ニッポンプラットフォーム、曹洞宗大雄山東祥寺と事業連携協定を締結。お寺のキャッシュレス化へ向けQRコード決済導入へ

日本をキャッシュレス化する」及び「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」をビジョンに掲げ、様々なキャッシュレスソリューションを提供するNIPPON Platform株式会社(東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介、以下ニッポンプラットフォーム)は、2019年5月16日に千葉県印西市の曹洞宗大雄山東祥寺(住職:中村 廣教、以下東祥寺)と事業連携協定を締結しました。当社での関東県内の寺院にQRコード決済を導入するのは、東祥寺が先駆的な試みです。
 

写真左:中村 廣教 住職 右:NIPPON Platform 株式会社 菱木 信介写真左:中村 廣教 住職 右:NIPPON Platform 株式会社 菱木 信介

 

「お寺のキャッシュレス化」でインバウンドへの対応強化を目指す
550余年の歴史ある寺院である東祥寺は、成田国際空港から東京方面へ約20km。東京都内からも 公共交通機関で約1時間半と交通の便が良く、数多くの訪日外国人観光客の訪問が見込まれています。こうした背景から、東祥寺では「おもてなし」の一環として、海外での利用が一般的であるQRコード決済を導入し、訪日外国人観光客が日本円の現金を持たずともスマートフォンひとつでお賽銭が可能になる体制を整えます。

導入されるタブレット端末は複数の決済ブランドに対応しており(下記参照)、国内のみならず中国やシンガポールなどの海外決済ブランドもQRコード決済が可能です。タブレット端末の設置により、訪日客の対応強化が期待されます。さらに、お賽銭をキャッシュレス化することで賽銭泥棒対策や、お賽銭の金銭管理の負担軽減など、寺院にとって数多くのメリットが見込まれています。

連携協定期間中のタブレット端末の使用料及びQRコード決済に係る決済手数料は、ニッポンプラットフォームが負担することで、東祥寺による先進的な「お寺のキャッシュレス化」を支援し、インバウンド対策や観光振興、地域経済の発展に貢献していきます。
 

写真左:東祥寺本堂 右:鐘楼門


■ 曹洞宗東祥寺で利用予定の決済ブランド(2019年5月24日現在)
Amazon Pay, d払い®
■ ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド(2019年5月24日現在)
Amazon Pay, d払い®, pring, atone, PAY ID, WeChat Pay, Alipay, NETS Pay,
DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty


NIPPON Platform 株式会社について
本社:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
H  P:https://nippon-platform.co.jp/
代表:代表取締役会長 兼 海外事業CEO 高木 純
   代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介
設立:2016年10月
資本金:502,487,400円(資本準備金含む)
事業内容:スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業
顧問:橋田 浩一(PLR*1技術顧問) 東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授
*1自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。


曹洞宗東祥寺について
所在地:〒270-1613 千葉県印西市鎌苅543-1
H  P:http://tousyouji.sakura.ne.jp/index.html
住職:中村 廣教


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NIPPON Platform株式会社 >
  3. ニッポンプラットフォーム、曹洞宗大雄山東祥寺と事業連携協定を締結。お寺のキャッシュレス化へ向けQRコード決済導入へ