ボルドーワイン「2020ヴィンテージ」速報!

困難に打ち勝った歴史に残るヴィンテージ収量はやや控えめながらも品質は傑出か

ボルドーワイン 2020 速報!
ボルドーワイン委員会
2020年10月29日

 ボルドーワイン委員会(CIVB/本部:フランス・ボルドー)はこのたび、2020年ヴィンテージの収穫状況についてレポートを発表いたしました。新型コロナウィルス禍という未曾有の事態のもと、局地的・一時的にはさまざまな天候被害が発生して収量が下がるなど、幾多の困難に苛まれたぶどう生育期間であったことは確かです。

しかしながら、それでも天はボルドーに微笑みを返し、最終的には美しい収穫を迎えることができています。ヴィニュロン(栽培醸造家)たちの真摯かつ懸命な努力の甲斐もあって、ぶどう樹は見事な質の実りを今年ももたらしてくれました。難敵に対して果敢に立ち向かい、勝利を収めた2020年が、この由緒ある産地の長い歴史に刻まれる、忘れえぬヴィンテージになったことは疑いありません。

(C) A.PICHARD(C) A.PICHARD


ボルドーワイン 2020 早わかり
●豊かな色調とタンニンに加え、アルコールと酸のバランスがすばらしく、期待が高まる仕上がり。
●予想生産量は過去10年の平均値を若干下回る。
●暖冬のあとの春には、遅霜、雹・あられ、大雨などで局地的な被害が発生。
●夏は酷暑で、収穫がピークを迎えた9月前半は完璧な好天。
●ぶどう生育期間は、平年比で約15日早く推移。
●早めの収穫(8月中旬から9月末)。

 

 

@ChâteauHaut-Bourcier@ChâteauHaut-Bourcier

品質水準とワイン生産量
2020年のぶどう生育期間は、後述する通り、さまざまな天候被害に見舞われはした。しかしながら、その時期がうまく重要な時期からはずれていてくれたり、あるいはアペラシオンが限定されていたりしてくれたおかげで、結果的には総じて十分な成熟度の、健全で優れた果実が得られている。ワインはまだ醸造途中であるがため、最終的な「判決」を下すには時期尚早であるものの、ヴィニュロンたちの顔は明るい。

 開花時期が早く、受粉から結実が迅速かつ均質に進むことは、ボルドー大学醸造学部が定義した「偉大なヴィンテージの条件」のひとつである。2020年の開花時期は例年より約2週間早く、好天のもと申し分ないペースで進んだことは、特筆すべきだろう。色付きの期間に水分ストレスがかかることも、同じく「偉大なヴィンテージの条件」のひとつだが、この点でも2020年は十分すぎるほどであった。6月末から色付きが終わる8月上旬までの間、この年はほとんど雨が降らず、1959年以来最も雨の少ない夏となったのだ。
 
 7月から9月にかけて、どの月も平均気温が平年を上回っていたのも、概して言うなら果実の成熟を促進してくれた事象だ。日照量については、8月こそ平年をわずかに下回ったものの、7月は大幅に、後半に雨が降った9月も
10%以上は平年を上回っている。8月末から9月半ばすぎまでは、再びまったく雨が降らない中、最高気温が35℃前後にも達する暑い日が何日もあり、風味成分をしっかりと凝縮させた。それでも、昼夜の寒暖差が十分にあったのと、摘みとり開始が平年より早かったために、ぶどうはフレッシュさを失っていない。カビ病の繁殖とも、この時期は無縁であった。

 9月後半からは秋雨に見舞われたものの、早く生育期間が推移してくれたおかげで、大多数のヴィニュロンは
すべての品種の収穫を、9月末までに終えることができている(9月末の3日間は、好天であった)。比較的早熟な品種や地区・畑で、すばらしい熟度を備えた輝かしい状態のぶどうが、発酵タンクや樽に収ってくれたのは、喜ばしい限りである。晩熟のカベルネのみ、降雨の中で収穫が進んだものの、もとより果皮が分厚いこの品種は、多少の秋雨には耐えることが知られている。見通しは決して暗くはないし、実際目だったカビの被害は見られなかった。この年の黒ぶどうは品種を問わず、果皮が厚めになったのが目覚ましい特徴で、濃い色とたくましい渋味を備えた、力強い赤ワインが生まれそうだ。赤白問わず、アルコールと酸のバランスは申し分ない。

