HRMOS採用管理イメージ調査 先進的な採用管理システムとしてNo.1を獲得

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営するHRテック(HR × Technology)で採用を強くする「HRMOS(ハーモス)採用管理」(https://hrmos.co/saiyo/)は、中途採用関与者・採用管理システム(ATS)導入関与者を対象とした採用管理システムの認知度調査*1を実施しました。その結果、HRMOS採用管理を認知している方は、「先進的」とイメージする採用管理システムとして「HRMOS採用管理」を選択する割合が最も高いという結果になりました。

 

*1「採用管理システムの認知度調査」について
本調査は、株式会社インテージが「正社員として10人以上の中途採用関与者、かつ採用管理システム(ATS)導入関与者」を対象に実施した調査で、調査対象は以下の19サービスです

調査対象サービス(アルファベット順、五十音順):AOLC、Cycle、EntryPocket、HERP、HITO-Link、HITO-Manager、HRMOS採用管理、i-web、Lever、SONAR、Talentio、Taleo、Workday、ジョブオプ採用管理、ジョブカン採用管理、ジョブギア、ジョブスイート、リクオプ、リクログ
調査主体:株式会社ビズリーチ
調査実施機関:インテージ
調査実施時期:2018年8月10日(金)~2018年8月15日(水)
対象者条件:20~69歳の男女(正社員として10人以上の中途採用関与者、かつ採用管理システム〔ATS〕導入関与者)
サンプルサイズ:n=157ss


■先進的な採用管理システムとして「HRMOS採用管理」を認知
正社員として10人以上の中途採用関与者、かつ採用管理システム導入関与者に対して、19の採用管理システムのイメージを聞いたところ、HRMOS採用管理は、「先進的な採用管理システム」の項目において最も高いスコアを獲得する結果になりました。

■「先進的」とイメージする採用管理システム

1位 HRMOS 採用管理
2位 ジョブスイート
3位 ジョブオプ採用管理
4位 リクログ
5位 ジョブカン採用管理

 


その他「選考スピードが上がる」「採用数が増える」「採用コストが低減する」という項目においても、「HRMOS採用管理」が、イメージされるサービスとしていずれも1位という結果になりました。

・19の採用管理システムのなかで、「HRMOS採用管理」が最も高いスコアを得た項目
■選考スピードが上がる
1位 HRMOS採用管理
2位 ジョブカン採用管理
3位 リクオプ
4位 ジョブギア
5位 ジョブスイート

■採用コストが低減する
1位 HRMOS採用管理
2位 ジョブスイート
3位 リクオプ
4位 ジョブギア
5位 リクログ

■採用数が増える
1位 HRMOS採用管理
2位 リクログ
3位 ジョブカン採用管理
4位 ジョブスイート
5位 ジョブギア


■テクノロジーを活用したHRMOS採用管理の各機能について
HRMOS採用管理は、採用業務の一元管理を通じて、オペレーションを効率化し、データによる採用活動の可視化・分析により、戦略的な意思決定を実現します。

・即戦力人材のAIレコメンド機能
(ビズリーチとのサービス連携)

HRMOS採用管理上で求人情報を公開すると、「ビズリーチ」の人材データベースから求人情報の条件にあった人材を自動的に提案する機能です。本機能により、採用担当者は効率的に候補者を探せるだけでなく、これまで気づかなかった、即戦力人材との新たな出会いも創出します。

・書類選考評価予測AI
過去の書類選考の評価や、求人票、応募者の職務経歴書情報などを企業ごとに分析し、新たな応募者に対して「書類選考時の評価」をHRMOS採用管理のAIが予測するものです。本機能により、書類選考の効率化や、選考スピード向上につなげられます。

・タレントプール機能
過去に接点のあった人材(タレントプール)を、HRMOS採用管理に蓄積し、管理できる機能です。
将来的には、求人情報作成時に自社のタレントプールから条件にあった人材が自動的に提案される機能の追加を予定しており、採用ターゲットに継続的なアプローチを行うきっかけをつくれます。

■HRMOS採用管理導入企業も、9割以上が業務負荷軽減・選考スピード向上を実感
約4割が「導入前より優秀な人材を採用できた」と回答

2018年5月にHRMOS採用管理の導入企業に調査を実施した結果では*2、HRMOS採用管理の導入により、9割以上が業務負荷の軽減と選考スピード向上を実感し、約4割が「導入前より優秀な人を採用できた」と回答しました。
HRMOS採用管理の導入は、業務負荷軽減・選考スピード向上だけでなく、採用の人数や質など、本質的な採用力向上に効果があることがわかりました。

*2 調査対象:半年以上継続してHRMOS採用管理を利用している企業50社を対象に、導入後の採用担当者の生産性などについて、調査を実施しました。
詳細:https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0523.html

■HRテック(HR × Technology)で採用を強くする「HRMOS採用管理」の特長
参照URL:https://hrmos.co/saiyo/

HRMOS採用管理は、採用業務の一元管理を通じて、オペレーションを効率化し、データによる採用活動の可視化・分析により、数値データを根拠とした戦略的な意思決定を実現します。各施策のPDCAサイクルをまわすことで、効率的に求める人材の採用につなげることができます。
導入企業の96%が業務負荷軽減を実感しており、69%は採用数が増加した、41%はこれまでより優秀な人を採用できたと回答しています。

また、HRMOS採用管理はユーザーコミュニティー、カスタマーサクセスチームを設けており、企業の採用を強くするために必要なサポートを包括的に行う、「Recruitment Success Platform」を目指しています。

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は1,304名(2018年10月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」などを展開。参照URL:https://www.bizreach.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビズリーチ >
  3. HRMOS採用管理イメージ調査 先進的な採用管理システムとしてNo.1を獲得