学生が一番知りたい企業情報は「職場の雰囲気」 オンラインではわからない会社の様子がポイントに 23卒・24卒調査「企業研究で見ているポイントはどこ?」

WEB検索/SNSを駆使して会社の評判を知ろうとする学生像が明らかに

(株)学⽣就業⽀援センター(代表:作⾺ 誠⼤、本社:東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル南館)は、23卒・24卒⼤学⽣を対象とした学⽣調査「23卒・24卒に聞きました!企業研究で見ているポイントはどこ?」の結果を発表しました。同アンケート調査では、就職活動準備期の学生に企業に興味関心を覚えるポイントをヒアリングしまとめています。
(調査時期:2021年3⽉15⽇〜3⽉24⽇、有効回答数:589件)
23卒生・24卒生ともに、企業研究するときに重視する情報の1位は「職場の雰囲気」でした。オンライン化する企業の新卒採用を背景に、オンラインでは伝わりにくい会社の実際の姿をしりたい、という学生の興味関心がわかります。
(※メディア関係者の⽅は学⽣に直接インタビュー等も可能です)

 

 


23卒・24卒調査「企業研究で見ているポイントはどこ?」
https://intetour.jp/download/210618questionnaire


【主な内容】
設問数 合計6問
1.企業研究するときに企業の採用サイトを見ますか
2.企業研究するときに重視する情報は何ですか(複数回答)
3.企業研究するときに社名でWEB検索しますか
4.企業研究するときに社名でSNSを検索しますか
5.検索結果で気になる情報はどれですか
6.検索などで知りたい情報は(自由回答)
 
  • 学生が知りたい情報 1位は「職場の雰囲気」
学生が企業研究の際に重視する内容について質問しました。上位の回答は、
23卒学生全体では「職場の雰囲気(78.5%)」「先輩上司の人柄(78.3%)」
 文系学生では「働き方・ワークライフバランス(82.0%)」「キャリアパス(81.1%)」
 理系学生では「技術力(86.8%)」「商品やサービス・属する業界(79.4%)」
24卒学生全体では「職場の雰囲気(84.5%)」「経営情報(売上や利益など)(83.9%)」
 文系学生では「働き方・ワークライフバランス(88.0%)」「先輩上司の人柄(87.3%)」
 理系学生では「技術力(94.1%)」「企業規模(82.4%)」
となりました。

 
  • WEB検索、SNS検索でクチコミ重視の傾向
学生がWEB検索、SNS検索で会社名を検索した場合に、気になる情報の上位をクチコミが占めました。自由回答では「社内の雰囲気や現場の様子を知りたい。コロナで会社見学などがあまりないので。」という回答もあり、オンライン採用では見えにくい情報に対する要望が強いことがわかりました。


同調査の詳しい結果は 学⽣就業⽀援センターのサイトからダウンロードいただけます。
https://intetour.jp/download/210618questionnaire
  • 調査概要
調査期間:2021年3⽉15⽇〜3⽉24⽇
調査⽅法:LINEを経由したWEBアンケート
対象者:
 2023年卒⾒込みの⼤学⽣ 396名 ⽂系328名 理系68名
 2024年卒見込みの大学生 193名 文系142名 理系51名
調査機関:学⽣就業⽀援センター
  • 会社概要
社名:株式会社学⽣就業⽀援センター
本社:東京都港区浜松町世界貿易センタービル南館
代表:代表取締役社⻑ 作⾺ 誠⼤
学⽣の⽇本最⼤級の企業インタビュープラットフォーム「インタツアー」を展開。学⽣のより本質的な就活とOne to One の共感を採⽤ブランディングにもたらす⽀援を⾏っている。
  • このプレスリリースについてのお問い合わせ先
株式会社学⽣就業⽀援センター
担当:作⾺、安⽥
TEL:03-6731-4455 E-MAIL:gsinfo@gssc.co.jp
問い合わせフォーム:https://gssc.co.jp/contact
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社学生就業支援センター >
  3. 学生が一番知りたい企業情報は「職場の雰囲気」 オンラインではわからない会社の様子がポイントに 23卒・24卒調査「企業研究で見ているポイントはどこ?」