 このように品質面では好材料が多く揃った2020年だが、ぶどうの収穫量、すなわちワインの生産量については、過去10年の平均値(約500万ヘクトリットル)をわずかに下回る結果となりそうだ(ただし、これはAOCに
よって差がある)。原因のひとつは、5月前半および6月を通じて降り続いた雨のために、ベト病の被害が出たこと。とはいうものの、幸いなことに雨の時期が、上述のとおり開花および色付きの時期を避けてくれていた。よくない房を切り落としたことで、収量減にはつながったものの、品質へのマイナスは生じていない。
もうひとつの原因は、極端に乾燥した7月が招いた樹の水分ストレスと、8月末から9月前半にかけての気温上昇により、果粒が小粒になったことである。ただし、これは疑いなく、品質面ではプラスに数えられる要素だ。

@ChâteauBiac@ChâteauBiac

新型コロナウィルス禍の影響
この流行病が、2020年のぶどう栽培ならびに収穫に、いくばくかの影響を及ぼしたのは間違いないだろう。春先に、ボルドー地方を含めたフランス全土で外出制限がなされたのは、まだ記憶に新しいことだ。ただし、畑での農作業は必須の営みとして、例外的に許可されていたため、栽培管理の作業が滞るような事態には発展していない。フランスのギヨーム農相から3月末、ロックダウンによって仕事ができなくなっている人々に対し、「農作業を手伝おう」という応援メッセージが発せられたことも、ヴィニュロンたちにとっては勇気づけられる出来事だった。

シーズンのクライマックスであるぶどうの摘みとりも、感染を防ぐために必要な措置を講じつつ、社会的距離を保っての営みになったため、平年とはやはり勝手が違っていた。とはいうものの、入念な準備が功を奏し、比較的落ち着いた環境のもとで、想像以上に円滑かつ順調に作業は進んだ。

@ChâteauBoutisse@ChâteauBoutisse

各月の天候推移と生育状況(参考データ:フランス気象局ボルドー・メリニャック支部)
●3月
非常に雨が多かったものの、気温および日照量は平年並。月末に2度、遅霜に襲われた地区があったものの、ボルドー地方全体で見れば被害は限定的だった。暖冬の影響で、3月末にはすでに芽吹きが見られたが、これは平年
より2週間早い。

●4月
とても温暖な月(最低平均気温が1920年以降で最も高かった)。月半ばから末にかけて降雨が集中し、17日には雹・あられを伴う激しい雷雨が、アントル・ドゥー・メール、フラン・コート・ド・ボルドー、サンテミリオン周辺およびソーテルヌの各地区を襲った。ただし、被害は限定的な範囲で収っている

●5月
トータルでは日照量が多く非常に温暖な月だったが、前半13日間の降雨は非常に多かった。一部地域では大雨のため、畑に浸水が見られるほどであった。ベト病の被害が見られはじめたものの、5月20日前後からの開花の時期
には、雨が止み好天が続いた。

●6月
前半は雨模様で日照も少なかったが、その後は気温の高く乾燥した気象になり新梢と房の成長が促進されている。

●7月
雨がほとんど降らなかった月。温度も高く、6月末から8月上旬までの間に、最高気温25℃以上の夏日が24日、
30℃以上の真夏日が12日観測されている。7月中旬から色付きが始まり、20日以降に本格化したが、豊富極まりない日照、高い気温と適度な水分ストレスが品質には幸いした。

●8月
平均気温はまたもや平年値を上回る。8月初旬に色付きがが完了。時折やってきた酷暑によって、一部の若木は
やや過度の水分ストレスを被ったが、8月中旬の雨でそれも解消された。8月15日を目前に、クレマン用のぶどうと、白ぶどうの収穫が開始。下旬にはロゼワイン用の黒ぶどうの収穫が始まる。

●9月
18日までは雨がまったく降らなかった。豊富な日照量に恵まれたうえ、昼夜の寒暖差もしっかりとあったため、
アントシアニン色素、タンニンといったぶどうのフェノール成分が美しく成熟し、アロマの生成にもうまく進んだ。カラリとした気温の高い日が続いてくれたおかげで、区画ごとに最適な成熟水準になるのを待って、摘みとりを行うことが可能であった。赤ワイン用の品種では、早熟のメルロが9月5日頃に摘みとり開始、カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンは14日頃から始まっている。19日以降は雨が続いたが、28日から3日間は好天で、大半の生産者が月末までに収穫を終えた。

【本件に関する報道関係者様お問い合わせ先】 
ボルドーワイン委員会(CIVB) 日本担当:Sopexa Japon・中谷 
Email: pr_jp@sopexa.com 
Tel:03-5789-0082 
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-12-8-3F  
http://www.bordeaux-wines.jp 

【INTERNATIONAL】
ボルドーワイン委員会(CIVB) 国際広報部長:Cécile Ha(セシル・ア)
Email: cecile.ha@vins-bordeaux.fr
Tel: +33 6 48 52 59 09
 
  1. プレスリリース >
  2. ボルドーワイン委員会 >
  3. ボルドーワイン「2020ヴィンテージ」速報!