マッチング成功率80%、希望の工事会社を紹介する新プラン発表 同時にSUSTINAをCraftBankへサービスブランド変更

会員企業数15,000社を超える建設工事マッチングプラットフォームを運営するユニオンテック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:韓 英志、以下「当社」)は、2020年4月1日より新たに発注者向けの商品プランをスタートいたします。
また、サービスブランド「SUSTINA(サスティナ)」は3月16日をもって「CraftBank(クラフトバンク)」(URL: https://sustina.me/ 、以下「CraftBank」)に変更いたします。
■発注者向けマッチングプランの概要協力会社探しに課題を抱える全国の発注者を対象に、2020年4月1日より新たな商品プラン「ライトプラン 面談 サポートパック」の提供を開始します。(サービス詳細ページ: https://sustina.me/lp/plan_index )

 

 

当社では、約5,000社(2020年3月時点)の工事会社に対し、インターネット上にない、主要取引先、対応可能工事、希望人工単価などの「企業プロフィール情報」(※1)をヒアリングし、データベース化しました。新プランではこのデータベースを活用して、『工事を発注したい企業』に『工事を受注したい企業』を紹介します。当社内の 工事案件にて行った実証実験では、80.4%もの高いマッチング成功率(※2)を実現しました。
 


・慢性的もしくは繁忙期に協力会社が足りない
・積極的に協力会社を募集してはいるものの、良い会社に出会えない
・既存エリア外の協力会社を探しているが見つからない

以上の課題を抱える発注者向けの商品プランであり、企業プロフィール情報が蓄積されたデータベースから、適 切な工事会社を紹介することで「発注者のニーズに合わせた精度の高いマッチング」を実現します。詳しくはこちら https://sustina.me/lp/plan_index

※1...主要取引先、対応可能工事(工事種別、建物種別夜間、エリア、材工請負など)、希望人工単価、自社職人数・施工管理者数、保有資格、加入保険、昨年度売上など
※2...紹介した工事会社の面談合格率■サービスブランド変更についてデータベースを柱とした事業の展開を新たなスタート地点とし、サービスブランドを「CraftBank」に変更しました。
 

「CraftBank」には

・建設職人(Craftsmen)が主役となって輝ける未来を描く
・こだわりをもってプロダクト(サービス開発)に取り組む(Craftsmanship)
・「企業プロフィール情報」を積み上げて適正化する(Bank)
という思いが込められています。

約4年間運営してきた「SUSTINA」から「CraftBank」へ、「世界一、魅力的な業界をつくる」というビジョンのもと、豊富な情報により業界を透明化することで、正当な評価によって建設職人が活躍する未来を実現します。

■ユニオンテック株式会社について
2000年、内装仕上げ工事業として設立。その後、建設工事業として30億超の売り上げまで拡大。2016年より建設業界の受発注に特化した建設工事マッチングプラットフォーム「CraftBank(旧SUSTINA)」を立ち上げ、15,000社超の企業が利用するサービスに成長。

ビジョン:世界一、魅力的な業界をつくる
社名:ユニオンテック株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2  東京オペラシティタワー40F
資本金:1億円
事業内容:ショップ・オフィスの設計・施工/マッチングプラットフォーム事業
代表取締役社長:韓 英志
コーポレートサイト: https://www.union-tec.jp
  1. プレスリリース >
  2. クラフトバンク株式会社 >
  3. マッチング成功率80%、希望の工事会社を紹介する新プラン発表 同時にSUSTINAをCraftBankへサービスブランド変更