在庫管理ソフト「ロジクラ」が、Shopify連携機能を大幅アップデート

アフターコロナを見据えた「販売チャネル及び倉庫拠点の分散対応」で、オムニチャネル展開を強力サポート

株式会社ニューレボ(東京都港区、代表取締役 長浜佑樹)が提供する在庫管理・倉庫管理システム「ロジクラ」( https://logikura.jp )は、Eコマースプラットフォーム ShopifyとのAPI連携機能を大幅にアップデートしたことをお知らせ致します。

在庫管理ソフト「ロジクラ」が、Shopify連携機能を大幅アップデート在庫管理ソフト「ロジクラ」が、Shopify連携機能を大幅アップデート

■ 連携の背景
コロナウイルスの影響により、社会は急速に変化を遂げようとしています。物流も例外ではありません。販売チャネルや倉庫拠点の分散(オムニチャネル対応)がより加速することが想定される中、来たる物流変革を見据えて対応して参ります。
 
■ 改良版API連携機能の概要

(1)オムニチャネル連携が可能に!(~おすすめ機能~)
ShopifyなどのECカートの在庫と、卸売などの販売経路の在庫を共通にしている場合でも、在庫を自動で調整し、欠品を防止することができます。卸売などで注文を受けたものでも、倉庫で利用するロジクラを使って出荷することで、Shopifyの在庫を減らします。この機能を使うことによって欠品がゼロになった事例もあります

 

 
(2)追跡番号の自動記入が可能に!(~おすすめ機能~)
これまでShopifyでは、追跡番号を1つ1つ手入力する必要がありました。今回の連携機能を利用すれば、ロジクラのアプリで送り状の追跡番号をスキャンするだけで、Shopifyの追跡番号を自動で記入することができます。
この機能を利用することによって、倉庫の出荷業務と出荷確定後の事務作業を大幅に削減することができます。

追跡番号の自動記入が可能に!追跡番号の自動記入が可能に!

 

(3)アプリで入荷して、Shopifyへの在庫追加が可能に!
ロジクラのアプリをダウンロードして、倉庫に入荷されたタイミングでアプリで入荷をすると、該当のShopifyの商品に対して、在庫を追加します。尚、ロジクラでは入荷の際にバーコードスキャンなどが利用可能です。
 
(4)受注の取り込みがリアルタイムに!
Shopifyで注文を受けた場合のロジクラへの注文取り込みの速度が向上しました!Shopifyで受けた注文は、ロジクラの「出荷予定」に取り込まれます。 

 
 
■ おすすめユーザー
・Shopifyを利用していて、オムニチャネルで販売する方
・Shopifyを利用していて、自社の倉庫から出荷をしている方
 
 
◼ 連携の背景
国内での通販事業者数は毎年右肩上がりに増加しています。ECオンラインストアやカートシステムは機能アップデートが続々と行われているにも関わらず、物流業務は10年前のオペレーションから変化していません。
既存のEC事業者、またこれからストアをオープンするEC事業者にも、効率の良い物流作業や在庫管理を提供するSaaSアプリケーションが「ロジクラ」です。今回の連携によって、Shopifyをご利用いただいている皆さまの物流オペレーションや在庫管理が、より効率的に運用されることを期待します。また、現在ロジクラをご利用中のお客様には、ShopifyとのAPI連携をお知らせし、新しい販売チャネルとしてShopifyへの送客を行います。
 
 
◼ 会社概要
社   名:株式会社ニューレボ
所在地:東京都港区元麻布3-6-29 2F
代表取締役:長浜 佑樹
設   立:2016年8月4日
資本金:8,895万6,200円
 
 
◼ クラウド在庫管理ソフト「ロジクラ」について ( https://logikura.jp
ロジクラでは入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの全ての物流オペレーションを一括管理することができます。小売店舗、倉庫業にも対応し、マルチチャネルでの物流作業を手助けするクラウド在庫管理のSaaSです。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロジクラ >
  3. 在庫管理ソフト「ロジクラ」が、Shopify連携機能を大幅アップデート