オンライン旅行会社「Trip.com」 「LINEトラベルjp」と国内航空券で連携を開始 大手航空会社含む全ての国内航空券とのサービス連携は今回が初

 アジアNo.1旅行予約サイト「Trip.com」は、2019年6月27日(木)、国内および海外旅行の情報を専門に扱い、月間訪問数2,000万超を誇る国内最大級の総合旅行情報メディア「LINEトラベルjp」(Web版)(https://www.travel.co.jp/)を運営する株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓)と国内航空券の取扱いを開始しました。Trip.comが国内ブランドと連携するのは今回が初めてです。

 Trip.comでは、2018年11月に、それまで海外航空券および海外・国内ホテル比較検索サービスに商品を掲載していた旅行比較サイト「トラベルコ」と、LCC航空券において連携をスタートさせ、幅広い層に国内航空券のコンテンツを提供してまいりました。

 今回、6月27日(木)から開始したLINEトラベルjpとの国内航空券における連携ではTrip.comで扱う全ての国内線航空券が対象となります。国内ブランドとの、全ての国内航空券サービス※における連携は、LINEトラベルjpが初めての取組みです。LINEトラベルjpのWebサイトから連携を開始し、順次LINE版にも展開する予定です。また現在、7月1日(月)~7月7日(日)まで、LINEトラベルjp(LINE版)からホテルを予約・購入すると宿泊料金から10%のLINEポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。
 
 今回の連携で、これまでよりもさらに多くのユーザーがお得な自社商品を簡単に見つけることが可能となります。今後もお客様のニーズにあわせて様々な航空券を掲載することでTrip.comの認知拡大に取り組んでまいります。

※海外航空券に加えLCCだけでなく、FSC(フルサービスキャリア)を含む全ての国内航空券

■LINEトラベルjpについて
ベンチャーリパブリックとLINEが共同運営する『LINEトラベルjp』は、国内および海外旅行の情報を専門に扱い、月間訪問数2,000万超を誇る国内最大級の総合旅行情報メディアです。大手旅行会社を含む約250社が販売する厳選された110万件を超える格安航空券、国内外パッケージツアーをまとめて検索・比較することができるほか、国内および海外約200万軒のホテル・宿についても横断検索することができ、また、『LINEトラベルjp 旅行ガイド』では、現地の様々な観光・地域・文化・アクティビティに詳しい専門家(ナビゲーター)が、旅先の新たな魅力を発掘・発信しています。

■Trip.com(トリップドットコム)について

Trip.comは、3万人以上の従業員と3億人以上の登録会員を擁し2003年以来のNASDAQ上場企業(NASDAQ:CTRP)であるCtripグループの一部であり、宿泊予約、交通チケット、パッケージツアー等を提供する中国本社のOTA(オンライントラベルエージェント)『Ctrip.com International, Ltd.』が運営する中国国外向けOTAサービス。世界中の23の市場をカバーする19ヶ国語対応のウェブサイトとアプリを通じて、旅行商品のワンストップ予約サービスを提供し、提携ホテルは世界200ヶ国120万軒、フライトは200万ルート、5,000都市を網羅している。いつでも快適な旅行を体験していただくため、24時間365日のカスタマーサービスにも対応している。
Trip.comサイトURL: https://jp.trip.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Ctrip.com International Ltd. >
  3. オンライン旅行会社「Trip.com」 「LINEトラベルjp」と国内航空券で連携を開始 大手航空会社含む全ての国内航空券とのサービス連携は今回が初