建築設計業向けVRソフト「SYMMETRY 製品版」バージョン1.2をリリース

XRソフトウェアの開発を行う Symmetry Dimensions Inc. (米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾 以下「シンメトリー・ディメンションズ」)は、建築設計業向けVRソフトウェア「SYMMETRY 製品版」のバージョン1.2 をリリースしました。

 


今回のバージョン1.2では他言語への翻訳機能の搭載、複数人でのデザイン確認や建築プレゼン時のガイド機能の追加を行いました。

「翻訳機能」を使用することで、マークアップ機能で登録した音声メモを100を超える言語に翻訳することが可能となりました。*ベース言語はオプションで設定可能​​​
 

翻訳の例

 
また「ガイド機能」を使用することで、オンラインコラボレーション時にアテンダー(案内)の方が、参加しているユーザー皆を一か所に集めたり、他のユーザーの近くに瞬時に移動することが可能になり、VRを使い慣れていない人でもSYMMETRYを使用し、デザインレビューや建築プレゼンで活用することが可能になります。
 

 


今回のアップデートで追加、改善された機能は以下の通りです。

・言語間のコミュニケーションに対応するため、翻訳機能の追加​
・複数人でデザインレビューを行う際に、全てのユーザーを任意の場所に集めるGather(集合)機能の追加
・複数人でデザインレビューを行う際に、任意のユーザーの位置へ移動するJoin(追従)機能の追加
・VR空間内でのコミュニケーションツールとして、レーザーポインター機能の追加
・SketchUp 2019への対応
・その他、視認性の向上等の各種アップデート、UIの改善

 

 

 

【SYMMETRYについて】
3DCADデータをVR空間にインポートすることで実寸大でのデザインレビュー、プレゼン時のコミュニケーションを円滑にする建築設計業向けVRソフトウェアです。

【会社概要】

名 称:Symmetry Dimensions Inc.(シンメトリー・ディメンションズ・インク)
所在地:108 West, 13th Street, Wilmington, Delaware 19801 USA(米国本社)
東京都渋谷区代々木3-45-2 西参道Kハウス 4階(日本事務所)
設 立:2014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
SYMMETRY オフィシャルサイトURL:https://symmetryvr.com/jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンメトリー >
  3. 建築設計業向けVRソフト「SYMMETRY 製品版」バージョン1.2をリリース