険に組み合わせることで、所定の生活習慣病や新型コロナウイルス感染症を含む所定の感染症等で入院された場合、最高60万円を準備することができます(*2)。
 さらに、「手術保障保険」を新たに発売します。「手術保障保険」は、「入院一時金保険」に組み合わせて加入でき、入院中・外来での手術にかかわらず最高20万円の手術給付金を準備することができます。これにより、当社で販売している保険に組み合わせることで、日帰り入院で手術を受けた場合でも最高80万円のお支払いが可能となり(*1)、より一層充実した医療保障をご提供できるようになりました。

■下記のURLから太陽生命の「手術保険」概要をご確認できます。
https://www.taiyo-seimei.co.jp/net_lineup/best/hospital_op/index.html

(*1)入院一時金保険および女性入院一時金保険(または生活習慣病入院一時金保険)をそれぞれ入院一時金額30万円、かつ手術保障を20万円付加し、所定の生活習慣病や所定の女性疾病で入院をして手術をした場合。
(*2)入院一時金保険と女性入院一時金保険(または生活習慣病入院一時金保険)、感染症プラス入院一時金保険をそれぞれ入院一時金額30万円で同時に付加し、所定の生活習慣病、所定の感染症やケガで入院の場合。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 太陽生命保険株式会社 >
  3. 太陽生命、「入院一時金保険」がさらに進化し、「手術保障保険」を新発売!