暑い夏は、結婚相談所と婚活パーティで出会いを探す 目が合うだけでも付き合っていると確信する人も 〜夏の恋の大調査〜 愛カツ(aikatu.jp)での調査結果

2017年8月31日
株式会社BLUEBIRD
株式会社TOBE
 


株式会社TOBE(本社:東京都港区代表取締役 社長・大木隆太郎)が運営する20~30代女性向け、婚活/恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』編集部は、女性の恋愛に関する意識のあり方について、愛カツ読者を対象としたアンケート調査の企画と分析を、恋愛結婚学研究所と株式会社BLUEBIRDに依頼いたしました。

今回は、夏の恋愛をテーマに、「夏の出会い探しの場所」「交際と告白の有無について」「付き合っていると実感できる行為」について調査をいたしました。

【調査結果】
① この夏、「婚活/恋活パーティー」「結婚相談所」で真剣な出会いを探す人が多い

最初に、【女性限定】夏の出会い探し。どこに行く予定ですか?という質問で、女性はこの夏、どこに出会いを探しに行くかを確認しました。
 


最多は「婚活・恋活パーティ」で77人(全回答者の14.3%)でした。次いで「結婚相談所」の71人(13.1%)、「飲み会」の66人(12.2%)と続きました。
少ない順では、「海水浴」の22人、「クラブ」24人、「リゾート」25人、「フェス」26人となりました。
傾向から判断すると、夏だからと言って夏を感じるスポットで出会いを探すのではなく、夏でも真剣な出会いを求めて、婚活・恋活パーティや結婚相談所に行く人が多いと推測されます。

※2017年8月3日より2017年8月30日までの28日間の調査、540人が回答


② 約3分の2は男性側から告白している。告白なしでなあなあも6人に1人
次いで、【いま恋人のいる女性限定】今の相手との告白についてお伺いします。告白はどうしましたか?という設問で、告白の有無と男性・女性どちらから告白をしたかについて調査しました。
 


最多は、「相手からされた」で436人(回答者全体の65.7%)でした。「自分からした」は119人(17.9%)、「はっきりせず、なあなあ」の109人(16.4%)と続きます。
近年、草食系男子の増加がさまざまなメディアで言及されておりますが、それでも告白は男性からするケースが多いようです。「はっきりせず、なあなあ」なカップルも6組に1組程度はいることが判明しました。

※2017年8月14日より2017年8月30日までの17日間の調査、664人が回答


③ 告白が「付き合っている」の証拠だと考える人が過半数。目が合うだけで付き合っている、と思う人も
つぎに、【女性限定】付き合っている/いない、行為の境目はどれだと思いますか?この中から一番考えに近いものを選んでください、という設問で「付き合っていること」の捉え方について確認をしました。
 


「告白する/される」「セックスする」「キスする」「抱きしめられる」「手をつなぐ」「抱きしめられる」「手をつなぐ」「頻繁に目が合う」のなかで、付き合っている/いない、の境目はどれか、を確認しました。
最多は、「告白する/される」の544人(52.9%)、次いで「キスする」115人(11.2%
)、「頻繁に目が合う」108人(10.5%)、「セックスする」105人(10.2%)、「手をつなぐ」87人(8.5%)と続きました。
過半数の人が、告白を付き合っていることの証明と考えていることが分かります。そして、様々な身体的な行為の中では僅差ではありますが「キス」が付き合っている確証と考える人が多い結果となりました。また、「頻繁に目が合う」ことを付き合っていると考える女性も一定数いることが分かります。

※2017年8月22日より2017年8月30日までの9日間の調査、1029人が回答


④ 付き合っている、の確証は告白以外だと「貴重なモノのやりとり」と「相手のコミュニティの一員になること」
最後に、【女性限定】告白なしに付き合う場合。この中で、もっとも「付き合っている」と確信できる状態はどれですか?という質問で、告白がない想定で、付き合っている確証を持たせる行為は何かを調査しました。
 


最多は、「お金をもらっている/渡している」が190人(24.0%)、次いで「家族や友達に紹介される」153人(19.3%)、「指輪をもらっている」117人(14.8%)、「合鍵をもらっている/あげている」81人(10.2%)と続きます。
傾向として、「お金」「指輪」「合鍵」など、カップル間での「貴重なモノ」のやりとりと、「家族や友達に紹介される」という二人だけの関係ではなく、相手のコミュニティの一員になることが、付き合っている確証になることが示唆されます。
「頻繁にデートしている」57人(7.2%)「体の関係がある」48人(6.1%)のような「二人の間の行為」は、付き合っている確証には比較的なりづらいことが示唆されました。

※2017年8月26日より2017年8月30日までの5日間の調査、793人が回答


【恋愛結婚学研究所 概要】
機関名称:恋愛結婚学研究所(Love and Marriage Research Institution)
研究所長:新上幸二 
URL:http://lmri.jp 
活動内容: 
・各分野の専門家による恋愛・結婚に関する学術的研究 
・各種団体/企業との共同研究 
・研究成果の定期的な発表
 


写真:「恋愛結婚学研究所」ロゴ


【愛カツについて】
愛カツは、恋愛や婚活が上手くいかない女性の本気の悩みに応える、情報サイトです。
月間1550万PV・190万UU(2017年8月現在)


①厳選された、各分野で極めて高い専門性を持つ執筆陣
恋愛起業家・大木隆太郎や、恋愛結婚学研究所長・新上幸二を始めとする、約40名の執筆陣が月間350本以上の恋愛・婚活コラム、ニュースコンテンツを提供しております。

②Yahoo! BEAUTYやLINEニュースを始めとする、優良メディア30以上との提携
『Yahoo! BEAUTY』『TRILL』『Smartnews』『LINEニュース』『ネタりか』『女子SPA!』『モデルプレス』『Googleニュース』『グノシー』を始めとする、30以上の大手メディアと提携
し、記事を各メディアに配信しております。

③読者の恋愛・婚活に関する悩みを解決する恋愛相談サービス
恋愛相談掲示板には、読者の皆様から毎日数多くの恋愛・婚活に関する悩みをいただいており、累計の相談件数は1700件を超えました。恋愛の専門家による回答や読者同士でのコミュニケーションが行われており、恋愛の悩み解決に向けて支援しております。
 


写真:「愛カツ」ロゴ


【「愛カツ」サイト 概要】
名称:愛カツ(あいかつ)
URL:https://aikatu.jp
運営会社:株式会社TOBE


【問い合わせ先】
株式会社TOBE(愛カツ運営会社)
TEL:03-6721-6526(代表)
Mail: info@tobe.tokyo

※本アンケートの媒体への掲載は「許諾不要・無料」となっております。ただし、愛カツへのリンクもしくは以下のような出典の明記をお願い致します。「出典:愛カツ(https://aikatu.jp/)」

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BLUEBIRD >
  3. 暑い夏は、結婚相談所と婚活パーティで出会いを探す 目が合うだけでも付き合っていると確信する人も 〜夏の恋の大調査〜 愛カツ(aikatu.jp)での調査結果